27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

木津川市議会 2020-12-14 令和2年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2020年12月14日

2.昨年の12月議会でも質問しましたが、軽度聴覚障害に対する補聴器補助制度利用状況新生児聴覚検査への助成考えは。  3.ロタウイルスワクチンが本年10月から定期接種化されました。ロタウイルス感染症は、腸からの水分の吸収が阻害され、下痢を発症する感染症で、通常一、二週間で自然治癒しますが、脱水がひどくなると、ショックや電解質異常を起こし、死に至るケースもあるそうです。  

八幡市議会 2020-09-04 令和 2年第 3回定例会−09月04日-03号

現在の聴覚障害難聴が分かった年齢と、また、自己負担で独自で聴覚検査を受けた新生児はいますか。分かれば教えてください。  2点目には、近隣市の動向を見てとのことですが、府も進めることになっております。いつ頃をめどにお考えでしょうか、お聞かせください。  3点目、難聴児者支援ですけれども、八幡市においては、軽・中等度難聴児補聴器決定者は1人ということで分かりました。

福知山市議会 2020-03-31 令和 2年第1回定例会(第7号 3月31日)

聴覚障害及び聴覚障害・者にかかる懇談会)  出張委員会を開催し、聴覚障害の当事者や支援者の各団体との懇談会を実施した。各団体からは、聴覚障害の特性を初め、日常生活での困り事や壁を感じること、災害に関連する課題、社会の変化や行政支援を求める願いなど、多岐にわたり大変多くの貴重な意見を伺った。  

木津川市議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第4号) 議事日程及び一般質問表 開催日:2019年12月13日

──────┤ │  │         │1) 待機児童の現状と対策は              │ │ │ 西 山 幸千子 │2) 防災行政無線の役割についてしっかりと検証を    │ │  │         │3) 契約等の確認は                  │ ├──┼─────────┼───────────────────────────┤ │  │         │1) 聴覚障害

木津川市議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年12月13日

聴覚障害人工内耳装用者に対して助成金を」と題しまして、難聴児者に対する支援策について、お聞きをいたします。  (1)初めに新生児聴覚検査についてです。  人が言葉を話すようになるには、生後間もなく聴覚が正常で音声が正しく聞こえることが必要であり、言語・情緒の発達社会参加への影響なども、発見のおくれが言語発達に大きな影響を及ぼしているとの報告があります。

京都市議会 2019-12-04 12月04日-03号

また,聴覚障害に対する早期療育の促進のためには,聴覚障害及びその家族に対して,都道府県及び市区町村保健医療福祉及び教育に関する部局や医療機関等関係機関が,連携して支援を行う必要性が指摘されています。厚生労働省概算要求にて,新生児聴覚検査及び聴覚障害支援推進予算が,令和年度予算は4,900万円であったのに対し,令和2年度においては6億5,000万円と約13倍の予算が計上されました。

八幡市議会 2015-06-11 平成27年第 2回定例会−06月11日-03号

1点目、聴覚障害支援について伺います。今議会において上程されました補正予算に、軽・中等度難聴児支援事業費として30万円が計上されました。難聴児補聴器補助を訴えていた立場として、評価するものであります。平成18年厚生労働省身体障害児者実態調査によりますと、全国の聴覚障害は1万5,800人とされております。

京丹後市議会 2015-03-10 平成27年第 2回定例会(3月定例会)(第3日 3月10日)

3つ目には、電車に一緒に乗ったいろいろな人たち、ほかの高校生や市民の方が聴覚障害に対しての理解が深まっていくというそのような交流ができるというその3つのメリットがあるのではないかというふうに思いますが、このような通学支援、先ほどできたら福知山のようなというようなことを市長がおっしゃいましたが、まず、京丹後市からこれをスタートしていくということで、KTRの沿線、与謝野町、宮津市、舞鶴市というふうな形

福知山市議会 2013-12-12 平成25年第6回定例会(第3号12月12日)

続きまして、聴覚障害支援についてお聞きします。  聾学校府立ですので、府と市の変わりはあります。その中で通学支援を行っている数少ない自治体ということでしたけれども、全国的にはどのぐらいあるんでしょうか。 ○(奥藤 晃議長)  福祉保健部長。 ○(夜久豊基福祉保健部長)  まず、通常聾学校、盲学校に関しましては寄宿舎がございます。

精華町議会 2013-03-07 平成25年第1回定例会(第4日 3月 7日)

4点目は、軽度聴覚障害、お子さんへの補聴器など購入補助制度について、先日配られた予算書附属資料の中にはらしきことは書かれていますが、新規事業とも書かれませんし、内容がわかりません。それをお示しください。  5点としては、審議会などの公開と説明責任の問題です。これもこの間何度か指摘をしました。

宇治市議会 2012-06-13 06月13日-04号

ただ、聾学校に通学する程度の聴覚障害であっても、保護者や本人のニーズにより、言語獲得ができており、集団の中で社会性等を身につけるため、宇治市立小・中学校に在籍しながら学校教育法施行規則第140条の規定に基づく通級による指導を受けている児童もおります。本年度は、本市通級指導教室のうち、3教室聴覚障害5名が通級により指導を受けているところでございます。 

京田辺市議会 2012-03-01 03月01日-03号

2点目は、聴覚障害、子どもさんの支援についてです。 府立聾学校をぜひ南部に増設するよう府に申し入れるべきです。府内の聴覚障害専門施設は、乳幼児は上京区の京都児童福祉センターにある、うさぎ園、3歳以上になると右京区の府立聾学校幼児部、そして、学校聾学校、または京都市内の二つの地域の小学校難聴の学級があるだけという実態です。

精華町議会 2010-03-08 平成22年第1回定例会(第4日 3月 8日)

(2)番、今年度聴覚障害お子さんデイサービス事業補助を受けながら京都市と京田辺市ですけども、山城地域の2会場で行われました。ただ、これは試行的なものでございます。今後とも障害児分野における取り組みとして私は必要だと考えますけども、町のこの取り組みに対する評価と今後の対応について伺いたいと思います。  

宇治市議会 2008-09-18 09月18日-01号

京都山城地域聴覚障害に関わる相談交流の場を確保するため、聴覚障害デイサービス事業京都府の事業として実施して下さい。   (理由)     京都府では、聴覚障害発達支援及び、親の悩みなどの相談支援の機能を持つ施設京都市内にあります。また聾学校京都市に、分校は舞鶴中等部まで)にあります。     

  • 1
  • 2