112件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮津市議会 2020-09-01 令和 2年第 6回定例会〔9月定例会〕(第1日 9月 1日)

審査につきましては、市長から提出されました決算書並びにその他の附属書類地方公営企業法等関係法令に準拠して作成され、かつその計数が正確であるか、経営成績並びに財政状況が適正に表示されているかなどについて審査を行いました。  その結果、決算書類関係法令に準拠して作成され、その計数誤りはなく、かつ事業経営成績及び財政状況につきましても適正に表示されているものと認められました。  

京丹後市議会 2019-12-20 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第5日12月20日)

これまでどおり繰り入れもでき、市民生活にも影響のある利用料金値上げにもならないと言いながら、公営企業会計になると莫大な減価償却費が出てくることになり、経営成績赤字になる。厳しい経営結果が出る前提であり、市民生活には影響はないとの説明であったが、矛盾している。  賛成討論公営企業会計に移行することにより、市民生活にかかわる重要な事案が発生した場合、素早く対応ができ、弾力化が図れる。

京丹後市議会 2019-12-13 令和元年産業建設常任委員会(12月13日)

おのずと当該年度経営成績というものが赤字等数字が出てくるということになります。  こういった意味でいけば、市民向けなり、議会向けにいきますと、透明性が担保されていいという部分はありますが、なかなか厳しい数字をお見せしながら、企業状況説明していかなくてはならないことが起きてきますという発言があった。  

京丹後市議会 2019-12-04 令和元年産業建設常任委員会(12月 4日)

さらに詳しく説明申し上げますと、公営企業会計の導入によって得られるものというのは、まず経営成績というものがございます。経営成績は何かというと財務状況説明ということになります。端的に言いますと、損益計算書経営成績と思われます。  まず、複式簿記をすることによって発生主義複式簿記の採用によって、会計処理自己検証が可能になるということになっております。

城陽市議会 2019-09-30 令和元年第3回定例会(第6号 9月30日)

50ページの平成30年度消費税及び地方消費税抜き経営成績は、総収益が13億5,383万4,928円に対して、総費用が12億6,336万5,109円で、差引9,046万9,819円の黒字となっております。収益の根幹の給水収益は、給水人口減少等により、今後、東部丘陵地先行整備地区整備を考慮したとしても、短期・中期的には水需要の増加が期待できない状況にあります。

精華町議会 2019-09-05 令和元年度 9月会議(第1日 9月 5日)

1、審査に付された決算諸表は、法令に従って作成され、その計数は正確であり、財政状況及び経営成績をおおむね適正に表示しているものと認める。  2、予算執行経理事務及び財産管理など財務に関する事務執行は、法令に従い、おおむね適正に処理されているものと認める。  審査の結果は以上でございますが、続いて、2ページをご覧ください。  

木津川市議会 2019-08-29 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年08月29日

経営成績でございます。  今年度消費税抜き経営成績は、総収益22億4,702万6,477円に対し、総費用は22億7,748万4,352円で、差し引き3,045万7,875円の純損失となり、赤字決算となっております。  次に、財政状態ですが、9ページの「財務分析」をごらんください。  

大山崎町議会 2019-08-29 令和元年第3回定例会(第1号 8月29日)

決算書類につきましては、その計算は正確で、事業財政状況及び経営成績を適正に表示しているものと認められました。  次に、地方公共団体財政健全化に関する法律第3条第1項の規定によりまして、平成30年度大山崎町一般・特別・公営企業会計それぞれの財政健全化審査意見書についてであります。  次の4つの指標について審査を行いました。

宮津市議会 2019-08-28 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第1日 8月28日)

審査につきましては、市長から提出されました決算書並びにその他の附属書類地方公営企業法等関係法令に準拠して作成され、かつ、その計数が正確であるか、経営成績並びに財政状態が適正に表示されているかなどについて審査を行いました。  その結果、決算書類関係法令に準拠して作成され、その計数誤りはなく、かつ、事業経営成績及び財政状態につきましても適正に表示されているものと認められました。  

宮津市議会 2018-12-10 平成30年第 5回定例会〔12月定例会〕(第2日12月10日)

こうした総務省からの通知も踏まえ、本市においても経営成績財政状態など、経営状況をより正確に把握し、経営基盤の強化と財政マネジメント向上等につなげていくために、公営企業会計適用化に取り組んでいるところでございます。現在の状況として、簡易水道事業につきましては、本年4月に水道事業経営統合を行ったことにより、公営企業会計適用化を終えているところでございます。  

舞鶴市議会 2018-09-10 09月10日-04号

会計については、一般会計から切り離された企業会計原則に基づき、原則として独立採算方式で行われるため、その経営成績を明らかにするために、全ての費用及び収益を、その発生の事実に基づいて計上し、かつ、その発生した年度に正しく割り当てなければならず、その財政状態を明らかにするため、全ての資産、資本及び負債の増減及び異動を、その発生の事実に基づき、かつ適正な区分及び配列の基準並びに一定の評価基準に従って、整理

精華町議会 2018-09-05 平成30年度 9月会議(第1日 9月 5日)

1、審査に付された決算諸表は、法令に従って作成され、その計数は正確であり、財政状況及び経営成績をおおむね適正に表示しているものと認める。  2、予算執行経理事務及び財産管理など財務に関する事務執行は、法令に従い、おおむね適正に処理されているものと認める。  審査の結果は以上でございますが、続いて、2ページをごらんください。

八幡市議会 2018-09-04 平成30年第 3回定例会−09月04日-02号

審査の結果につきましては、各事業は、地方公営企業経営基本原則の趣旨に沿って、おおむね適切に運営されており、決算諸表につきましても計数は正確で、事業経営成績、財政状態及びキャッシュフロー状況を適正に表示しているものと認められました。また、予算執行及び事務処理につきましては、例月出納検査及び定期監査を通じて検査・監査いたしました結果、おおむね良好に処理されております。  

宮津市議会 2018-09-03 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第1日 9月 3日)

審査につきましては、市長から提出されました決算書並びにその他の附属書類地方公営企業法等関係法令に準拠して作成され、かつその計数が正確であるか、経営成績並びに財政状態が適正に表示されているかなどについて審査を行いました。  その結果、決算書類関係法令に準拠して作成され、その計数誤りはなく、かつ事業経営成績及び財政状態につきましても適正に表示されているものと認められました。  

木津川市議会 2018-08-30 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年08月30日

公共下水道事業会計は、平成29年4月1日から地方公営企業法適用を受け、これまで勘定会計であった特別会計から公営企業会計であります公共下水道事業会計に移行したことにより、新たに損益計算書貸借対照表等財務諸表が調整され、経営成績財務状況がより明確となりました。  資金不足額はなく、資金不足比率発生しておりません。