1168件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福知山市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第2号 6月24日)

一方で、昨今、この解釈を一歩進めて、決算を通して直近の事業実績や財政運営を総括し、次の予算編成に積極的に活用するPDCAサイクルが強く意識をされている状況にあると認識をいたしているところでございます。 ○(芦田眞弘議長)  野田勝康議員。 ○4番(野田勝康議員)  市長みずから答えていただいて、ありがとうございました。  

精華町議会 2019-06-13 令和元年度 6月会議(第5日 6月13日)

適格者であることをどうやって選ぶんですかということがやっぱり問題になってくると思うんですけども、その点、今、はっきりしてなかった、誰でもいいっていうふうに解釈できるような説明の仕方だったんですけども、その点はそうなのかどうか、について、確認をしておきたいと思います。  プレミアムつき商品券のほうは、るる説明がありました、大体制度は理解できました。

精華町議会 2019-06-10 令和元年度 6月会議(第3日 6月10日)

○松田  じゃあ、ちょっと細かい確認になりますけども、現在ね、0歳児、2歳児の住民税非課税の方は、この制度施行されることによって保育料が無料になるという、そういう解釈でいいですか。 ○議長  はい、子育て支援課長。 ○上西子育て支援課長  国が示していますとおりでいきますと、無償化になる予定でございます。 ○議長  松田議員

精華町議会 2019-05-21 令和元年度 5月特別会議(第1日 5月21日)

二つ目は、返礼品のこれによる見直しというのがされるかどうかということで、先ほども質疑がありましたが、今の話をお聞きすると、精華町産のものでなければならないという解釈が要はできるわけですね。いわゆる原産地が精華町外であって、精華町内で手を加えたものはアウトという答弁でしたよね。そうなると、かなり限定的なものしか扱えないじゃないかという気はするんです。

長岡京市議会 2019-03-19 平成31年予算審査常任委員会小委員会( 3月19日)

それでは、長岡京市主導というか、市上げて、京都市であるとか社会福祉法人みなと寮とのその三者協議等々は行われていないと解釈してよろしいでしょうか。 ○池田健康福祉部長  現在のところは、その施設については、協議をしておりません。 ○冨岡浩史委員  今後やられる予定はありますか。

長岡京市議会 2019-03-12 平成31年予算審査常任委員会第1分科会( 3月12日)

○小谷宗太郎委員  そうすると、もう十数年指導を入れてるけど何も改善がないというふうな形で解釈していいのかな。どうでしょう。 ○中小路(孝)農林振興課主幹  農地の利用状況調査そして農地利用意向調査といいますけれども、そういう形につきましては平成23年から行っているところでございます。先ほど申し上げましたけれども、そういう改善があるところもあれば、なかなか改善されないというところもございます。

長岡京市議会 2019-03-12 平成31年予算審査常任委員会第3分科会( 3月12日)

ということは、その敷地の中に乙休診を建てようということであれば、私の解釈が間違っているとしたら、ちょっと訂正していただきたいんですが、当然、乙休診の地べた分、いわゆる人口割か均等割か、運営費でありますやんか。それと同じように、応分の負担を2市1町に求めていくべき違うんかなというふうな発想でいてたんですが、その辺はどうなんですか。

木津川市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年03月05日

3番目でありますけれども、いわゆる補助金を活用するということですから、府の補助金がなくなれば、もう終わるという解釈でいいわけですか。 ◯議長(高味 孝之) 建設部長。 ◯建設部長(若狭 朝明) 建設部長でございます。  お答えをいたします。  お見込みのとおり、私の答弁のとおりでございます。  

城陽市議会 2019-03-05 平成31年議会運営委員会( 3月 5日)

小松原一哉委員  先ほどの請願の趣旨のところで、ちょっと文言の解釈というか、議長公用車という文言が趣旨の中で書かれているんですけども、あと議会の公用車っていうような概念もあると思うんですけどね、今の議長が専用に使われている議長公用車という位置づけですね。あるいはこれは議会の公用車っていう解釈も成り立つのかどうかという、その辺ですね。

城陽市議会 2019-03-01 平成31年建設常任委員会( 3月 1日)

全部が全部そうじゃないのかもしれません、部分的にこれは残ってます、これはまだありますのんと、もう一つは、これが市道、既存の道が残った場合、道だけど市道ではないというときに、管理はちゃんとその辺、市の持ち物であれば市のほうが管理されるということでの解釈でいいんですか。

城陽市議会 2019-02-27 平成31年総務常任委員会( 2月27日)

○本城隆志委員  簡単に言えば、専門の課程修了した人から、前期ということは、もう短大、途中で退学しても、その大事なところまで課程修了してたらいいよというふうに解釈したらいいんですか。 ○米田達也上下水道次長  専門職大学につきましては、前期課程と後期課程、2つに分かれておりまして、前期課程修了した段階で短大卒業程度と認められるということになります。

精華町議会 2018-12-21 平成30年度12月会議(第6日12月21日)

提案理由としては、精華町議会基本条例において、条例解釈上のそごを避けるため、この条例の一部改正を提案するものでございます。  めくっていただいて、条例改正の中身ですけども、基本条例の一部を次のように改正する。第20条第3項中「町民の直接請求があった場合」の次に「及び町長が提案する場合」を加えるというものでございます。  

大山崎町議会 2018-12-20 平成30年第4回定例会(第4号12月20日)

これが、先ほどの賛成の意見の方ですが、監査委員がどうのこうの、これは数字上だけのことであって、実態まで、国の会計検査院までの業務は、やっていないわけですから、数字上はそれでいいだろうと、ですから、論外の話であると、本件については、という解釈を持っています。  また、こういった経緯になった理由は、つまり、一番の当時のトップが悪いのです。係る職員の方は一生懸命やってくれてます。

城陽市議会 2018-12-20 平成30年第4回定例会(第5号12月20日)

こういう法律解釈の運用ということが国会のほうでも答弁をされています。  18歳になった男女の、城陽市においては18歳と22歳なのか、今のところわかりませんけども、適齢者名簿をわざわざ一覧表にして提供する。これは義務規定は明文化されていない。求めることができるという依頼に対して、義務規定はないのに対応している。

木津川市議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年12月18日

その他のごみにつきましては、季節的な変動でありますとか、可燃ごみの有料化に伴って、9月にごみが大きく排出されたことによりまして、例えば燃やさないごみも、それにつられて多くだされたといったような傾向がございますが、可燃ごみ以外のものにつきましては、ほぼ前年度と同様の排出量であるというふうに解釈しているところでございます。  以上でございます。

城陽市議会 2018-12-17 平成30年第4回定例会(第3号12月17日)

だから、なかなか法律解釈って、当たり前の法律解釈でも難しいし。今後、彼に、今、キャッシュレスというてお金が要らなくなってくる時代がよその国ではあるから、日本でもそうなるやろうと言うたんですけど、新聞テレビも見てないから、そんな時代が来るとは思っていない。住民票はどうしても必要やでと言うたんですけど、かというて、住民票を取るための作業をこっちがする前に1日で逃げてしまいましたけれどもね。