運営者 Bitlet 姉妹サービス
211件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-02 京都市議会 平成30年 10月 決算特別委員会第2分科会(第2回)-10月02日−02号 次に,風致美観費は,予算9億7,692万円,支出8億3,434万円で,景観政策の推進,風致保全や宅地開発指導に要した経費で,不用1億4,258万円は,都市計画法等の違反行為や違反屋外広告物に対する行政執行を行わなかったことや,広告景観づくり推進事業ににおける嘱託員報酬の減などによるものでございます。   もっと読む
2018-09-12 長岡京市議会 平成30年建設水道常任委員会( 9月12日) ○浜野利夫委員  あと、5条の関係で、所有者の責務というのがあるんですけれども、所有者が不明とか、連絡つかないという場合に、さっきの緊急安全措置だとか、特定空家等という理解で、何とか、最小限しないといけないという場合は、所有者が不明というか、連絡つかなくても、それは行政執行的に、ある程度はするという理解でいいんですかね。 もっと読む
2018-07-26 京都市議会 平成30年  7月 まちづくり委員会(第7回)-07月26日−07号 ずつ解決していってるということで,それはそれでもちろんいいことだなと思うんですけれども,やはり厳しい財政状況の中で,管理不十分で危険になっているというものについては,防火防災という部分についても,やはり住民の命と財産を守るという観点からも大事ですし,管理不十分空き家というものについては,やっぱりゼロを目指すべきところだなという風に思っているところでありますけれども,最終的ににっちもさっちもいかないと行政執行 もっと読む
2018-03-14 京都市議会 平成30年  3月 まちづくり委員会(第20回)-03月14日−20号 行政執行したケースがございますが,あそこは建物の様式を守っていかなければならないというのがルール。そのルールに抵触したので,随分指導もさせていただきましたけれども,最終的に従っていただけなかったので,やむなく行政執行したという経過がございます。岡崎は岡崎のルールの中でやっていることでありますので,そういう意味では問題はないのかなという風に思います。  以上です。 もっと読む
2018-02-28 京都市議会 平成30年  2月 予算特別委員会第1分科会(第5回)-02月28日−05号 その以降,行政執行をしたり,それから様々に,なかなか人家がない,人がお住まいでない山奥に物が捨てられたりということが多発をしておった時代であります。   もっと読む
2018-02-27 京都市議会 平成30年  2月 予算特別委員会第2分科会(第5回)-02月27日−05号 空き家対策については,平成25年7月に総合的な空き家対策の取組方針というものが策定をされ,翌年4月には行政執行も含めた条例が施行されているという状況です。 もっと読む
2017-10-30 宇治市議会 平成29年 10月 決算特別委員会(第6回)-10月30日−06号 質問時間もありますので、先に進みますが、空き家の管理不全に対する対策ということで、総務のほうでこの間行政執行なんかも含めてされるということがありましたけれども、宇治市の住宅のマスタープランの改訂版なんかでも、この空き家の対策というのはしっかりしていかないといけないということで書かれているので、このあたり、今後、こういった管理不全の対策というのは、果たして総務のところでやるべきものなのか、それともこういった もっと読む
2017-10-26 宇治市議会 平成29年 10月 決算特別委員会(第4回)-10月26日−04号 ◆坂本優子委員 ということは、今のところ、まだ見つからないわけですから強制撤去されたわけですけども、今後も費用負担というところでは市が負っていかなければいけないということになるわけですよね、行政執行ってそういうもんだと思うんですけど。 もっと読む
2017-10-06 京都市議会 平成29年 10月 決算特別委員会第2分科会(第5回)-10月06日−05号 次に,開発指導のところで不用率85.4パーセント,不用率と言うたって,これはいい意味での不用率もあるけれども,また色々入札,落札でそれの予定価格から減で不用率になった,いろんな原因があると思うんですが,ぱっと見たときに85.4パーセントということでございますが,行政執行の未実施による執行残ということになっておりますが,具体的にこれはどういう状況でこうなったのか,簡単にお答ください。 もっと読む
2017-10-03 京都市議会 平成29年 10月 決算特別委員会第2分科会(第2回)-10月03日−02号 次に,風致美観費は予算現額9億6,893万円,支出済額8億6,871万円で,景観政策の推進,風致保全や宅地開発指導に要した経費で,不用額1億21万円は都市計画法等の違反行為や違反屋外広告物に対する行政執行を行わずに済んだことや,景観重要建造物等の修理修景に対する補助金の減などでございます。   もっと読む
