運営者 Bitlet 姉妹サービス
6343件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-25 木津川市議会 平成30年第4回定例会(第7号) 本文 開催日:2018年12月25日 ──────────────────────── ◯議長(高味 孝之) 日程第3、議員定数及び議員報酬検討特別委員会の調査研究結果報告についてを議題といたします。  議員定数及び議員報酬検討特別委員会については、調査研究結果が終了し、お手元に配付いたしましたとおり、報告書が提出されております。  本件について、委員長の報告を求めます。  倉克伊さん。     もっと読む
2018-12-20 八幡市議会 平成30年12月20日都市環境常任委員会−12月20日-01号 一番に農家が活用を望んでいますので、何かしら支援して、研究もしていただけたらと思います。  以上です。 ○鷹野雅生 委員長  ほかにありませんか。  岡田委員。 ◆岡田秀子 委員  では1点だけお伺いします。先ほども議論の中に入っていたプラスチックごみの件であります。 もっと読む
2018-12-19 城陽市議会 平成30年第4回定例会(第4号12月19日) ○小池学まちづくり活性部参事  まずは、平成28年5月に策定いたしました東部丘陵地整備計画見直し版におきましては、中間エリアのゾーニングとして、学研都市との連携、研究業務機能や多様なものづくり工業機能の誘導が期待できる研究業務ゾーン、また地域特産品などの流通販売を初め、地域の産業振興に寄与するような産業拠点づくりを目指す産業振興ゾーンなどを設定しているところでございます。 もっと読む
2018-12-19 八幡市議会 平成30年12月19日文教厚生常任委員会−12月19日-01号 児童が専門的な指導を受けることで、より意欲的に学習することや、専科教員の授業を公開して、ほかの教員などがその授業を見て、授業研究をしたり、校内で研修に取り組むことにより、担任や学校全体の指導力を高めることも可能ではないかと考えております。専科教員については、児童の発達段階や状況に応じて配置することが望ましいと考えておりますので、国や府に対して、今後も要望してまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-12-18 木津川市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年12月18日 トイレの状況と子供の排せつと健康についての研究があります。ある研究では、排せつは児童の日常生活における主な健康管理指標の一つである。日々支障のない排せつは、小児の身体面のみならず精神衛生面にも大きな影響を与えていると述べております。この問題を放置するということは、許されないと考えます。   もっと読む
2018-12-17 長岡京市議会 平成30年議会運営委員会(12月17日) 、不在者投票みたいなんがあるのかどうか、ちょっと研究といいますか。 もっと読む
2018-12-17 城陽市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月17日) 今後またふえるのは予測しておりますので、それはそれでさらに研究してまいりたいと思っております。 ○増田貴議長  本城議員。 ○本城隆志議員  私1人の考えだったら、それやったらというか、私の情報は新聞とか、あるいは週刊誌とか、あるいはテレビなんかの情報が中心ですけども、それやったらコメンテーターがそういう話をしないと、ということになりますけど。 もっと読む
2018-12-14 木津川市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月14日 その後、どう研究して検討したのか、また、府が策定されたことから市としてどう取り組むのか、お伺いします。 ◯議長(高味 孝之) 健康福祉部長。    (健康福祉部長 大西 寛典君登壇) ◯健康福祉部長(大西 寛典) おはようございます。健康福祉部長でございます。  炭本議員の御質問にお答えいたします。   もっと読む
2018-12-14 福知山市議会 平成30年第6回定例会(第4号12月14日) また、学校運営にかかわる業務としましては、職員会議等の会議、各種調査への回答、給食費等の集金、校内研修や研究会等があります。また、そのほかにも、保護者への対応やPTA活動、地域対応など、さまざまな業務がありまして、教職員が多忙をきわめている現状があります。 ○(大谷洋介議長)  田渕裕二議員。 もっと読む
2018-12-13 木津川市議会 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月13日 2点目については、関西文化学術研究都市のまちづくりを推進していることから、国土交通省・京都府などの関係機関や都市再生機構から土地を譲り受けた方などの地権者とも連携をし、新たな施行主体による早期の事業化に向けた取り組みを進めてまいりたいと考えております。  2つ目について、現時点では、都市再生機構から土地を譲り受けた方が、今後、検証・検討されるものと考えております。   もっと読む
