48件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

城陽市議会 2020-12-02 令和 2年建設常任委員会(12月 2日)

開発助言協力っていうのは、開発許可申請をされているということだと思うんですけどね。どういう、地権者は今のエスディックさんと大成開発さんということでね、組合は分かったんですけれど、開発助言協力っていうのは、具体的にはどういうことを指すんですか。例えばこの間の説明会のところで、設計の担当の方なんかも出席をしておられたと思うんですけれどね。

八幡市議会 2020-09-16 令和2年9月16日総務常任委員会-09月16日-01号

市におきましても開発許可申請の前に事前協議が必要ですので、今後事前協議書が提出されるものと思います。  具体的な土地利用、戸建ての建設だったり商業施設規模等につきましては、開発事前協議書の中で明らかになるものと思います。  また、環境等への影響等、様々な関係する問題につきましては、この事前協議の中で関係課への照会を通しまして、それぞれ指示があるものと考えております。

八幡市議会 2020-06-11 令和 2年第 2回定例会-06月11日-03号

産業振興ゾーンにつきましては、平成31年3月の都市計画マスタープラン改定・公表の前後から、複数の民間事業者やデベロッパーから多くの土地利用に関する相談は頂いておりますが、具体的な開発許可申請に至った案件はございません。それぞれのエリアごと事業熟度に合わせた協議など個別に対応を行っており、その状況は現在も継続している状況にございます。

八幡市議会 2020-06-09 令和 2年第 2回定例会-06月09日-02号

様々な検討を加えた後、必要に応じた都市計画変更を行った場合には、その後、京都府に対し開発許可申請がなされるものと考えております。  次に、公共交通予算に関する再質問にお答えいたします。交通対策に関する事業内容予算は、それぞれの自治体がそれぞれの課題などを踏まえ、対応されているものと考えております。

八幡市議会 2020-03-23 令和2年3月23日都市環境常任委員会−03月23日-01号

これが森林法に基づく林地開発許可申請に当たるということになった場合、この事業はこれから始まるわけですから、今度新たに出し直しということになってきたら、今ある八幡市の1月に制定されました八幡太陽光発電設備の設置の規制等に関する条例に該当するのではないでしょうか、お聞かせください。 ○菱田明儀 委員長  暫時休憩いたします。                  

久御山町議会 2019-12-24 令和元年第4回定例会(第4号12月24日)

次年度以降の予定としては、令和2年度に事業パートナーの選定と、道路及び地区計画都市計画決定を行うとともに、第1期整備区域まちづくり協議会土地区画整理組合準備組織へと移行させる予定令和3年度は、第1期土地区画整理組合の設立と農地転用開発許可申請、並行して、第2期整備地区土地利用計画について調整を図る。

木津川市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年12月12日

ここで非常に重要な言葉だと思うんですが、開発者林地開発許可申請をする前に事業計画に係る説明会の開催、地域住民等からの意見書に対する見解・回答の作成等を義務づけている。自治会等地域団体生活環境保全に関する協定締結に向け、地域住民合意形成を進めるための手続を定めたものであります。協定締結に努めるべきですとまで書いてあるんです、事業者はね、地域住民と。  

南山城村議会 2018-12-06 平成30年第 4回定例会(第1日12月 6日)

メガソーラー開発の現状でございますが、平成30年9月5日付で、林地開発許可申請書が開発事業者より京都府へ提出されました。同9月25日に京都森林審議会森林保全部会が開催され、「メガソーラー発電所建設目的とする林地開発許可についてはやむを得ないものと認める」と答申があったことを確認しております。

精華町議会 2017-03-06 平成29年度 3月会議(第3日 3月 6日)

