84件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

木津川市議会 2020-09-11 令和2年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2020年09月11日

議員おっしゃっていただいたように、自主返納の数は298名で、そのうち支援品の交付をさせていただいたデータが、令和元年度で262名の方に、返納していただいた支援品をお渡しをしております。  総務部でやっております、この自主返納支援事業といいますのは、要綱を仕立ててやっているわけでございますけれども、高齢者による交通事故の減少を目的とした高齢者自主返納支援するという形でやってございます。

福知山市議会 2020-07-13 令和 2年第4回定例会(第5号 7月13日)

敬老乗車券は、その年度内において75歳以上になられる市民に対して、3,000円分の乗車券を1冊500円で、年間3冊まで、運転免許自主返納は5冊まで購入できます。市バス自主運行バス地域民間公共交通において利用ができます。公共交通空白地域有償運送乗合タクシー事業にも、敬老乗車券の使用で利用者負担の軽減を図ることが求められております。  

八幡市議会 2020-06-09 令和 2年第 2回定例会-06月09日-02号

また、障害者運転免許自主返納へはコミュニティバス利用者コミバス利用者無料証が交付されます。  八幡市にも高齢者運転免許証自主返納支援事業がありますが、その内容は大きく異なります。鯖江市では、65歳以上の高齢者運転免許証自主返納にはコミュニティバス無料証が交付されますが、八幡市は対象が70歳以上の高齢者で、コミュニティバス1日乗車券かまたはICOCA、これはいずれも3,000円相当です。

京丹後市議会 2020-03-19 令和 2年予算決算常任委員会( 3月19日)

運転免許証自主返納に対して丹後鉄道丹海バス、また市営バス利用券が交付されているが、公共交通空白地域の方に対しては課題が残る。この地域の方にはタクシー利用券を交付できるように検討すべきだ。  基本計画21、市民参画協働によるまちづくり。  市長公室政策企画課京丹後未来創生人材育成事業について。

木津川市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年12月11日

また、75歳以上の運転免許自主返納は約2%と低迷している(10枚の券では)。75歳以上の方には無料にして、医療費給付額を削減するという大局的な見地から財政的問題を見るのも一考と考えますが、市長の見解をお伺いします。  それに続いて、コミュニティバス新規路線(山城町から精華町新祝園駅)の検討は、木津川地域公共交通総合連携協議会で行われると思うが、今、どのような状況になっているのか。

宮津市議会 2019-12-10 令和元年第 4回定例会〔12月定例会〕(第3日12月10日)

また、ニュース報道には、前橋市のタクシー運賃助成制度ということで、マイタクの75歳以上の高齢者、65歳以上の免許を持たない人、免許自主返納などが対象利用券が交付されておられますが、多くが高齢者であるため、利用券を管理するのが面倒だといった意見が多く寄せられて、そこで市はマイナンバーカードを導入し、タブレット端末で情報を読み取ることで本人確認のほか運賃計算など、手続の簡素化を狙って実施をされておられるようでございます

宮津市議会 2019-12-09 令和元年第 4回定例会〔12月定例会〕(第2日12月 9日)

宮津警察署から自動車運転免許証自主返納は年100人程度とお聞きしております。なお、本市では、平成24年10月から65歳以上の自動車運転免許証自主返納に対する支援を行っており、現在は、丹鉄6カ月無料パス丹海バス6カ月無料パス丹海バス回数券、200円回数券の11枚つづりの10組でございます。あと、タクシー利用券2万円分のいずれか一つの支給としております。

京丹後市議会 2019-11-28 令和元年予算決算常任委員会(11月28日)

まず、説明資料の12ページ、交通確保対策一般経費の中に、高齢者等運転免許証自主返納に対する鉄道バス利用促進事業で、140万円の増額が計上されていますが、この見込みよりも上回った背景、これについてどのように見ておられるのかということが1点。  それから次に、17ページ放課後児童健全育成事業ですが、300万円の補正予算が組まれております。

京丹後市議会 2019-11-28 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第1日11月28日)

物件費につきましては、高齢者等安全運転免許証自主返納に対する特典経費令和2年度からの公設公営施設認定こども園保育所での完全給食に向けた準備経費マイナンバーカード自治体プレミアムポイントを行うための準備経費ふるさと寄附金を受けての備品等整備経費などを追加していることによるものでございます。  

