218件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

向日市議会 2021-06-16 令和 3年第2回定例会(第4号 6月16日)

こうしたことを踏まえ、子ども子育て支援法に基づき、令和2年3月に改定しました第2期向日市子ども子育て支援事業計画におきまして、基本施策の1番目に子ども人権を守る体制づくりを位置づけ、子どものための相談支援体制充実子ども人権を尊重する意識の啓発に取り組んでいるところでございます。  

木津川市議会 2021-03-16 令和3年第1回定例会(第6号) 本文 開催日:2021年03月16日

担当課窓口での複雑で多様化した相談に対しまして、断片的な捉えではなく、庁内連携による包括的な相談支援体制構築に向け取り組んでいきます。  以上でございます。 ◯議長山本 和延) 河口さん。 ◯18番(河口 靖子) それでは、再質問させていただきます。  今、答弁いただきました。

木津川市議会 2021-03-11 令和3年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2021年03月11日

(4)不妊症・不育症相談支援体制は。  よろしくお願いいたします。 ◯議長山本 和延) 健康福祉部長。    (健康福祉部長 大西 寛典君登壇) ◯健康福祉部長大西 寛典) おはようございます。健康福祉部長でございます。  柴田議員の御質問にお答えいたします。  

舞鶴市議会 2021-03-09 03月09日-03号

福祉部長藤澤努) 体調や精神面での不安を抱えながら、お独りで暮らしておられる高齢者にとっては24時間365日の相談支援体制をできるだけ早期に整えることは、大変重要であるというふうに考えております。御本人や御家族関係者とともに協力員を見つける努力をする一方で、同時進行での設置の手続ができるよう対応してまいりたいというふうに考えております。 ○議長山本治兵衛) 川口孝文議員

八幡市議会 2021-03-03 令和 3年第 1回定例会-03月03日-03号

障害福祉につきまして、令和3年度からスタートする第6期障がい福祉計画、第2期障がい児福祉計画に基づき、地域生活支援拠点中心とした相談支援体制充実など障害者福祉のさらなる推進に取り組むということですが、障害者福祉に関して目指すところはどんなところで、現在はどのような位置にあると認識されているのですか、教えてください。  施政方針の中で、超スマート社会ソサエティ5.0について触れられています。

城陽市議会 2021-02-26 令和 3年福祉常任委員会( 2月26日)

第8節、第5期障がい福祉計画・第1期障がい児福祉計画からの主な変更点ですが、国の基本指針に基づき、相談支援体制充実強化について、障がい福祉サービス等の質を向上させるための取組に関する体制構築について、発達障がい者等家族等に対する新たな支援体制についてを新たに計画へ反映しています。  次に、少し飛びまして11ページ、第3章をお願いいたします。城陽市における障がい者の状況でございます。

長岡京市議会 2021-02-26 令和 3年第1回定例会(第2号 2月26日)

さきの議会で、同僚の住田議員PCR検査を含む医療機関への支援連携、そして広垣議員が、事業者営業補償支援等に関して取り上げてきていますので、ここでは引き続き、市民生活における生活困窮への相談支援体制抜本的強化について、改めて求めたいと思います。  2月14日付の京都新聞社説で、「公助の機能を弱めるな」と題する主張が掲載されました。

八幡市議会 2021-02-26 令和 3年第 1回定例会-02月26日-01号

障害福祉につきましては、令和3年度からスタートさせます第6期障がい福祉計画、第2期障がい児福祉計画に基づき、地域生活支援拠点中心とした相談支援体制充実など、障害者福祉のさらなる推進に取り組んでまいります。  人生100年時代が到来し、AIやIoTなどによる超スマート社会ソサエティ5.0)に向けて社会が大きな転換点を迎える中、生涯学習の重要性は一層高まっております。

八幡市議会 2020-12-11 令和 2年第 4回定例会−12月11日-03号

独り親家庭相談支援体制強化事業についてでございますけれども、補助対象コールセンターの開設やタブレット端末等購入費用とされておりますが、本市では子育て支援課に専任の母子・父子自立支援員を配置し、独り親家庭相談に当たっておりますことから、現在のところ補助金を活用した新たな相談体制整備は必要ないものと考えております。

八幡市議会 2020-12-09 令和 2年第 4回定例会−12月09日-02号

具体的には、1つ目相談支援は、包括的な相談支援体制として属性や世代を問わない相談の受け止め、多機関協働をコーディネート、アウトリーチ実施2つ目参加支援は、既存取組を活用し、既存取組では対応できないはざまのニーズにも対応。例えば世帯として経済的な困窮状態ではないが、子がひきこもりである。就労支援や見守り、居住支援など本人世帯に寄り添い、社会とのつながりを回復支援など。

京都市議会 2020-12-01 12月01日-03号

コロナ禍にあって,孤立防止のためには,人と人とがつながる継続した地域活動と,必要な施策につなげる相談支援体制の確保がますます重要となってまいります。こうした中,地域活動を担っていただいている民生児童委員老人福祉員社会福祉協議会すこやかクラブなどの皆様には,感染予防策を徹底のうえ,できる限りの活動をしていただいております。 

城陽市議会 2020-09-28 令和 2年第3回定例会(第5号 9月28日)

この事業につきましては、介護、障がい者福祉子育て生活困窮、これらの相談支援に関する事業を一体として実施をしまして、断らない相談支援体制これを市町村で構築をする。それとともに、新たに参加支援、そして地域づくり支援、こうした取組を追加で行うこと、これが要件となっているものでございます。

木津川市議会 2020-09-15 令和2年第3回定例会(第4号) 議事日程及び一般質問表 開催日:2020年09月15日

     │ ├──┼─────────┼───────────────────────────┤ │ │ 森 本   隆 │1) 新型コロナウイルス感染症対策は万全か(パート2) │ │  │         │2) デジタル・トランスフォーメーション(DX)を推進せよ│ ├──┼─────────┼───────────────────────────┤ │ │ 柴 田 はすみ │1) 包括的な相談支援体制

木津川市議会 2020-09-15 令和2年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2020年09月15日

「包括的な相談支援体制構築を」と題しまして、我が国では、少子高齢化人口減少が進む中、家族雇用形態多様化地域社会結びつき希薄化が同時に進行しています。そのような中、個人や家族が抱える生きづらさやリスクが複雑化し、現在、大きな問題になっている80代の親が50代のひきこもりの子供を養う、いわゆる「8050問題」、介護子育てを同時に担う「ダブルケア」、ごみ屋敷虐待孤独死などです。  

舞鶴市議会 2020-09-14 09月14日-02号

平成28年6月に閣議決定した「ニッポン一億総活躍プラン」において、地域共生社会の実現が盛り込まれて以降、子供高齢者障害者の全ての人々が、地域・暮らし・生きがいを共につくり高め合うことのできる社会をつくるための包括的な支援体制整備構築に努められているところであり、本市におきましても平成31年3月に制定された第4期地域福祉計画において、包括的な支援体制整備を図るため、「多機関協働により包括的な相談支援体制