9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

福知山市議会 2019-06-26 令和元年第3回定例会(第4号 6月26日)

○(大橋一夫市長)  まず、(1)のご質問でございますが、由良川沿川については、築堤完了後において、平成29年、30年と2年連続して内水被害発生をいたしました。河守・公庄地区は、五つの支川から成る約9平方キロメートルに近い大きな流域であり、その対策には多くの時間と費用、そして、国・府の支援も必要となります。

福知山市議会 2017-12-14 平成29年第7回定例会(第4号12月14日)

国土交通省からは、築堤完了地域でのさらなる宅地かさ上げは困難であると聞いております。現在、実施していただいている緊急治水対策早期完了を引き続き、国土交通省へ要望してまいりたいというふうに考えております。  以上でございます。 ○(大谷洋介議長)  大槻富美子議員。 ○21番(大槻富美子議員)  困難だということは、そうだと思います。先ほども申し上げましたようにね。

福知山市議会 2014-09-11 平成26年第3回定例会(第3号 9月11日)

先般の同僚議員質問に、公庄蓼原地区内水対策、これは築堤完了時に排水ポンプ車の要請も含めて総合的に調査、検討するという答弁でございましたが、しかし今回の水を見ると、おのずと内水対策必要性ははっきりしているのではないかと。10年間の3度の水つきに対し、真剣に対策を講じるべきだと考えるわけですけれども、見解をお伺いしたいと思います。  次に、2番目の2、由良川支川の整備についてでございます。  

宇治市議会 1997-09-25 09月25日-04号

また、用地買収及び堤防築堤完了年度はいつなのか、明快なご答弁をお願いいたします。 2番目は、隠元橋及びその周辺についてお伺いいたします。 天ケ瀬ダムより下流において一番狭隘化し、放流量が増加したときには大曲周辺の・島地区において、左岸堤防下よりの溢水が激しく起こることで危険が予測されることはご承知のことであります。

  • 1