2018-12-13 福知山市議会 平成30年第6回定例会(第3号12月13日) 議員さんもおっしゃいました、全国知事会におきましては、沖縄県を初めとする在日米軍の基地にかかる負担の状況を、基地などの所在のあるなしにかかわらず、広く理解して、都道府県の共通理解を深めることを目的に、米軍基地負担に関する研究会が設置をされまして、研究が進められてきたというふうに伺っております。 もっと読む
2018-12-13 長岡京市議会 平成30年建設水道常任委員会(12月13日) それをもうちょっと研究を深めて、ものになるようにという思いはあるんやけど、そういう期間がなさ過ぎるので、そういうことが無理だろうし、歩行者の関係、当然出てくるしね、歩きやすいまちの関係。 もっと読む
2018-12-12 福知山市議会 平成30年第6回定例会(第2号12月12日) ○(桐村正典産業政策部長)  三つのワーキンググループにつきましては、実行委員会の中に組織しているものでございまして、まず一つ目の誘客宣伝、おもてなし、ワーキンググループにつきましては、観光協会や商工団体、歴史研究団体、ガイド団体などで構成しておりまして、福知山市の情報発信や観光客の受け入れ体制の充実を図るために設置しているものでございます。   もっと読む
2018-12-12 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月12日-05号 それともう一つは、アンバサダーの関連についていえば、さきの答弁でも、一つの自治会を含めた組織で広がることも一つの前提ではありますけれども、現実に今までの研究の中でいえば、情報無関心層に届かない。 もっと読む
2018-12-11 城陽市議会 平成30年建設常任委員会(12月11日) 次に、(2)農業者と商工業者の連携した取り組みの推進については、まず1つ目、先ほど課題でも述べたとおり、本市には、小規模農業者が多く、単独で2次、3次産業を統合することが困難な農業者が多いことから、農業者と商工業者が連携し、お互いのノウハウを生かした取り組みを促進するということ、2つ目に、さらに一歩進んだ取り組みとして、農業者と商工業者のみではなく、研究機関や地域団体等との連携、協力を通じた事業を推進 もっと読む
2018-12-11 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月11日) また、本市の教育支援センターの情報教育研究部門における実績や研究体制、成績処理ソフトの企業との共同開発実績などにつきまして、LINE株式会社から高い評価もいただいたところであります。  その後、プログラミング教育につきましての協業を御提案いただきまして、お互いの考えが一致し、今回の協定を締結する運びとなった次第であります。   もっと読む
2018-12-10 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月10日) 東京都荒川区を対象に首都大学東京福祉学部が行った研究「都市部に居住する閉じこもり高齢者の特性とまちづくりに関する考察」では、閉じこもり高齢者群の状態像は、関節の疾患やつえの使用等があり、歩行能力の低下が伺えたこと、外出頻度に影響を与えるものとして、エレベーターの設置と屋外では歩行中の休憩場所としてベンチの必要性が示され、高齢者の外出頻度を維持し、外出行動の活性化を図るには疲労の軽減、休憩場所の確保が もっと読む
2018-12-10 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月10日-04号 また、小学校英語部会では、年間指導計画を作成し、授業研究で効果的な指導方法について研究を進めております。各部会の研究成果は、各校に配付して活用しております。  小学校の外国語については、平成32年度の教科化に向け、今年度から年間35時間の外国語活動に、総合的な学習の時間から15時間を外国語活動に加え、年間50時間として実施しております。 もっと読む
2018-12-07 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月07日-03号 また、音声コードの導入におきましては、検針票システムの改修が必要となりますことから、費用対効果や近隣市町の状況も踏まえて、調査研究してまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-12-05 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月05日-02号 昨年11月10日に、公明党京都府本部主催の文化フォーラムで、講師としてお越しいただいた京都大学の本庶佑高等研究院副院長・特別教授が、本年10月1日にノーベル生理学・医学賞を受賞され、うれしいニュースが駆けめぐりました。本庶教授の研究をもとに開発された革新的ながん治療薬オプジーボの誕生を主導され、難治がん患者には大きな希望になりました。 もっと読む