22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

八幡市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会-03月08日-06号

健幸のまちについては、平成22年の会派の代表質問健康都市やわたと題して当時の明田市長に、誰もが元気に明るく暮らせるまちづくりをつくり上げるため、都市そのものを健康にすることを提唱しているWHO健康都市連合日本支部に加盟され、健康都市やわたを宣言してはいかがかと問いました。今後、先進地等情報収集、調査研究してまいりたいとの答弁でした。

京田辺市議会 2015-09-11 09月11日-04号

この内容というのは、都市そのものまちを小さくするというふうな意味ではなくて、質の高い生活空間を充足し、中身を濃くするという定義になっています。豊かな緑が広がる環境の中で車に依存することのない生活しやすいような住宅、学校、そして商店、福祉施設、これが適切に配置をされて暮らせる区域と地域、これが今の考え方であります。

舞鶴市議会 2015-06-15 06月15日-03号

都市そのものが消えるはずがありません。だからこそ、人口減少事態の原因を探り、舞鶴市が市民の暮らしと福祉、雇用などを守る施策、住民サービスをどう展開すれば人口減少を抑制し増に転じられるのか、市民参加で英知を集める自治の発揮こそ求められているのではないでしょうか。いかがお考えでしょうか。伺います。 ○議長桐野正明) 入江企画管理部長

精華町議会 2012-12-10 平成24年第4回定例会(第4日12月10日)

私もどこから手をつけていいのかというのがちょっとなかなかありませんでしたもんで、学研都市そのものの構想が出たときに、私なんかも光台に住んでるんですけども、光台住宅地、あるいは学研都市用地精華台も含めまして、大きく丘陵地であった山をめくってしまうという中で、そのときに、このそういった雨水の対策とか、どんなふうに議論されてきたんだろうかということで、ちょっと図書館に行きまして、これ、関西文化学術研究都市建設

京田辺市議会 2012-12-06 12月06日-03号

それでは、大きく3点目でございますが、災害予防観点からのまちづくりについて、都市計画の検討も含めた全庁を挙げた取り組みの強化を求めるというご質問でございますが、災害予防観点からのまちづくりとしましては、ハード面整備など、都市そのもの安全性を高めることが災害に強いまちづくり一つ目標というふうに考えております。 

木津川市議会 2010-09-15 平成22年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2010年09月15日

市といたしましても、私のしごと館跡地の利活用を含めまして、学研都市そのものが、21世紀の日本をリードするサイエンスパークとして百年の計をもって臨んでいくべきではないかという考えを持っておりまして、そのような点からも、しっかりとした世界をリードする研究都市の拠点として成長するように、期待をいたしております。  

精華町議会 2010-06-14 平成22年第2回定例会(第3日 6月14日)

ほかのとこでもいわゆる学研都市そのものが熟成してないという状況でございます。  次に、その用地を残すかどうかという点でございますけども、そういう逆にクラスター間が結ぶ必要性といいますか、位置づけなりが本当に将来的に必要かどうかという部分もやはり吟味というのは必要になってこようと思います。  果たしてLRTでいいのか、BRTとかいうのもございます。

八幡市議会 2010-03-04 平成22年第 1回定例会−03月04日-04号

本市が掲げているだれもが明るく元気に暮らせるまちづくりをつくり上げるため、都市そのものを健康にすることを提唱しているWHO健康都市連合日本支部に加盟され、ここに「健康都市やわた」を宣言するお考えはないでしょうか。ご所見をお聞かせください。  次に、環境経済行政についてお伺いします。

精華町議会 2009-12-11 平成21年第4回定例会(第2日12月11日)

そういった点で財源の問題、そういったこともひっくるめて学研都市そのもののメリットを地元の町に生かせるように、こういう視点関係機関との連携を密にしながら、プラン推進の一翼を担えるように対応に努めてまいりたいということでございます。以上でございます。 ○議長  山本議員どうぞ。 ○山本  総務部長の話のように今後その方向でよろしく取り組んでいただきたいと思います。  

京田辺市議会 2009-12-08 12月08日-02号

また、健康を個人の責任としてのみとらえるのではなく、都市そのものを健康にしようとする考え方に基づき、従来ならば保健医療部門とは無縁であったかもしれない活動領域の人々にも健康の問題に深くかかわってもらい、都市住民の健康を支える都市の諸条件を整える仕組みを構築し、それに向かって持続した努力をしていくものとしています。

宇治市議会 2009-03-04 03月04日-05号

現在の我が国の子ども状況をもたらしたものの要因として、都市そのもの子どもを育む機能を失い、また大人も地域子どもを温かく育む眼差しを失っていることが大きい。遊び場や幼稚園、保育園の設立も、多くの場合、周辺地域から子どもの声がうるさいと建設の反対を受けるなどの苦情が寄せられる。子ども生活を許容しない現代社会の問題がある。

京都市議会 2007-02-26 02月26日-02号

こうした状況の中,人材を確保していくためには,都市そのもの魅力を高めるとともに働きがいのある職場づくりに努めることが必要不可欠でございます。昨年12月の職員採用試験におきまして1,200人もの受験者を得たことは,京都ブランド力の高さを改めて認識する機会であったと考えており,今後も京都創生実現をはじめとする政策を強力に推進して京都都市格に一層の磨きを掛け魅力を向上させて参ります。

京都市議会 2004-03-05 03月05日-03号

しかし平和行動主体者都市そのものではなく,あくまでそこに住む平和を願う人間自身でなくてはなりません。その意味で家庭や家族,そして女性や子供をキーワードにした独自の平和のメッセージを発信すべきであります。市長は,平和な社会実現に向けて今後どのような視点で行動されていかれるのか,平和行動の今後の取組について具体的にお示しください。 3点目は,市民投票機会の拡大についてであります。

  • 1
  • 2