266件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

舞鶴市議会 2020-03-10 03月10日-04号

次に、認知対策についてお尋ねします。 高齢化長寿命化の進行に伴い、認知症は誰もがなり得るものであるとされており、認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域自分らしく暮らし続けることができる社会を実現すべく、認知症施策推進総合戦略、新オレンジプラン、また、認知症施策推進大綱が策定され、国を挙げて諸施策に取り組まれているところと承知しております。 

与謝野町議会 2020-03-04 03月04日-01号

全ての高齢者が住みなれた地域社会で健康に暮らしを続けていくことができるよう、健康づくり認知対策、介護予防地域医療体制充実、そして、公共交通最適化に取り組む必要があると認識をしております。この間、町内福祉事業者医療機関公共交通運行会社皆様方との連携のもとに、総合的な対策を講じてまいりました。 そのような中で人材不足を起因とする課題が鮮明になっております。

福知山市議会 2020-02-25 令和 2年第1回定例会(第1号 2月25日)

高齢者福祉課内には、各センターを総合的に支援する介護あんしん総合センターを設置し、介護者支援医療介護連携認知対策などに取り組んでおります。  215ページの介護サービス事業勘定は、ケアプランの作成を行う人件費の減や事業所委託料の減などにより、2,660万円で、前年度比較で590万円、18.2%の減となっております。  243ページをお願いいたします。  

八幡市議会 2019-12-20 令和元年12月20日文教厚生常任委員会−12月20日-01号

まず、我が会派が認知対策一つとして何回か質問で重ねてきたことの質問をさせてもらいます。高齢者認知症方たちが徘徊されたり、そして不明者などが出るといった問題に対して、警察とかの集中支援チームとか、市民にも呼びかけて対応していただいているわけでございますが、いまだに発見に至っていない方もおられます。  

木津川市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年12月11日

それでは、2問目、「認知対策について」ということで、また質問させていただきます。  まず、本市における高齢化率は24%となっており、地域によっては40.4%と、非常に高い状況となっています。厚生労働省の推計では、団塊の世代が全て75歳以上となる2025年には、認知症の人は全国で約700万人に達すると言われている中で、以下の点についてお聞きいたします。  

木津川市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第2号) 議事日程及び一般質問表 開催日:2019年12月11日

般  質  問 ┌──┬─────────┬───────────────────────────┐ │順番│ 質 問 議 員 │          質 問 事 項          │ ├──┼─────────┼───────────────────────────┤ │  │         │1) 終末期の延命治療                 │ │ │ 長 岡 一 夫 │2) 認知対策

精華町議会 2019-09-30 令和元年度 9月会議(第6日 9月30日)

また、高齢者施策では、認知対策また、府のハローワークとの協定締結による雇用、就労対策充実取り組み教育においては、いじめ対策スクールカウンセラーの配置や読書手帳視覚障害者向けなど、町民のニーズに合った図書館サービス充実などの読書推進向上取り組みなど、国、府の財源を活用し、多くの事業課題への努力が見られ、大変評価するところでございます。  

城陽市議会 2019-09-25 令和元年第3回定例会(第4号 9月25日)

次は、認知対策についてのお話をさせていただきます。城陽市の高齢化率は、京都府下でも大変高い高齢化率でございます。この問題の対策が喫緊の課題であると、このように思いますけれども、本市としてはどのように考えられていますでしょうか。よろしくお願いします。 ○熊谷佐和美議長  奥田市長

福知山市議会 2019-09-13 令和元年第4回定例会(第4号 9月13日)

○(林田恒宗福祉保健部長)  新オレンジプランは、我が国の認知対策を加速するため、政府が一丸となり、認知症の人の生活全体を支える取り組みとして、平成27年1月に策定されたものでございます。  基本的な考え方としまして、認知症の人が住みなれた地域のよい環境で、自分らしく暮らし続けるために、七つの柱に沿って施策推進していくものでございます。  

城陽市議会 2019-09-11 令和元年福祉常任委員会( 9月11日)

今回、一般質問でもこの認知対策について一般質問しようと思うんですが、今3つ支援センター地域包括支援センターがあります。認知症の方については、こちらが窓口相談窓口になっているということであるわけなんですが、今これ見ますと、平成29年度この3つで162人の方、これ相談に行っている。違いますね。ごめんなさい。

木津川市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月10日

認知対策について」と題しまして、質問いたします。  6月に、政府認知症になっても希望を持って日常生活を過ごせる社会を目指し、結果として、70歳代での発症を10年間で1歳おくらせることを目指す、2025年までの認知対策行動計画となる「認知症施策推進大綱」を決定をいたしました。  そこで、質問をいたします。  

木津川市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第3号) 議事日程及び一般質問表 開催日:2019年09月10日

般  質  問 ┌──┬─────────┬───────────────────────────┐ │順番│ 質 問 議 員 │          質 問 事 項          │ ├──┼─────────┼───────────────────────────┤ │  │         │1) 道路整備は必要不可欠               │ │ │ 兎 本 尚 之 │2) 認知対策

向日市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第2号 9月 9日)

脳は休みたいのですから、スマホを使う時間を1時間程度にするとか、デジタルデトックス(スマホ断食)をして、スマホ依存から脱却し、脳をすっきりさせることや、難解な書物を読みこなす力をつけたり、体験学習重視教育に変えていく努力がもっと必要だと考えておりますが、真の識字率アップスマホ認知対策につきまして、教育長のご見解と今後の取り組みについてお伺いいたします。  

久御山町議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第2号 6月21日)

1つ目成年後見制度認知対策について、2つ目が改元について、3つ目が子供の交通安全対策について、4つ目投票率向上取り組みについてです。  それでは、まず認知症などにより判断能力が不十分な人を支援する成年後見制度認知対策について、御質問いたします。  成年後見制度申立権者は、本人・配偶者・四親等内の親族、検察官などのほか、市区町村長も申し立てをする権限を有しています。  

与謝野町議会 2019-06-12 06月12日-03号

2番、認知対策、産業振興施策の今は。昨年、広報委員会のほうで視察に行かせていただきました、石川県のほうで、あの一般質問は今というようなコーナーを広報で持っておられまして、やはり言いっ放しというのは、よくないという中で、今回、記念すべき、私が議員一般質問してから1年たちました。その中で質問してきたことを再度、追認してお聞きしたい次第です。 

向日市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第3号 6月 6日)

本市では、認知対策として、さまざまな施策に取り組んでおり、平成29年度からは、認知症初期集中支援チームの活動を開始し、認知症初期支援を包括的、集中的に行い、自立生活のサポートを行っております。まず、一つ目認知症によるひとり歩き等行方不明等になられた高齢者の本市の状況についてでありますが、平成28年度から平成30年度の3年間に18件あり、そのうち、要介護3以上の方は6名となっております。