2017-09-29 宇治市議会 平成29年  9月 定例会-09月29日−06号 きょう、もうこれ以上、この件については質問はいたしませんので、ぜひこれはもう早急に行政執行、今回、空き家対策の関係でいうと、条例を制定して、空き家対策で行政執行の手続に入っていかれるような話も聞いています。これはもう同じように考えていただいて、ひょっとしたら空き家よりも危険度でいうと喫緊の課題ですよ。 もっと読む
2017-09-15 与謝野町議会 平成29年  9月 定例会(第78回)-09月15日−05号 代執行を仮にいたしますと、それは地方公共団体の債権でいいますところの強制徴収公債権、いわゆる税と同じように強制的に徴収ができる権利がある公債権ということでございますので、行政執行法のほうで強制権がありますので、この条例にうたわずともそちらのほうで対応ができると、すなわち差し押さえができるということになりますので、そこはそのようにご理解がいただければと思っております。   もっと読む
2017-09-13 福知山市議会 平成29年第5回定例会(第3号 9月13日) 特定空き家として認定したものにつきましては、あくまで管理責任のある所有者におきまして、適正な管理や処置がなされるべきものであり、福知山市はそのために必要な助言、指導、勧告や命令を実施するもので、容易に行政執行の措置を実施するものではないというふうに考えております。 ○(大谷洋介議長)  紀氏百合子議員。 もっと読む
2017-08-31 与謝野町議会 平成29年  9月 定例会(第78回)-08月31日−01号 次に、特定空き家等への行政措置の段階でございますが、ここでは空家特措法に基づく助言、指導、さらには空家等対策協議会への意見聴取を踏まえた上での勧告、命令、最終的には行政執行を行うといった流れを示しておりますけれども、これらの特定空き家等の判断及び行政措置につきましては慎重に行うことといたしており、条例の第3条に明記しております所有者等の責務に規定しておりますとおり、まずは所有者等の管理責任を履行していただけるよう もっと読む
2017-06-22 城陽市議会 平成29年建設常任委員会( 6月22日) ○乾秀子委員  そうしましたら、例えば行政執行されてることとか、そういうまだまだそこまでのことはないっていうことで理解しといたらいいわけですね。   もっと読む
2017-06-22 八幡市議会 平成29年第 2回定例会−06月22日-05号 次に、事件、事故があった際の最終的な対処として行政執行があります。地域の方々の声は、これを行使することには賛否両論があります。盛り土の山はしっかりと固めてあるようですが、全く危険がないとは言い切れないと思います。本市として、著しい危険を除去するために行政執行を行使することは視野に入っていますでしょうか、お聞かせください。   もっと読む
2017-06-22 与謝野町議会 平成29年  6月 定例会(第76回)-06月22日−07号 このほど現場におきましては、今回の補正予算で計上いたしましたガラス片等の専門業者への搬出を残すのみとなり、本行政執行も最終段階を迎えたところでございます。   もっと読む
2017-03-30 京丹後市議会 平成29年第 2回定例会(3月定例会)(第5日 3月30日) 行政執行を行うにも相当の時間的な手続が要ることから、緊急を要する状況に対応するため緊急安全措置を規定している。その他としては関係機関との連携を規定している。  問い、空き家と特定空き家の違いは。答え、おおよそ1年以上使用または居住していないものが空き家等になる。 もっと読む
2017-03-15 宇治市議会 平成29年  3月 予算特別委員会(第5回)-03月15日−05号 ◆山崎匡委員 条例ができまして、行政執行なんかも含めてできるというようなこともあると思うんですけども、よく御存じのように、空き家の場合だと登記の変更がされてないとかいろいろ問題があって、なかなか文書送付しても、今おっしゃったように返ってくるとか、直接お会いできないとか、指導もできないというようなことになると思うんですけども、そのあたりの課題として、今、総務部として、これが課題でこういうところを強化 もっと読む
2017-03-10 与謝野町議会 平成29年  3月 定例会(第75回)-03月10日−05号 しかしながら、こうした行政執行に係る経費については所有者から回収することがほとんど期待できない状況の中で、今後も慎重に対応していく必要があると考えています。町内には多くの空き家がありますので、所有者には適切な管理を行っていただくよう近隣市の事例なども参考にさせていただきながら、方策を検討しているという状況でございます。  以上で渡邉議員への答弁といたします。 ○議長(勢旗毅) 渡邉議員。 もっと読む