43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福知山市議会 2020-09-14 令和 2年第5回定例会(第4号 9月14日)

○(中村直樹建設交通部長)  本市が取り組む総合治水対策について、弘法川流域においては西川調節池を、法川流域においては桃池調整池及び草池調整池の改修と、新たに小谷ヶ丘調整池を整備しているところでございます。  進捗状況については、これら全ての調節池において、今年度の出水期までに堤体完成し、貯留機能が確保して効果が発現できることとなったところでございます。  

福知山市議会 2020-07-09 令和 2年第4回定例会(第3号 7月 9日)

総合治水対策がおおむね完了し、今度は由良川中流部の築堤や下流部内水対策等が大きな課題として残っていようかと思います。そこで、何点かお尋ねをいたします。  まず、総合治水対策は一通り終わりましたが、由良川中下流部流域治水対策現状認識について、お聞かせください。 ○(芦田眞弘議長)  市長

福知山市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第3号 3月 4日)

大橋市長がこの4年間をどのように総括し、いかに評価されておられるのか、うかがい知れませんが、令和2年度は第6次行政改革の総仕上げ、そして国・府・市が協力して進めてまいりました総合治水対策完了年であります。福知山公立大学情報学部の新設、そして大河ドラマ放送による本市のPRなど、大きな節目の年にもなっているわけでございます。  

福知山市議会 2019-12-13 令和元年第5回定例会(第4号12月13日)

この点は、今後、内水氾濫対策と合わせて、河川総合治水対策の中でも検討を求めておきたいと思います。  もう一つ、農業用水のこの計画ですが、せっかくこれ、令和2年で予算が打ち切られるということになりますと、残り40カ所、まだ残っているわけですが、相当急いでやることが必要だと思うんですが、ぜひこれも完成させていただいて、住民に周知していただきますことを求めて、次の同和問題に移りたいと思います。  

福知山市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2号12月11日)

○14番(森下賢司議員)  それでは、寄附の要件、1から4、あるわけですが、その要件の中にあるこの建設場所というところがありますが、その建設場所は、これまで何度も浸水被害を受けて、現在、進捗中の総合治水対策が仮に完了したとしても、もうその場所は絶対に大丈夫だ、水はつかないんだということは言い切れない場所であると思います。

福知山市議会 2019-09-11 令和元年第4回定例会(第2号 9月11日)

今、総合治水対策や緊急的な治水対策などで、治水対策事業が着々と進行していることは、大変ありがたいです。ただ、由良川沿川の内水被害の常襲地域などでは、それぞれの地域によって、支流の河川の特性、また家屋の位置や配置状況、それから欲しい情報の違いなど、まさに人々が住んでいる地域地域によって、個々の願いがあるわけなんですね。

福知山市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第2号 6月24日)

まず第1点目、総合治水対策及び大江モデル地区(公庄〜河守地区内水対策について。  (1)総合治水対策進捗状況と今後の見通しについてであります。  平成28年(後刻、平成26年と訂正発言あり)8月豪雨を受けて、国・府・市のまとめられた由良川流域福知山地域における総合治水対策を進められておりますが、計画期間の5年を迎えようとしている今、進捗状況はどのようになっていますでしょうか。  

福知山市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4号 3月 6日)

終盤とはいえ、予算を執行中の平成30年度の成果を集約することは、いまだ尚早ではございますが、あえて主な成果を拾うなら、国・府・市3者での総合治水対策を初め、防災減災対策災害復旧等災害関連事業はもとより、産業支援センター子育て総合相談窓口プログラミング教育など、産業子育て教育を通じて、施策などを展開したところでございます。  

福知山市議会 2018-09-18 平成30年第5回定例会(第5号 9月18日)

○22番(塩見卯太郎議員)  今おっしゃるように、この間、平成16年以後、下流部緊急水防災対策事業、続いて緊急治水対策事業、そして、先ほどもおっしゃったように、国、府、市、三者による総合治水対策事業内水対策事業、これで連続堤防から輪中堤、そして宅地かさ上げ、調整池ポンプ場設置河道整備貯留槽など、洪水対策内水対策が巨費を投じて今日まで進められてきました。

福知山市議会 2018-09-12 平成30年第5回定例会(第2号 9月12日)

1つ目には、まず市長公室中心となりまして、「知の拠点」整備構想推進会議2つ目は、土木建設部中心となりまして、総合治水対策完成に向けた推進会議3つ目が、産業政策部中心となりまして、長田野工業団地利活用増進計画推進会議4つ目としまして、福祉保健部中心となりまして、医療・介護・福祉総合ビジョン推進会議5つ目が、地域振興部中心となりまして、自治基本条例具現化に向けた推進会議、そして、6

福知山市議会 2018-03-28 平成30年第1回定例会(第5号 3月28日)

また、補助金適正化災害復旧事業総合治水対策の進展、地域公共交通網形成計画事業化、厳しい財政状況の周知、環境政策の展望などの総括質疑も行われました。  なお、議第110号から議第115号まで、及び議第118号から議第120号までについての質疑はありませんでした。  次に、委員から提案された四つのテーマに基づき、自由討議を行いました。  

福知山市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第3号 3月 5日)

台風21号災害による公共土木施設被災箇所につきましては、総合治水対策のエリアと重複はしておらず、総合治水対策への進捗への影響はないと考えております。平成30年度につきましては、総合治水対策災害復旧とは、最重要課題ととらえておりまして、また、総合治水対策平成31年度完成に向け、計画的に進捗を図っている状況でございます。  以上でございます。 ○(大谷洋介議長)  藤田守議員

福知山市議会 2017-12-14 平成29年第7回定例会(第4号12月14日)

次に、総合治水対策の中で、ソフト対策として、事業所耐水化ということが上げられているわけですが、具体的にどんなことなのか、お伺いいたします。 ○(大谷洋介議長)  土木建設部長。 ○(蘆田徹土木建設部長)  由良川流域福知山市域における総合的な治水対策におきまして、ソフト対策として、各戸事業所等耐水化対策を行うこととしております。

福知山市議会 2017-12-13 平成29年第7回定例会(第3号12月13日)

水害や土砂災害等自然災害をできる限り防止し、市民の生命、財産を守るために、現在、本市では、主な防災事業として、国土交通省による由良川緊急治水対策国土交通省京都府、福知山市で取り組んでいる総合治水対策また、京都府による大谷川総合流域防災事業などや、急傾斜地崩壊対策事業本市管理河川のしゅんせつなど、それぞれの機関が連携をし、限られた財源で最大の効果を上げるよう取り組んでいるところでございます

舞鶴市議会 2017-12-11 12月11日-04号

西市街地高野川流域については、本年3月に京都府と市で取りまとめた総合治水対策に基づき、府市協調のもとで、市街地浸水対策に着手することとしております。 また、由良川沿川の加佐地区におきましても、由良川緊急治水対策早期完了内水対策について、国土交通省関係機関と一体となって取り組んでまいりたいと考えております。