2247件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

京田辺市議会 2025-09-12 09月12日-04号

小中学校体育館などへのエアコン設置につきましては、それぞれの施設長寿命化計画整備状況など、市の事業全体を見ながら総合的に判断していく必要があると考えております。 以上でございます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 古川建設部長。 ◎古川建設部長 ご質問のうち建設部関係いたします事項についてお答えいたします。 大きな3番、市内バス路線について。

京田辺市議会 2025-09-10 09月10日-03号

次に、大きな2点目のさらなる子育て支援についての中の3点目で、幼稚園耐震化計画における設備改修費等関係と統廃合についてというご質問でございますが、幼稚園施設につきましては、今年度策定を進めております学校施設等長寿命化計画に基づいて、建物長寿命化規模改修維持補修など、長期活用に必要なメンテナンスに加え、財政的な平準化も念頭に置きながら計画的な改修を進めてまいりたいと考えておりますが、輝くこども

京田辺市議会 2025-06-24 06月24日-03号

小中学校体育館などへのエアコン設置につきましては、それぞれの施設長寿命化計画整備状況など、市の事業全般を見ながら、総合的に判断していく必要があると考えております。 以上でございます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 白井教育部長。 ◎白井教育部長 ご質問のうち教育委員会に関する事項についてお答えをいたします。 

京田辺市議会 2023-06-06 06月06日-01号

また、大規模地震等に備え、上下水道施設や橋梁の耐震化長寿命化を着実に進めるほか、水道が断水した場合でも消防水利を確保できるよう、計画的に設置している耐震性防火水槽については、今年度打田地区設置工事に取り組んでまいります。 治水対策では、興戸地内の排水困難地対策の解消に向けた測量設計業務や、京都府とともに松井地区防賀川改修事業に取り組んでまいります。 

舞鶴市議会 2021-12-12 12月12日-04号

また、市では、令和年度中の完成を目指し最終処分場整備を進めているほか、今年度から令和年度にかけて清掃事務所長寿命化工事を実施することとしております。それぞれ施設整備費は、処分場で約14億円、清掃事務所で約38億円と多額の事業費を要し、また年間の各施設維持管理費で約8億円、ごみ収集経費で約4億円など、適正なごみ処理には多くの費用負担が必要となっております。

舞鶴市議会 2021-09-17 09月17日-03号

在宅医療介護連携推進については、人生100年時代を迎え、住みなれた地域で自宅で健康長寿人生を終えたいものですが、病気やけがばかりでなく、不測の事態や認知症問題などの課題もあります。今後は5市2町だけでなく、さらに広域的な医療介護連携に対して市民ニーズも高まっていくものと思われます。それぞれの分野の特性を生かした幅広い支援体制連携拡大をお願いします。 

舞鶴市議会 2021-06-14 06月14日-03号

さて、舞鶴市におきましては、皆様御存じのとおり敬老事業として多年にわたり社会に尽くしてこられた高齢者を敬愛し、長寿を祝う日であります敬老の日を中心に米寿・白寿のお祝いの品の贈呈とともに、敬老会等敬老行事開催支援を行っていただいております。このうち敬老行事開催支援につきましては、自治会婦人会、その他の団体の御協力により行われております。

京田辺市議会 2020-12-25 12月25日-05号

トイレ洋式化状況はとの質疑に対し、ワンフロアに1基は設置しているが、それ以上は配管工事トイレブースの拡張が必要となり、学校施設長寿命化計画における大規模改修の中でしていきたいとの答弁がありました。 次に、トイレ業者による定期清掃は何年ごとかとの質疑に対し、業者と相談して3年ごと尿石除去をしている。

京田辺市議会 2020-12-11 12月11日-04号

なお、その後に関しましては、教育、保育のニーズの動向を見きわめるとともに、今後策定する長寿命化計画との整合を図りながら、基本方針にのっとり市立幼稚園、保育園の再編・集約とあわせ、中部地域南部地域の拠点となる市立幼保連携型認定こども園整備について検討を進めてまいりたいと考えております。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 長田健康福祉部長

舞鶴市議会 2020-12-11 12月11日-03号

次に、補助制度活用についてですが、文部科学省によると、公立小・中学校の約7割が建築後25年が経過しているなど、学校施設老朽化が著しい状況下で、従来のように建築後40年程度で建てかえるのではなく、コストを抑えながら建てかえと同等の教育環境を確保する長寿命化改修への転換を進める自治体が増加し、改修を進める上で最優先課題として挙げられているのが、トイレ改修だとされています。 

舞鶴市議会 2020-12-10 12月10日-02号

有吉央顕政策推進部長 自席から答弁〕 ◎政策推進部長(有吉央顕) 本市では、社会保障関係施策社会基盤公共施設等長寿命化対策、たび重なる災害被害に対応した防災・減災対策など財政需要拡大に加え、人口減少償却資産影響等による市税の減収が予測される中、将来にわたり持続可能な財政運営を堅持していくため、予算編成につきましては、政策レビュー実施等年度当初から現場をよく知る担当部署との予算議論

京田辺市議会 2020-09-30 09月30日-05号

また、歳出の削減につきましては、公共施設のインフラにおいて長寿命化ということで、ライフサイクルコストの縮減にも努めているところでございます。そういった中で、今現在検討しております事業については、年度をある程度平準化することによって、全て実施していくことは可能ではないかというふうに考えているところでございます。 以上です。         

京田辺市議会 2020-09-09 09月09日-02号

それで、学校施設長寿命化改修工事の中で逐次実施していくということですけれども、そのトイレ洋式化というのを考えた長寿命化の具体的な予定というのはどのようになっておるんでしょうか、お伺いします。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 白井教育部長。 ◎白井教育部長 再質問お答えをいたします。