3546件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

京都市議会 2021-01-13 01月13日-19号

ここで見ても,就労しておられる方は利用できるという要件を満たしているという風に思いますし,利用制限という点で言っても,他の利用者に迷惑を掛けて,又は迷惑を掛けるおそれがあるときと管理支障があるとき以外は利用制限というのはないわけですね。こういう風に考えても,同じように申し込まれた方が,この年齢,この年齢だけという風な形で,しかも募集をした後ですよね。

八幡市議会 2020-12-22 令和2年12月22日都市環境常任委員会−12月22日-01号

中村正公 委員  3点ほどお聞きしたいんですけども、一つ農業の問題で、高収益作物次期作支援交付金要件が途中で変わったりして、非常に農家混乱を起こしたりしていたんですが、この問題についてまず、農林水産省が高収益作物次期作支援交付金要件を突然変更したことが、本当にすごく混乱を起こしているんですね。

向日市議会 2020-12-22 令和 2年第4回定例会(第5号12月22日)

まず一つ目は、持続化給付金家賃支援給付金要件緩和と二度目の給付雇用調整助成金特例制度延長を行うとともに、その方針を早急に国に求め、府についても、固定費支援制度を実施するよう求めていただきたい。  二つ目に、国に対して、消費税を緊急に5%に減税するとともに、中小企業納税猶予など十分な対策を講じていただきたい。  

精華町議会 2020-12-21 令和 2年度12月会議(第6日12月21日)

この報告では、政府の機関以外の法人などの要件に満たす制度設計が可能か、検討が必要としている。また、会員選考の過程の透明性向上に向け、検討を進める方針も示した。選考基本的考え方推薦候補情報収集方法を開示し、産業界も含め幅広い分野から会員を選ぶなど、既に中間報告が示されていることから、この意見書には反対いたします。 ○議長  次に、原案に賛成者の発言を許します。ないですか。  

宮津市議会 2020-12-21 令和 2年第 7回定例会〔12月定例会〕(第3日12月21日)

こういう実際リフォームなり、そういう新たな住居を買うとなりますと、そのまま住んでいただけるというのは非常に可能性が高いなというふうに思っておりまして、そういう本制度、こういう活用につきましては、多子世帯とか3世代同居等の経済的な負担の軽減、これも図れるというふうに考えておりまして、また、本市移住定住人口、これについても増加につながるということから、空き家バンク物件活用要件とはしたいというふうには

京丹後市議会 2020-12-18 令和 2年第 5回定例会(12月定例会)(第5日12月18日)

要件としては、いわゆる宿泊事業者としての資格を持っておられると、免許があるということと、それからWebサービス活用できる、この2点というふうに言われていますので、これはほかの大手のサイトと同程度ということですので、現在、そういったサイトを使って誘客をされているようなお宿については、すぐにでも対応していただけそうなそういった状況かなというふうにも認識をしています。  

八幡市議会 2020-12-18 令和2年12月18日総務常任委員会-12月18日-01号

決算見込みで9億5,000万円までいくということですが、まだ今継続中の事業もありますし、その中でちょっと気になっているのは中小企業者等うえ給付金1億1,000万円、これは12月1日から要件緩和していただいて、国のいろいろな給付金を受けた方とかも対象にしてもらっているんですけれども、この間の答弁で、まだ20件ほどしかないというような答弁もありました。

八幡市議会 2020-12-15 令和 2年第 4回定例会−12月15日-05号

次に、産業振興ゾーンでの大規模開発に伴うデメリットといたしましては、ほ場整備された優良農地減少することになりますが、農振農用地区域の除外5要件の中に、効率的かつ安定的な農業経営を営む者の農地利用集積支障を及ぼすおそれがないことと示されているため、開発事業者において担い手農家への農地集積営農補償等をされますことから、農業者への影響は少ないものと考えております。

八幡市議会 2020-12-14 令和 2年第 4回定例会−12月14日-04号

本市の12月の広報やわた4面に、八幡中小企業者等うえ給付金支給要件緩和申請期限延長しますと。内容では、新型コロナウイルス感染症影響により売上げの減少など深刻な影響を被っている市内事業者を応援するための八幡中小企業者等うえ給付金について、12月1日火曜日から申請期限延長支給要件の一部緩和を行います。

木津川市議会 2020-12-14 令和2年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2020年12月14日

国の基準に従い、連携施設確保義務に係る要件緩和を行いますが、これまでも小規模保育事業所家庭的保育事業所卒園児の受入れについては、優先利用加点措置を講じ、保護者の希望に応じて保育施設への利用調整を行っているところです。  今後も、引き続き卒園後の教育・保育が受けられるよう円滑な接続を行っていきます。  

八幡市議会 2020-12-11 令和 2年第 4回定例会−12月11日-03号

その中で、電子入札特性上、仮想の競争相手がいるという前提で入札することは健全であり、他市の傾向を見ても成立を認めてはどうかとのご意見を頂き、現在、工事コンサルタント業務電子入札案件では、入札成立要件を1者以上としております。このことから、プロポーザル方式での業者選定につきましても、これらの内容を踏まえて事業担当部署が判断すべき内容と考えております。

福知山市議会 2020-12-11 令和 2年第6回定例会(第4号12月11日)

国や府、市に求める施策として、手厚い支援策継続要件緩和をしてほしいという回答が全体の4割を占めています。各種助成金補助金の期限切れに加え、第三波の広がりが、先行きの見通せない状況に拍車をかけている中、雇用を守り、頑張っている中小企業皆さんを潰さないことが、最大の経済対策と考えるところでございます。  (1)として、支援制度事業者皆さんへの周知継続と拡充が必要となっております。