545件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

城陽市議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第3号12月13日)

この間、政府は、2018年7月の西日本豪雨などの災害を受け、災害機能の総点検を実施。2018年12月、緊急対策閣議決定しました。国土強靭化3か年緊急対策というものです。しかし、台風19号で決壊した71河川、140カ所の堤防決壊はその全てで緊急対策の対象外だったということです。人命被害のおそれのある約280河川堤防のかさ上げや越水に耐えるなどの強化を2020年度までに実施するとしていました。

城陽市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第2号12月12日)

昨年は、近畿地方に多数の台風が上陸して、風の被害も、雨の被害も、大きな被害があったんですけど、今回の19号につきましては比較的西日本には大きな災害はなかったんですけど、皆さんご存じのように、東日本におきましては大きな河川の氾濫があちらこちらで起こって、大変多くの方が今なお避難生活を送られているということで、その台風19号についてちょっと考えていきたいと思うんですけども。  

八幡市議会 2019-12-11 令和 元年第 4回定例会−12月11日-04号

その結果、死者、行方不明約100人、全半壊約1万2,000棟、床上浸水約2万8,000棟、内閣府11月10日現在と、昨年の西日本豪雨を上回る大きな被害が出ました。  千葉県を初めとする被災地では、短期間に2度、3度の災害に見舞われたところがある上、宮城県丸森町や石巻市福島県の浜通り地域では東日本大震災からの復興途上の災害であり、被害者の生活再建は大きな痛手を受けました。  

福知山市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2号12月11日)

意見書の提出を受けまして、本年6月には、福知山旅館ホテル組合さんが国土交通省を訪ねられまして、西日本旅客鉄道株式会社に対して、指針に基づく指導がなされるように求められたところでありますけれども、国土交通省は、西日本旅客鉄道株式会社は所有をしております土地を貸すだけでありまして、西日本旅客鉄道株式会社がみずからホテル建設するものではないので、指針に基づく指導の対象はならないけれども、開業を予定している

京丹後市議会 2019-12-10 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第2日12月10日)

西日本豪雨で甚大な浸水被害が出ました岡山県倉敷市真備町は、実際の浸水域が予測浸水域とほぼ重なり、その有効性、有用性が改めて実証されたということで、各自治体には豪雨後、ハザードマップが欲しいといった問い合わせが増加し、地域ごとに危険個所や避難経路などを盛り込んだ独自の防災マップを作成する取り組みも広がっています。

八幡市議会 2019-12-06 令和 元年第 4回定例会−12月06日-02号

昨年の西日本豪雨やことしの台風19号災害では、高齢者避難おくれや、中でも避難行動要支援者の犠牲者の多さが際立っています。今後、ますます高齢社会が進むことを考えると、この問題は大変深刻であると思います。  公明党は、念頭に防災減災政治の柱にと掲げた中での九州北部豪雨、台風15号、19号と、全国に甚大な被害がありました。

向日市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第3号12月 6日)

質問荒川医院交差点についてでありますが、当該交差点付近には、防犯カメラを設置できると考えられる関西電力やNTT西日本などの電柱があります。電柱防犯カメラを取りつけるためには、本市が関西電力やNTT西日本に、使用希望する電柱や、使用希望期間などの申請や、使用期間使用料金等を定めた契約書の締結が必要でございます。

向日市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第2号12月 5日)

昨年の西日本豪雨で、総社市においてペット同伴避難所が開設されたそうであります。6月議会のご答弁でも、ペット避難所について検討を進めていくとお答えいただいていますが、防災訓練でも、同行避難、同伴避難所について、ぜひ訓練に取り入れていただきたいと思いますが、ご見解をお尋ねいたします。  次に、大きく3番目、市民からの要望について質問させていただきます。  まず、プレミアム商品券についての質問です。

城陽市議会 2019-12-02 令和元年第4回定例会(第1号12月 2日)

