7292件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八幡市議会 2021-06-30 令和 3年第 2回定例会-06月30日-付録

│ │  6.被爆国日本自治体世界自治体連携して核兵器廃絶国際社会に訴え、国際政治を│ │   動かすことは、今日の核兵器をめぐる状況からも重要です。「平和首長会議」と連携した核│ │   兵器廃絶に向けた国際的な行動に積極的にとりくんで下さい。姉妹都市などに被爆組写真を│ │   送るとりくみなど海外の自治体被爆の実相を広げて下さい。             

八幡市議会 2021-06-28 令和3年6月28日都市環境常任委員会−06月28日-01号

木下章伸 上下水道部次長  広域化につきましては、令和2年1月に、京都府水道事業広域的連携等推進協議会第1回が開催されまして、それ以降会議等については、コロナ関係で現状開かれていない状況でございます。ですので、今後会議に参加し、各市町から出たメリット・デメリットを整理しながら検討してまいりたいと考えております。

木津川市議会 2021-06-21 令和3年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2021年06月21日

できないんだったら、学校とか、そういった違うところとかも連携してやるべきじゃないですか。ちょっと納得できない話なので、また災害のときの話で、また次回やりますけれども、ちょっと意味が分からないな。  次の質問に行きます。  2つ目です。「待機児童の解消に向けて」です。  今年度は、公立保育所民営化等実施計画での統廃合の検証期間とされています。

木津川市議会 2021-06-18 令和3年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2021年06月18日

食品ロス削減に関する法律において、市町村の努力義務として、食品ロス削減推進計画の策定が規定されていますことから、今後、ごみ処理基本計画の見直しに合わせまして検討したいと考えますが、当面、令和2年3月に作成されました国の基本方針を踏まえまして、関係各課連携し、食品ロス削減に向けて取組を進めてまいります。  

八幡市議会 2021-06-17 令和 3年第 2回定例会−06月17日-03号

昨年、実態把握支援が必要との公明党の国会質問ヤングケアラーの存在が注目され、令和3年3月から厚生労働省文部科学省連携プロジェクトチーム設置関係機関連携してヤングケアラーを把握し、適切な支援につなげるための方策について検討を行い、4月12日、初の実態調査を公表しました。公立中学二年生の5.7%、公立全日制高校二年生の4.1%が世話をしている家族がいると回答。

与謝野町議会 2021-06-15 06月15日-06号

期待したいんですけども、この構成員が、福祉も入っているわけですね、これは京都府が提唱します農福連携取組が、ここに入るんだというふうに私は思うんですけども、こっちのメンバーオール与謝野事務局構成員農福連携も含めて取り組むと、言うなればオール丹後のメンバーでやるわけですけども、与謝野町の役割として、リーダーとして活躍するわけなんですけども、与謝野町のプロジェクトといいますか、メンバーはどういう

向日市議会 2021-06-15 令和 3年第2回定例会(第3号 6月15日)

NPO、社団法人財団法人社会福祉法人等にご協力いただいての新たな事業や、さらには学校とも連携した取り組みなど、考えておられるでしょうか、お聞きしたいと思います。  4点目、コロナ禍での生活は2年目となりました。延長に次ぐ延長で、パートやアルバイトもままならず、子育て世帯や若者、学生の困窮は一気に進んでいます。

舞鶴市議会 2021-06-15 06月15日-03号

こうした京都府と舞鶴市が共同で連携して推進しているこの事業が、国から全国のモデル事業として事業連携事業に選ばれております。改めてこうした努力に対して、多々見市長をはじめ京都府、関係機関皆様にお礼を申し上げます。 そこで、高野整備大手雨水排水ポンプ場整備をはじめ、内水対策全般の現在の進捗状況についてお尋ねをさせていただきます。 

八幡市議会 2021-06-15 令和 3年第 2回定例会−06月15日-02号

作成に当たっての連携でございますけれども、議員指摘のとおり、各種様々な専門職の方々との連携が必要不可欠であると考えておりまして、それらの体制づくりに向けた取組を進めてまいりたいと考えております。 ○岡田秀子 議長  太田議員。          (太田克彦議員 発言台へ) ◆太田克彦 議員  私は、計画作成することがゴールではないと思っております。

与謝野町議会 2021-06-14 06月14日-05号

観光交流課長谷口義明) 予算上は負補交、府の補助金京都府の連携補助金関係交付金が2分の1、ここにもエントリーをさせていただいておりまして、そこの部分については、まだ未確定というところでご指摘を受けたときに、後からご説明をさせていただいたと思いますけれども、そういう中で、そこまで説明が不足していたというところでございます。 ○議長多田正成) 和田議員