43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡京市議会 2021-03-09 令和 3年予算審査常任委員会第1分科会( 3月 9日)

今後、改修計画を立てて、改修設計改修工事として、病院移転後には仮校舎として使うという予定で、準備をされているところでございます。  具体的な使用条件については、まだ検討段階ということでございまして、府教委検討結果を待って、長岡京市、それから済生会病院協議をするということでございます。

長岡京市議会 2021-03-01 令和 3年第1回定例会(第3号 3月 1日)

本市の将来を考えれば、新庁舎建設済生会京都病院移転支援、双方とも大変重要であり、私も思いは同じであります。  市長は当初予算所信表明で、新型コロナウイルス感染症対策を最優先に考えながら、市民の安心・安全を確保し、暮らしを支える関連事業を重点的に予算化したと述べられておられました。  

大山崎町議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第2日 3月 4日)

次に、(2)済生会京都病院移転を見通した既存バス路線の維持と拡充についてであります。  済生会京都病院移転につきましては、新聞報道でもありましたとおり、阪急西山天王山駅近くの長岡京下海印寺移転するため、本年5月に新病院建設を初め、令和4年の秋に開院を目指しておられるところであります。  

長岡京市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5号 3月22日)

済生会病院移転への支援については、済生会計画自体変更が見込まれることや、ランニングへの支援が、市の見込んでいる金額でおさまる保証がないことがわかりました。今後、市としてきめ細かい協議を行い、市民の期待に応える病院となるよう求めます。  以上、指摘を行いまして、第23号議案への討論といたします。 ○(福島和人議長) 冨岡浩史議員。                

長岡京市議会 2019-03-04 平成31年建設水道常任委員会( 3月 4日)

浜野利夫委員  ちょっとお聞きしておきたいんですけれども、今、済生会病院移転の分が軸というふうに言われたかと思うんですけど、立地適正化誘導都市機能誘導ということで、これ以外のことを考えられている計画としては、今のところはないということなんでしょうか。 ○八木(篤)まちづくり政策室長都市政策監  御質問は、別の都市再生整備計画の案があるかどうかということでしょうか。

長岡京市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2号12月10日)

また、済生会京都病院移転する予定下海印寺下内田土地区画整理事業では、組合が設立されるなど、平成34年の病院移転に向けて進んでおり、交通結節点事業の効果があらわれているのではないかと思ってはおります。  そこで、質問の1点目でありますが、今までの事業について、市としての評価はいかがなのでしょうか、お聞かせください。  

長岡京市議会 2018-03-09 平成30年予算審査常任委員会第2分科会( 3月 9日)

主な内容は、庁舎周辺地域済生会病院移転に伴う都市計画変更業務に係る委託料487万円であります。その他はほぼ例年並みの計上となっております。都市機能の再創造の立地適正化計画事業は、9万6,000円を計上し、対前年度比556万6,000円の減であります。平成30年度は策定した案をもとに関係機関協議を職員で行うことから減額となったものであります。  

長岡京市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第2号 2月28日)

まず1つ目の大きな柱として、地域医療ビジョン済生会京都病院移転計画についてお聞きをいたします。  ①として、地域医療ビジョンの反映について。  本市地域医療ビジョンは今年夏ごろ策定の予定で、現在パブリックコメントを実施されています。片や、済生会京都病院移転新築計画についても、今年7月末ごろまでに基本計画基本設計が策定される予定となっています。

京田辺市議会 2016-03-02 03月02日-03号

救急需要増加に対する応需体制と、第2岡本総合病院移転に伴う影響などについて問う。順位6番 増富理津子         (日本共産党京田辺市議会議員団)1 障がい者施策について   (1)手話言語として認め、聴覚障がい者が暮らしやすい社会づくりの取り組みと、手話言語条例の制定の推進を。   (2)障がい者が安心して生活が送れるよう、日常生活用具給付項目の見直しと給付条件の緩和を。   

宇治市議会 2016-02-26 02月26日-03号

地域農業茶業の振興についてですが、徳洲会病院移転建設に伴い、農振地域が6ヘクタール減少し、農地が減りました。それに伴う農業生産額減少分を回復するための策を講じるということになっていましたが、特段予算化がいまだにありません。この約束ほごの状態が続いています。直ちに施策を具体化すべきであります。 安倍政権下で農政の大転換、農業潰しの大改悪が行われました。

宇治市議会 2015-09-29 09月29日-05号

また、病院移転後の跡地利用はどのようにお考えかお伺いをいたします。 次に、救急医療についてであります。第二岡本総合病院移転に伴い、宇治市内における入院ベッド数が419床減るとともに、市内での救急出動平成26年実績で8,394件であり、そのうちの救急搬送の約3分の1の受け入れを第二岡本総合病院がやってもらっています。