3822件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

木津川市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年09月12日

◯11番(高岡 伸行) そもそも、所有者みずからの責任で整理すべきであると考えますが、なかなかその点が進まないとなれば、この法律のように、行政指導をとるべきというふうに考えます。  今の答弁を聞いておりますと、行政指導ありきかなという雰囲気もするわけですが、その点についてはいかがでしょうか。

木津川市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月10日

これを分断させている責任上、それ以外にも木津川市に応分の負担をせよということですわ。そういうことも含め、ルート変更も含めて、来島社長に市長は会いに行かれたことはありますか。 ◯議長(山本 和延) マチオモイ部長。 ◯マチオモイ部長(武田 浩文) マチオモイ部長でございます。  

精華町議会 2019-09-10 令和元年度 9月会議(第4日 9月10日)

行政責任をどうとるのかについてです。  6月議会で、元職員逮捕されたことで、町長、副町長、事業部長、当時ですね、が懲戒処分を受けました。これは元職員に対する管理監督責任であります。町長が重大事件等調査委員会、以下、第三者委員会に実態把握と真相究明、再発防止策の提言を諮問されました。

精華町議会 2019-09-09 令和元年度 9月会議(第3日 9月 9日)

養護教員さんたちが自主研修で自分たちでやられたりしますが、スクールカウンセラーさんとか、それから学校のその人権の担当の先生とか、そういう方たちは特別な責任があると思うんですが、その辺まで研修会、進んでいるかどうか、お願いします。 ○議長  総括指導主事。 ○林田総括指導主事教育支援室長  17番です。

精華町議会 2019-09-06 令和元年度 9月会議(第2日 9月 6日)

もう結構ですけども、町選管としてしっかり責任持って自主的に考えてください、この問題は、伝達事項じゃないんだから。そんなことやったら、町の選管は要らんなっていう話になりますよ、府の選管の指示さえ受ければいいっていう話になっちゃうからね、町選管としてどう考えるのかっていうのはしっかりと主体的に考えてください、よろしくお願いをします。  

大山崎町議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第2号 9月 5日)

町としての立場やコメント、方針などを発信する場合には責任ある対応が必要ではないかについてであります。  町役場の組織のあり方といたしましては、業務内容が多岐にわたる中で、より高い効率が実現できるよう、総務部門、福祉部門、教育部門、建設部門といったように、機能や職務を分化した上で専門部署を設置する、いわゆる機能別組織を採用し、各部門に責任者として、部課長を配置しているところであります。  

木津川市議会 2019-08-29 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年08月29日

なお、教育委員会に対しましては、全ての権限教育委員会に委ねる事務委任ではございませんで、あくまでも権限は市長に置いたまま補助執行という形をとっておりますので、いわゆる市長の権限に属するものを教育部職員事務を執行させる補助執行ということですから、市民の目線で見ましても、窓口の事務は、これ、変更になりますけれども、責任は全て市長に置いたままやっていくということでありますので、御理解をいただきたいと

福知山市議会 2019-07-05 令和元年第3回定例会(第5号 7月 5日)

1984年以降、国庫負担率の削減・抑制で国保に対する国の責任が後退するなか、約3,400億円の財政支援が行われたが不十分であり、福知山市においても、国保加入者の貧困化・高齢化等が進むなかで、所得200万円40代夫婦と子ども1人の3人世帯で年間保険料は372,670円となり、国保料に対する負担はますます重くなっている。  国保料が高くなる要因の一つに、世帯の人数を算定基礎とする「均等割」がある。

木津川市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第7号) 本文 開催日:2019年06月28日

記  1 辺野古新基地建設工事と普天間基地の運用について、全国の市民責任を持って、米軍基地が必要か否か、普天間基地の代替施設日本国内に必要か否か当事者意識を持った国民的議論を行うこと。  2 沖縄歴史及び米軍基地の偏在に鑑み、一地域への一方的な押しつけにならないよう、民主主義及び憲法の規定に基づき、公正で民主的な手続きにより解決すること。  

福知山市議会 2019-06-26 令和元年第3回定例会(第4号 6月26日)

○16番(田中法男議員)  利用されていないため池も対象にされたわけですが、ただ、農業用ため池が防災の役割として、市町村責任の方向に持っていかれようとしているのではないかと思われます。市と地元負担でやっていけるのか、地元は高齢化ともかかわって、水田耕作を放棄してしまわないか、そこを心配しているんですけれども、どうでしょうか。 ○(芦田眞弘議長)  産業政策部長

久御山町議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第4号 6月26日)

第2条第3項では、国と自治体は、児童保護者とともに、児童を心身ともに健やかに育成する責任を負っていること。第24条第1項では、保育を必要とした場合は、当該児童保育所保育しなければならないこと。第24条第2項では、こども園や家庭保育等で必要な保育を確保するための措置を講じなければならない。となっています。  

福知山市議会 2019-06-25 令和元年第3回定例会(第3号 6月25日)

今回は、返還先等が特定できない水道預かり保証金の発生と、農業集落排水施設使用料賦課もれについて、部と課の責任者として、適切な対応を講じなかった組織運営上の責任を問うと、こういったことで、去る6月14日付で訓告処分を行ったところでございます。  なお、懲戒処分の対象となる課長級以上の職員のうち、処分日に既に退職をしている職員については、地方公務員法上、処分を行えないと、こういったことになります。

宮津市議会 2019-06-24 令和元年第 2回定例会〔6月定例会〕(第5日 6月24日)

さらに所有者が責任を持って空き家の状況を把握し、危険家屋であることの認識や意識をしっかり持ってもらうことが大切であるといったことが交わされました。  宮津市の宅地建物取引業者との意見交換の場においては、空き家の流動化を進めることによって、危険家屋となること未然に防ぐことができることとなることから、仲介事業者との意見交換を行いました。  

長岡京市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第4号 6月24日)

憲法生存権基本的人権住民自治保障していく責任を引き続き担っていただくことを求めて、本議案には反対いたします。 ○(福島和人議長) ほかにございませんか。               (「なし」と言う者あり) ○(福島和人議長) 意見も尽きたようですので、これをもって討論を終わります。  これより採決に入ります。  

福知山市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第2号 6月24日)

○(田村雅之市長公室理事)  全庁的な再発防止の取り組みといたしまして、法令遵守の推進体制を強化するために、コンプライアンス推進責任者を定めまして、これまでに発生いたしました不適正事務の再発防止に向けた取り組み、そして、業務上のリスクを洗い出し、予防する、未然防止の取り組みを行っていくこととしております。