12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

宮津市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会〔3月定例会〕(第4日 3月 6日)

建設部長(山根洋行)   今回の条例の制定につきましては、都市計画審議会で御審議いただきまして可決いただきました、その第一種低層住居専用地域から住居地域に用途を変更していくということで、この用途の変更だけでは周辺地域に影響がある可能性があるということで、地区計画を設定して、よりその地域の発展に資するようにしていくものでございます。御理解をいただきたいと思います。

八幡市議会 2016-09-14 平成28年第 3回定例会−09月14日-05号

住居地域第二種住居地域、準住居地域、近隣商業地域商業地域、準工業地域の6地区として指定しておりますが、まだまだ各種の制限はございますけれども、一応用途上、立地可能となっております。  以上です。 ○小北幸博 議長  福田環境経済部長。          (福田賢二環境経済部長 登壇) ◎福田賢二 環境経済部長  ホテル誘致を積極的にということでございます。

宮津市議会 2015-06-05 平成27年第 2回定例会(第4日 6月 5日)

しかしながら、住居地域であるために敷地内建設には課題をクリアしていく必要があるとの御意見をいただいているところでございます。こうした中で、給食センターの整備費用や配送費用などを考慮する中で、市内学校給食数の多くを占める宮津小学校の敷地内で整備ができないかという思いのもとに現在、関係法令の中で協議調整中でございます。

長岡京市議会 2015-03-10 平成27年予算審査特別委員会第2分科会( 3月10日)

阪急新駅周辺整備事業ですけども、新駅周辺の土地区画整理事業を目指しての協議会ということだったかと思うんですけども、この周辺の土地計画の議論というのがどうなっていたかなということを思いまして、この委員会でも意見を出されていたこともありましたし、今都市マスとかの見直しの中での論議もあると思うんですが、この区画整理ということになりましたら地権者だけでその範囲だけで進めることになるのではないかなと思いまして、現状では住居地域

宮津市議会 2014-12-09 平成26年第 7回定例会(第3日12月 9日)

このようなことが起こらないように、市街化が予想される区域を含めた地域において建物を建てる場合に守るべき最低限のルールである用途地域の指定を行い、良好な市街地環境を形成するとともに、機能的な都市活動を確保するとして、日置地域府中地域、文珠地域、宮津地域第一種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域住居地域第二種住居地域、近隣商業地域商業地域、準工業地域の7種類の用途地域を定めている。

久御山町議会 2012-03-12 平成24年第1回定例会(第2号 3月12日)

また、日産車体の公害問題があったことと重なり、昭和46年に都市計画法都市計画区域住居地域の用途指定がされました。  また、昭和48年12月に建ぺい率50%、容積率80%の設定の以後に一区画一戸との申し合わせがあったようですが、同じ栄地区の同じ宅地で一部において、建ぺい率80%、 容積率200%の異なるところもあります。

大山崎町議会 2010-06-11 平成22年第2回定例会(第3号 6月11日)

現在のところ、新駅計画地周辺は、大山崎町及び長岡京市とも地域地区計画住居地域等で、高度・建ぺい率及び容積率等の整合が図られておりますが、今後、新駅周辺の整備計画が具体化されていく中で、それに伴う都市計画について、長岡京市地域と整合が図れるように、長岡京市や府、及び関係機関と協議しつつ検討してまいりたいと考えているところでございます。  

木津川市議会 2008-12-15 平成20年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2008年12月15日

地区計画でもって市街化整備をするということで、いわゆる準工業地域に22.8ヘクタール住居地域に0.3ヘクタール、合わせまして23.1ヘクタール、これ、市街化に編入しているわけです。  このことにつきましては、私も再三、旧山城町のときにも2回ほど一般質問をしました。市になりましてからも質問させていただきました。

  • 1