また昨年度は、大阪北部地震、また西日本豪雨がございまして、多くの家屋で被災がありましたし、ブロック塀の改修等が必要になり、その対応にも大変努力をしていただいたように、大変高く評価をしております。引き続きの項目もございますけれども、よろしくお願いしたいと思います。  また、今、地方自治体というのは生き残りをかけて、新たな魅力あるまちづくりに、どちらも本気で取り組んでおられます。

宮津市議会 2019-09-30 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第5日 9月30日)

平成30年度は、平成29年度に発生した台風18号及び21号の豪雨災害に続き、城﨑市長の就任直後に発生した7月西日本豪雨災害及び台風24号が当市に甚大な被害を及ぼした年でありました。災難続きの中、城﨑市長を初め職員の皆様には、早期復旧に向けてできる限りの対応に御尽力をいただきましたこと、改めて感謝し、御礼を申し上げます。  

城陽市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第5号 9月26日)

○中林憲彦まちづくり活性部長  東部丘陵地のまちびらきに向けた道路整備としては、新名神高速道路のほかに城陽ジャンクション・インターチェンジから、仮称でありますが、宇治田原インターチェンジまでの東西幹線道路の4車線ネットワークとして、国道24号寺田拡幅、東部丘陵線、府道山城総合運動公園城陽線、国道307号拡幅、さらにスマートインターチェンジの整備事業など、NEXCO西日本を初め、国・府・市が連携し、これらの

城陽市議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第3号 9月20日)

質問にありましたとおり、裏池踏切につきましては、大型車の通行が頻繁にあり、また国道24号と近接し、踏切内で危険な状況が見受けられることから、京都府警察本部西日本旅客鉄道株式会社が協議され、令和元年5月ごろをめどに踏切警報機と連動する信号表示とすると、城陽警察署より説明を受けておりました。  

城陽市議会 2019-09-19 令和元年第3回定例会(第2号 9月19日)

○吉村英基福祉保健部長  2点お問いかけをいただいておりますが、まず警察署跡地の残地の面積と形状はというご質問でございますが、NEXCO西日本に確認をいたしましたところ、面積は約2,000平方メートルというふうに聞いております。また、土地の形状はほぼ正方形で平たんという状況となっております。

八幡市議会 2019-09-13 令和 元年第 3回定例会−09月13日-06号

また、昨年は大阪府北部地震西日本集中豪雨台風等で恐怖を体験した1年でもありました。復興対策をされた行政はもちろんのこと、自治会消防団また各種団体の皆様の人的支援がいかに必要であるかを再認識させられました。災害に対する重要なことは自助・共助・公助のバランスであると同時に、一人ひとりが自立しながら支え合うことが最も重要であり、大切なことであります。

京丹後市議会 2019-09-12 令和元年第 4回定例会(9月定例会)(第3日 9月12日)

近年では、豪雨災害が頻発、激甚化する中で、懸念となるのが信頼性の高い道路の確保であり、昨年の豪雨災害では、西日本の各地で道路が寸断され、道路交通はマヒすることとなりました。本市においても、昨年、一昨年の豪雨災害では、国道、府道が至るところで通行どめとなり、これは一時的に京丹後市が孤立する状態がありました。

南山城村議会 2019-09-10 令和元年第 3回定例会(第1日 9月10日)

去る8月15日には、大型の台風10号は中国地方を縦断し、西日本を中心に広範囲で大雨や強風による影響を与えました。当村におきましては、早い段階で村全域に避難準備情報を発令し、10地区全てに避難所を開設して警戒に当たりました。幸いに大きな災害には至らなかったことと安堵しているところでございます。  

向日市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第3号 9月10日)

昨日、上田議員にお答えいたしましたとおり、この調査におきましては、インターチェンジの形状や退出部における交差点形状の検討、インターチェンジ施設の配置や構造についての検討、さらには、アクセス道路についての検討などを行い、さまざまなパターンにおいて資料を作成し、京都市をはじめ国、NEXCO西日本など関係機関と協議を行ってきたところであります。