城陽市議会 2019-10-25 令和元年決算特別委員会(10月25日)

対象年齢につきましては、平成29年度からの補助制度であり、現在3年目となりますので、自主返納の推移を見ながら対象年齢の引き下げも含め検討したいと考えております。 ○立木克也都市政策課長  青谷タクシーの件でございますが、9月は確かに4.0908のご利用がございまして、大変たくさんの方にご利用いただいてるところでございます。

舞鶴市議会 2019-10-07 10月07日-05号

-----------------------------            請願文書表令和元年9月定例会受理番号請第号受理年月日令和元年9月6日件名運転免許証自主返納に対する施策に関する請願請願者京都舞鶴宇和江209番地  年金者組合舞鶴支部長         石間正治 ほか2名紹介議員小西洋一石束悦子小杉悦子要旨請願事項] 1.運転免許証自主返納に対して、近隣他市なみ施策

京都市議会 2019-10-01 10月01日-04号

近年,高齢者運転による交通事故の問題が相次いで大きく取り上げられることもあり,市内における運転免許自主返納数は,ここ数年,毎年4,000人台,65歳以上の免許保有者の約3パーセントとなっています。よって,単純計算では,高齢者のうち毎年3パーセントずつ自主返納増加していることになります。自主返納は今後自動車以外での生活交通確保を余儀なくされます。

木津川市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第6号) 本文 開催日:2019年09月26日

高齢者運転免許証自主返納が136人分ふえている。倍増した要因は。答弁が、当初、毎月12人想定していたが、8月末現在105人であり、月23人で推移している。280人を見込んだ予算支援費については、今後検討する必要があるという答弁でした。  訴訟終結謝金について、訴訟終結謝金10万8,000円は一部敗訴であるか。本件宅地雑種地と判断した。

木津川市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年09月12日

木津川市内での免許返納者増加傾向であり、平成28年度から実施しております「高齢者運転免許証自主返納支援事業」により、自主返納に対しコミュニティバスの1日フリー乗車券10枚を無償交付し、自動車からコミュニティバスへの転換を促すとともに、公共交通機関利用するきっかけづくりや、利用しやすい環境づくりを行っております。  

福知山市議会 2019-09-12 令和元年第4回定例会(第3号 9月12日)

(3)のアクセルとブレーキの踏み間違い等の防止などの安全対策というご質問でございますが、国におきましては、高齢運転者事故の割合が増加していることを踏まえ、安全運転サポートカーの普及、運転免許証自主返納への各種支援の広報や啓発などについて、より一層進める方針が出されております。

木津川市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月09日

1番目、高齢者免許証自主返納がふえています。特典優遇制度をもっと手厚くしてはどうか。  2番目、国道163号と市道加1-1の変則交差点改良工事後、市道を横切る通学路児童が気をつける、注意喚起を促すものがないとの問題が出ています。通学路にしっかりとした表示をつけてほしいとの声を聞きますが、市の対応はどうでしょうか。  

木津川市議会 2019-08-29 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年08月29日

款総務費、1項総務管理費、9目交通安全対策費では、運転免許証自主返納増加が見込まれることから、運転免許証自主返納支援品54万4,000円の増、11目電子計算費では、生活保護法改正による進学準備給付金創設などに伴う電算システム変更委託料123万2,000円を増額しております。  次に、予算書19ページ、20ページをお願いいたします。  

福知山市議会 2019-06-26 令和元年第3回定例会(第4号 6月26日)

○(今井由紀建設交通部長)  75歳以上の運転免許証自主返納数は、平成28年が264人、平成29年が308人、平成30年が326人となっており、増加傾向でございます。  以上でございます。 ○(芦田眞弘議長)  田中法男議員。 ○16番(田中法男議員)  少しずつですがふえているということですね。  

木津川市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年06月25日

運転免許証自主返納に対する支援策といたしまして、先ほど来からコミュニティバスの1日フリー乗車券10枚を交付させていただいているというのがもう平成28年度から、先進的な取り組みで、大体ほとんどの市町で、26団体のうち、21の団体京都府下で行われているという状況がございます。