664件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八幡市議会 2019-12-20 令和元年12月20日文教厚生常任委員会−12月20日-01号

手元にある方の振込通知書がありますけども、国民年金保険料に応じて、2カ月の振り込みで6,800円ほど振り込みとなっていて、それはそれで年金の給付水準の改善ということにつながるのでいいんですが、同時に、厚生労働省生活保護受給者の収入として認定してもいいと通達が出ています。  

木津川市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年12月12日

4点目について、令和2年度の予算案の編成に係る市長通達において、「第2次総合計画期間の10年間は、市としての成長期と位置づけているため、まちを持続的に成長させるためにも、さらなる活性化と次代への健全財政の継承が必要不可欠」としております。そのためにも、あらゆる視点から各施策を検証・見直し、創意工夫により効果的・効率的な手法を選択して、一般財源の負担軽減を図ることとしております。  

向日市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第3号12月 6日)

国土交通省は、公営住宅管理標準条例案、つまり条例のひな形を見直して、連帯保証人を必要としないことに改めるとともに、平成30年3月30日付通知通達を出し、公営住宅の入居の条件連帯保証人を前提とすることからの転換を求めております。そこで、この内容について、本市のお考えを伺います。今後、全国の地方自体において、国土交通省の今回の通知を受けまして、検討が行われるものと考えます。

八幡市議会 2019-12-06 令和 元年第 4回定例会−12月06日-02号

ちなみに、通常の保険証は2年の有効期間だそうですが、横浜市の担当課は、法律政府国会答弁厚生労働省通達などの趣旨に基づく対応だと述べ、意図的に支払わない人はほとんどおらず、適切に判断すれば短期保険証の交付はゼロになると取材に応じられています。  八幡市の短期保険証の有効期限が非常に細切れ。

京丹後市議会 2019-09-12 令和元年第 4回定例会(9月定例会)(第3日 9月12日)

国から平成28年度8月に厚生労働省国土交通省から連名で空き家を活用したグループホームの整備について推進するような通達が出ています。これは市も認識をされていると思いますが、この空き家を活用したグループホームの整備について、庁舎内の、例えば建設部であったり、政策企画課などと連携を図っていく必要もあるのではないか、そこが少し足りないのではないかというふうに私は思います。

福知山市議会 2019-09-11 令和元年第4回定例会(第2号 9月11日)

○(今井由紀建設交通部長)  福知山市におきましては、国の通達を受け、平成25年4月に、福知山市道路の構造の技術基準を定める条例を制定しました。この条例、第13条の植樹帯において、街路樹の設置基準を定めております。  本市の街路樹の植栽箇所としましては、市街地及び長田野工業団地などの幹線道路において植栽しております。

京丹後市議会 2019-09-11 令和元年第 4回定例会(9月定例会)(第2日 9月11日)

2つ目に、京丹後市の学校給食における食育の現状と課題はどうかという点で、政府通達というのが1985年に出されまして、学校給食業務の運営の合理化、これを求める通達が出されました。内容は、調理員のパートタイム化、センター方式の導入、調理業務の民間委託を進めることにより、人件費等の経常経費の適正化を図る。このことを求めるものであります。要するに安上がりの学校給食へと大きくかじを切る中身になりました。

長岡京市議会 2019-09-10 令和元年決算審査特別委員会第1分科会( 9月10日)

今後の方向性としてね、私、原付も移管されていくんと違うかなと思ってるわけなんですけれども、そういうふうな例えば通達とか、お話とかありますかね。 ○村上(裕)税務課長  今の時点では、原付については特に話は聞いていない状況です。 ○小谷宗太郎委員  そうすると、ちょっとその先については、ちょっとこちら側ではわからないというふうなことでよろしいですか。 ○村上(裕)税務課長  そのとおりです。

精華町議会 2019-09-09 令和元年度 9月会議(第3日 9月 9日)

それから、教職員の共通理解についてでございますが、おっしゃるとおり、2015年に文科省から、たしか細やかで評価をしている、そういう通達というんですか、出たんですけれども、教職員の方がそれに、LGBTに対して研修したり本を買ったりしているということですが、そういう通達もありまして、それが本当に細やかなんですが、どのくらい定着しているか、先生方がそれを必要だと認識しておられるか、その浸透度というか、そういうことではいかがですか