手続条例林地開発行為予定者地域住民との合意形成及び生活環境保全に資することを目的とした条例でありますが、あくまでも努力義務であり、森林法による申請を制限できるものではないため、平成28年11月18日、事業者から森林法に基づく林地開発許可申請書が提出され、平成29年3月9日付で京都府から本町に対し林地開発行為に関する意見照会がなされ、同年3月24日に環境保全及び災害の防止の意見を付し回答したところでございます

城陽市議会 2015-12-09 平成27年建設常任委員会(12月 9日)

また、条例の運用としましては、開発事業者開発許可申請前に城陽市へ届け出を行っていただき、まちづくり計画との適合性に係る審査を受けるものでございます。審査を行う審査機関といたしましては、城陽東部丘陵地整備委員会を置くこととしております。  18ページをお願いいたします。前回にもお示ししておりますまちづくり条例(案)の骨子でございます。

京丹後市議会 2015-12-01 平成27年産業建設常任委員会(12月 1日)

都市計画法開発許可申請に当たりまして、あらかじめ所定手続を経て、造成後は市の管理に属することを同意しておりまして、これを一般交通に供用し適正に管理をしていくために、市道に認定するものでございます。  まず議案第191号でございますが、路線名長町線でございます。起点は峰山町菅小字長町369番1、終点は同じく小字長町366番1でございます。

京丹後市議会 2015-11-27 平成27年第 6回定例会(12月定例会)(第1日11月27日)

都市計画法開発許可申請に当たり、あらかじめ所定手続を経て、造成後は市の管理に属する道路であることを同意しており、これを一般交通に供用し、適正に管理していくため、市道に認定するものでございます。  認定路線図を添付していますので、こちらをごらんください。  まず、議案第191号でございますが、路線名長町線でございます。

宇治市議会 2015-09-25 09月25日-03号

お配りしました資料の1ページ目は、そのことを京都府の都市計画法開発許可申請の実務2の1から抜粋したものです。ですが、結局ここでいう隣接地で行われる開発行為で、一体的な土地利用というものについては、どういうものを一体的な開発というふうにみなすということになっているんでしょうか。御説明いただきたいと思います。 ○副議長(坂本優子君) 木下都市整備部長

木津川市議会 2014-09-17 平成26年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2014年09月17日

利活用検討委員会で決定された当尾郷会館福祉ゾーンにつきましては、都市計画法に基づく開発許可申請協議京都府と行い、一定の理解を得たところですが、当尾郷会館全体に係る整備に時間が必要ということであります。  したがいまして、できるだけ早くニーズに応えるため、早急に具体化できる整備場所に変更し、整備を行いたいと考えております。  

精華町議会 2014-09-10 平成26年9月定例月会議(第4日 9月10日)

三つ目は、けいはんなプラザの東側の街区でございまして、この街区におきまして、現在、ジェイアール西日本不動産株式会社事業者として鉄骨造平家建て8棟を建築し、物販店飲食店、ガソリンスタンドなどの複合商業施設計画が具体的になってきており、精華町宅地開発事業に関する指導要綱による事前協議をほぼ終了しており、今後、都市計画法に基づく開発許可申請がされる予定であります。

精華町議会 2014-09-09 平成26年9月定例月会議(第3日 9月 9日)

南稲八妻川原谷地域ほかにおいて、制度が適用される開発許可申請が現在進められております。この開発による生活環境に及ぼす影響についてどう考えているのか、工事期間中の短期的な影響工事終了後の数年先に及ぶ長期的な影響について、本町において地元の意向を十分組み入れた対応を求めるとともに、その考えを伺います。  (1)運搬車両による影響。  (2)土砂流出による河川への影響。  

向日市議会 2014-09-04 平成26年第3回定例会(第3号 9月 4日)

この間、両不動産会社地域から説明会を求める声があり、阪急不動産では、昨年秋からずっと説明会を求めておられたにもかかわらず、その声を阪急不動産は聞かず、個々の家に説明したとして、市のまちづくり条例に基づく開発許可申請住民への説明を行ったという報告文書を上げ、開発許可がおりていました。