4256件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

京丹後市議会 2020-02-19 令和 2年議員全員協議会( 2月19日)

観劇会というのはそのものですし、今回問題に指摘されたのは総会ですから、つまり市政報告なり、講演会、そして、その後の意見交換という目的がはっきりしておりますので、単に食事の提供ということではなく、そういった政治活動の中の目的、総会、後援会の規約定款に基づいた事業を行うものですから、はっきり明記してありますので、それについては違法性はないというのが弁護士の見解と伺っております。

京丹後市議会 2020-01-16 令和 2年産業建設常任委員会( 1月16日)

○(池田委員) 騒音ではなくて、グリーンバイオの設立の目的に沿っていればいいのですが、幾ら会社が赤字を出そうと市としては補助金を出して、その目的に沿った事業をしてもらって達成ができておればいいわけですよね、どのような手法をされているかは別で。  それで目的としては6項目あるのですが、部長の感覚では、大体全てこの目的が計画どおりに達成できているという認識でよろしいのですか。

京丹後市議会 2019-12-20 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第5日12月20日)

旧丹後町時代の昭和53年に町内に居住する高齢者に対して心身の健康の保持に資するために、総合的に供与するということを設置目的として開設をされている。開設当時は、旧丹後町社会福祉議会委託する形での運営であったが、合併後の平成18年9月から指定管理者制度に移行した。施設の運用状況は、貸し館業務のほかに温泉施設としても運営を行っている。

城陽市議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(資料等12月20日)

                                     │ │                  記                  │ │                                     │ │                                     │ │   1 令和元年度京都府議会市町村議会副議長合同研修会       │ │    (1)派遣目的

城陽市議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第6号12月20日)

法に照らしても、もとのように基金ごとに条例を立て、特定の基金の設置目的を改正すべきとの指摘に、市は、一本化に当たっては、府と協議を行い、了解を得ている。一括条例の見直しを否定はしないが、現時点では考えていないと理解を求めました。  このほか、 o 今後、老朽化する公共施設の維持・管理に多くの費用を要する。基金の積み立て方法の検討を との要望がありました。  

南山城村議会 2019-12-17 令和元年第 4回定例会(第3日12月17日)

このように地方自治体として、住民の福祉向上という大目的に照らして、これにそぐわない状況を放置させないためにも、今後、南山城村では村の求める多くの条件を満たした発電設備設置事業のみが許されるという内容。  協定条件に違反した場合には、村に中止命令権や罰則規定があるなどの条項が設けられた条例が必要である。この意義を受けとめ村長にはぜひ早急に条例を制定していただくよう請願いたします。  

城陽市議会 2019-12-17 令和元年第4回定例会(第4号12月17日)

小学校に入学したばかりの1年生が集団行動がとれなかったり、あるいは授業中に集中できないなど、いわゆる小1プロブレムが全国的にも課題となっている中で、本市では育ちと学びの連続性を踏まえた幼児教育と小学校教育との円滑な接続を目的といたしまして、城陽市保幼小連携推進会議を設置しているところでございます。

京丹後市議会 2019-12-16 令和元年基地対策特別委員会(12月16日)

防衛局としては、その三角地の提供が円滑な車両入門を確保する、交通安全に資するという目的だったので、米側に提供したということですから、その趣旨に沿って、可能な限り早期に整備が行われるよう、米側に求めていると説明を受けて、私どももそのとおりに認識しておりますので、早期にそういった安全確保が図られるようにという思いで、同じ考えでおります。 ○(櫻井委員長) 吉岡委員。

城陽市議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第3号12月13日)

そこで、このライブカメラはどのような目的で設置されているのですか。 ○熊谷佐和美議長  森島部長。 ○森島正泰都市整備部長  木津川のライブカメラにつきまして、これは河川管理用に設置されており、河川流量等の状況監視のために使用されているものでございます。 ○熊谷佐和美議長  土居議員

福知山市議会 2019-12-13 令和元年第5回定例会(第4号12月13日)

就学援助は、学校教育法第19条に基づいて、経済的理由によって就学困難な児童・生徒に対して、教育の機会均等の精神に基づき、全ての児童・生徒が義務教育を円滑に受けることができるように、学ぶ権利保障することを目的に実施されております。その内容は、小・中学校に在籍している児童・生徒で、その保護者が要保護、これは生活保護を受給されている方です。

京丹後市議会 2019-12-12 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第4日12月12日)

また、逆に中学生にとっては、小学生を迎える準備をすることで、次年度からの先輩としての自覚を高めることなどを目的として実施をしています。また、この小学校の部活動体験については、小中一貫教育目的である中1ギャップの解消の1つの取り組みとなりますが、具体的なことにつきましては、各学園で取り組みを進めていただいているという状況です。 ○(松本聖司議長) 櫻井議員

城陽市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第2号12月12日)

○薮内孝次教育部長  公民館につきましては、市町村その他一定区域内の住民のために、実際生活に即する教育学術及び文化に関する各種の事業を行い、もって住民の教養の向上、健康の増進、情操の純化を図り、生活文化の振興、社会福祉の増進に寄与することを目的とすると、これは社会教育法に規定されているものでございます。  

福知山市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2号12月11日)

○(大橋一夫市長)  事業棚卸しは、これまでの事業のあり方、考え方をゼロベースで振り返り、事業目的を再確認した上で、事業の課題を明らかにし、実施手法等の見直しを行うことで、効率的・効果的なものにつくり変えることを目的に実施をいたしたところでございます。  平成28年度から令和元年度までの4カ年で、全1,123事業の棚卸しが完了したところでございます。