238件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福知山市議会 2020-12-11 令和 2年第6回定例会(第4号12月11日)

農山地域空き家情報バンクは単に不動産を紹介するものではございませんで、定住促進地域活性化を図ることを目的として取り組んでいるものでございます。本制度では、自ら空き家等に居住し、または定期的に滞在して、地域活性化に寄与しようとするもの、空き家等登録者と良好な関係を築けるものを利用希望者として、空き家等の転売及び転貸しを目的としたものは該当させないことにしております。  以上でございます。

福知山市議会 2020-12-10 令和 2年第6回定例会(第3号12月10日)

例えばでございますが、現在、大学市街地中心に活動しているまちかどキャンパス、吹風舎、こういった取組周辺地域へも展開をしていこうというふうなことや、農山地域での学生の下宿、また、廃校などを活用した学生起業拠点化など、大学ならでは取組、こういったことを検討をされています。  

向日市議会 2020-12-08 令和 2年第4回定例会(第2号12月 8日)

また、通告にはありませんでしたが、首都圏などからの移住について、ちょっとお話しされていたと思うんですけれども、イメージとしましては、首都圏からの移住というのは、大体農山地域かなという感じでして、向日市は、その移住対象になるのかどうかというのは、非常に私としては難しいかな、分からないかなとは思うんですけれども、今後、国としてもデジタル化推進されたり、あと、リモート就業などのスタイルが確立される可能性

福知山市議会 2020-09-10 令和 2年第5回定例会(第2号 9月10日)

本市が進めるコンパクトな都市は、高次の都市機能がコンパクトに集積する中心市街地の一層の機能強化と併せて、市街化調整区域を含めた農山地域においては、中核となる集落を小さな拠点と位置づけ、これらの核を中心として、地域内外強化・連携を図り、日常的な生活利便性を確保するものでございます。  本市都市機能が集積する市街化区域を中心とした市街地は無秩序に広がっておらず、人口増加傾向にございます。

福知山市議会 2020-07-13 令和 2年第4回定例会(第5号 7月13日)

農山のほとんどの家には家庭菜園程度の畑から、ある程度の広い畑など、いろいろございまして、そうした農地が家に付随していることが多くあります。空き家を処分したい持ち主は、農地一緒に処分したいという考えの方がほとんどであると思いますし、空き家を購入したいという人も、付随している農地一緒に取得したいというふうに希望される方も多いように思います。  

京田辺市議会 2020-06-10 06月10日-02号

社会福祉費増加、強いマイカー依存、非線引き都市によるスプロール現象により、中心市街地の衰退、生活インフラ整備維持コストの増大、農山人口減少生活機能の低下を引き起こしている。また、それらの対策である行政主体バス運行は、移動手段のない地域からは不公平との不満の声があるも、財政負担の限界により、手をつけられない状態となったとありました。 

京丹後市議会 2020-03-09 令和 2年第 1回定例会(3月定例会)(第2日 3月 9日)

離農等生産基盤が弱体化して、目を覆うような農山の疲弊がこの京丹後でも起こっているというふうに思います。  これまでこの問題も取り上げて質問をいたしました。9月議会でしたわけですが、市長は、国の食料農業農村基本法食料安定確保を図ることができる、このように答弁をされました。いわゆる食料の輸入にシフトをしていくということで、そのようなことで本当にこの丹後の主要産業であります農業が守れるのか。

福知山市議会 2019-12-13 令和元年第5回定例会(第4号12月13日)

昨今では、農山地域での高齢化人口減少等に伴う過疎化が待ったなしで訪れようとしております。専門家筋の話を聞いておりますと、2040年ごろに人口減少のピークになり、この減少はとめられないとも聞き及んでおります。それを想定して、減った中であらゆる打ち手を、国であるとか、府、市、地方自治体が考えながら、諸問題と取り組んでいかなくてはいけないという旨の講演を聞いたことがあります。  

福知山市議会 2019-09-02 令和元年第4回定例会(第1号 9月 2日)

次、総務費総務管理費、目、地域交流推進費、1,160万円の補正は、移住定住促進事業でございますが、農山地域空き家バンク成約平成30年度末に急増し、福知山農山地域空き家改修補助金及び福知山移住促進補助金補助対象者増加する見込みであるため、空き家改修補助金増額補正をお願いするものでございます。  7ページをお願いいたします。  

京丹後市議会 2019-08-30 令和元年第 4回定例会(9月定例会)(第1日 8月30日)

次に、歳出において、5つの重点項目ごとで見ていきますと、まず、地域づくりでは、農山型コミュニティ組織地域課題やニーズに応じて活動する事業支援する農村型小規模多機能自治推進事業補助金の創設など小規模多機能自治推進、また、これまで各市民局に配置していた地域にぎわいづくり推進員を見直し、新たに地域づくり支援員を配置するとともに、各町域地域おこし協力隊を配置したほか、夢まちづくり大学と各地域をつなぎ

福知山市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4号 3月 6日)

3点目の空き家利活用の視点でございますが、農山地域において、本市移住専用ウェブサイトでの空き家バンク物件情報の掲載など、居住可能な空き家利活用を促進しております。さらに、本バンク制度を利用し、成約された方に対しましては、改修清掃費等支援補助金など、さまざまな支援制度を整備しているところでございます。  

福知山市議会 2018-12-12 平成30年第6回定例会(第2号12月12日)

農山地域において中核となる集落を小さな拠点と位置づけ、これらの核を中心として地域内外強化を図り、生活利便性を確保するとなっていますが、小さな拠点づくりが具体的にどのような施策活用により実行されてきているのでしょうか。お伺いします。 ○(大谷洋介議長)  市長公室理事。 ○(森田 賢市長公室理事)  お答えをいたします。