2件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

京丹後市議会 2013-09-24 平成25年決算審査特別委員会( 9月24日)

この事業重度心身障害医療事業をセットで27年度を目途に財政と協議中であるとの答弁でした。  意見交換を紹介します。  重度心身障害者老人健康管理事業は、市の単独部分については、見直すと言っておられたが、所得要件についてほぼ全員が受給できる状況だったと思うが、潤沢であればそれでいいと思うが、限られた予算の中でとなると、所得要件についての見直しも必要である。  次に医療部所管分

京丹後市議会 2013-03-22 平成25年予算審査特別委員会( 3月22日)

重度心身障害医療事業について。  問い、この事業医療費適応所持者数は伸びていくのか。答え、伸びる。医療点数改定も要因の一つ。  保健事業課所管分意見交換を紹介します。  子供の医療費現物支給による国のペナルティー300万円は、やむを得ない大きな負担であるが、少子化対策の中で取り組んだことは、一定評価する。  次に、医療部所管医療確保奨学金対応事業について。  

  • 1