大山崎町議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第3号 9月 6日)

若い世代通達を見て、新しい仕組みをすぐ理解してくれますが、ベテラ世代は大変でした。時間がかかります。そのようなときに、若い世代がベテラ世代に提言してくれていました。そうしないと、金融機関として成り立っていきませんでした。  これらのことは、社会のさまざまな企業で同じようなことが起きていると思います。大山崎町の役場でも、同じ事が言えると思います。  

宮津市議会 2019-09-05 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第3日 9月 5日)

環境省は、ことし5月に、私が言っているその条約に入らなかったもんだから、これはやばいやと思ってことしの5月に都道府県に廃プラスチック類等に係る処理の円滑化等についてというものを通達を、通知をしております。この中身について、多分京都府のほうから来ていると思いますので、概略を教えていただけますか。 ○議長(北仲 篤)   宮﨑市民部長

宮津市議会 2019-09-04 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第2日 9月 4日)

例年、当初予算編成の前段といたしまして、前年度の決算分析等を踏まえ、市長と各部局間で重要施策の方向性を確認するとともに、施策の有効性を高めることを目的に10月ごろからオータムレビューを実施しており、その後、11月中旬に予算編成方針を通達し、本格的な予算編成作業を行ってまいります。よって、議員紹介予算編成スケジュールと比べた場合、12月以降の作業が非常に過密になっているのが実態でございます。  

長岡京市議会 2019-09-02 令和元年第3回定例会(第2号 9月 2日)

同署交通課担当の話では、平成27年12月28日付警察庁交通局通達、信号機設置の指針の制定についてに準拠して信号機の設置を行うこととなっており、1つとして、必要な車道の幅員の確保、最大となる主要道路自動車などの往復交通量が1時間につき原則300台以上であること、隣接する信号機との距離が原則として150メートル以上離れていること、などの条件が定められているほか、設置の効果や緊急性などを勘案することとされているところでございます

木津川市議会 2019-08-29 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年08月29日

関係の業者さん、11月1日からの実施ということから言えば、木津川市から何らかの通知というか、通達がされているのかなと思うんですけれども、水道組合加入している、していないにかかわらず、市内のそういう業者さんには、何らかの通達がされているのか、いないのか、それだけ確認したいと思います。

福知山市議会 2019-06-25 令和元年第3回定例会(第3号 6月25日)

具体的には、国の通達において、基本的に介護用品支給事業は地域支援事業の対象外とするとされましたが、現在の事業を地域支援事業として継続する場合は、経過措置としまして、低所得者の世帯への影響も考え、考慮しつつ、事業の廃止・縮小に向けた具体的な検討を行うことが求められたものでございます。

木津川市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年06月24日

◯3番(谷口 雄一) 学校へは通達されて、しっかり地元にも情報をおろすようにじゃないですけど、伝えるようにということも教育委員会とはされていると思うんですが、実際、先週の段階でも、見守りの代表の方に聞かせていただいたり、PTAの方にお聞かせ願っても、直接、こういうのを受けて、こういうのがおりてきているんだというような情報、まして危険な箇所が6カ所あるんだとか、そういった具体の部分はやはりないように思

京丹後市議会 2019-06-18 令和元年第 2回定例会(6月定例会)(第2日 6月18日)

制度から除外された泉佐野市は、総務省からそういう通達を受けたりして、今、思い切り非難されているわけですが、一方で、泉佐野市が次のような主張をしていますよね。それは、こういうことですわ。平成6年に関西国際空港開港しました。それに伴う都市基盤や公共施設の整備への過剰投資が元凶となって、債務残高が大きく膨れたと。平成21年に財政破綻一歩手前の財政健全化団体に指定されました。

八幡市議会 2019-06-17 令和 元年第 2回定例会−06月17日-02号

今般の滋賀県大津市での事故を受け、厚生労働省子ども家庭保育課から保育所等での保育における安全管理の徹底について、京都府教育委員会からは幼稚園等における安全確保対策についての通達があり、それを踏まえ本市でも、保育園・幼稚園の園長会において園外保育時の安全管理の再確認と徹底について指示を行い、移動経路とその危険箇所の再点検、引率職員の増員、職員間の安全管理に対する認識と情報共有を行ったところでございます