349件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

向日市議会 2020-03-17 令和 2年第1回定例会(第4号 3月17日)

検討委員会では、年金の大幅削減、医療介護の負担増と給付削減、病床淘汰の推進、保育予算の削減など、全世代にわたり制度改悪の痛みを押しつける内容となっています。  全世代社会保障のこの重点は、医療介護の負担増です。介護サービスの利用料について、財務省財政制度審議会財政審議会)では、原則1割を2割に引き上げることを念頭に、段階的な負担増を行うよう提案をしています。

八幡市議会 2020-03-06 令和 2年第 1回定例会-03月06日-03号

厚生労働省の方で指定されているわけですけれども、その中でも感染症病床を持っている病院が6病院ございます。その病院を言いますけれども、京都山城総合医療センター、京都木津川病院、南京都病院等がございます。ただし、これは入院ができる病院でございまして、京都府から検査ができる病院として報告をされているものではございませんので、それは先ほどの答弁どおりでございます。

京丹後市議会 2019-12-11 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第3日12月11日)

○(上田医療部長) 今回の病院名公表の背景には、国おいては2025年度の医療需要と病床数の必要量の適正化を図り、目指すべき医療提供体制を実現することを地域医療構想として進めているところでありながら、地域医療構想による病床削減が思うように進んでいないという点が上げられています。

福知山市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2号12月11日)

厚生労働省は、病床削減を進めるため、全都道府県に策定をされた地域医療構想を再検証し、公表した424の公立・公的病院の扱いを、2020年9月までに取りまとめるように求めています。厚生労働省はこれまでも医療費を削減するために、病床削減を行ってきましたが、思うように進まず、今回、強攻策として名前の公表を、地域の実情を顧みず、一方的に行いました。  

福知山市議会 2019-10-23 令和元年第4回定例会(第7号10月23日)

そのため、今後も患者数の確保、病床の効率的運用、新たな施設基準の取得などにより、収入を確保するとともに、市民の皆さんが当院で安心して質の高い医療が受けられるよう医療供給体制を充実し、健全経営を継続したいとの答弁がありました。  他に、外部人材の活用、竜王戦開催の市民への効果補助金等の支給基準、ごみ減量化の取り組み、地域議会の設置などを問う総括質疑も行われました。  

向日市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第5号 9月26日)

一委員より、介護医療院への転換整備について質疑があり、向日回生での介護療養型病床が、長期の療養が必要な方への個室化などを図り、介護医療院に転換するものであり、50名の方が引き続き利用できることとなるとの答弁がありました。  採決の前に、一委員より、介護保険には問題があるが、今回は現状とあまり変わらなくするとのことなので賛成するとの意見がありました。  

京丹後市議会 2019-09-13 令和元年第 4回定例会(9月定例会)(第4日 9月13日)

その辺のところにつきましては、昨年度も弥栄病院病床の変更なども行ったようなこともあるのですが、在宅との関係ですとか、そういったあたりのいわゆる収益についての構造を変えるというようなことも考えていきながら、経営を見直していかなければいけないかなというふうに考えています。 ○(松本聖司議長) 浜岡議員

精華町議会 2019-09-09 令和元年度 9月会議(第3日 9月 9日)

当時、約1億4,000万ほど一般会計から繰り入れをしていたわけでありますけれども、それがどうしても予算編成もできないような窮する町の状況から、医療法人に任そうやないかというやっぱりことの中で、管理職の職員の皆さんが外交し、いろんな誘導をしてくれたわけでありますけれども、結果的には、大きな投資、あるいは場所をかえて病床数を増やす。

京丹後市議会 2019-09-02 令和元年予算決算常任委員会( 9月 2日)

29年に改革プランが策定された中で、弥栄病院、久美浜病院ともこの指標が経常収支比率、それから病床利用率、どちらも目標に達していないわけですが、その要因、総括をどうされているのか。  それから、職員給与比率は、弥栄病院は大幅に上がっていますが、これは収益が下がれば上がってくるので、当然かなと思いますが、弥栄が大分給与比率が下がっていますが、この要因がわかれば説明願いたい。  

福知山市議会 2019-07-05 令和元年第3回定例会(第5号 7月 5日)

次に、議第20号の大江分院の病床数が4床減る理由を問う質疑があり、京都府保健医療計画に基づいて本院の結核病床を4床減らすこととなった。それに伴い、一般病床を大江分院から本院に4床移すこととした。昨年度の一般病床の平均稼働率が本院で94%、大江分院で82%であった。本院の一般病床が比較的不足しているため、市民病院全体で限られた病床数の有効活用を図るものであるとの答弁がありました。  

京丹後市議会 2019-06-18 令和元年文教厚生常任委員会( 6月18日)

2ページの左側の真ん中あたりにチェックがあり、「京都府が策定した地域医療構想では、病床数を変更しない流れだった。国から見たらこうかもしれないが、医師が何人と言われても、京丹後市は広範囲であり、その点は考慮されているのかという中で、地域医療構想での適材配置を見た上で、医師が適切に配置されるかを検討しなければいけない。」

福知山市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第1号 6月13日)

議第20号、福知山市病院事業の設置等に関する条例の一部改正につきましては、京都府医療審議会において病床数の見直しについて審議され、決定されたことに伴い、所要の規定の整備を行うものでございます。  議第21号、福知山市バス運行事業に関する条例の一部改正につきましては、篠山市が丹波篠山市に市名変更したことに伴い、所要の規定の整理を行うものでございます。  次に、その他の案件について申し上げます。  

京丹後市議会 2019-03-28 平成31年第 1回定例会(3月定例会)(第5日 3月28日)

財政安定化支援事業繰入金は、低所得者が多い割合、それから病床数が多くて、高齢者が多く、医療費が高い市町に対して繰り入れが認められているものが、平成30年度であると、7,150万円、これらがいわゆる法定分ということである。法定外として、子育てであるとか、障害者福祉医療であるとかの地方単独事業に該当するものが、平成30年度予算額で約4,500万円である。  

福知山市議会 2018-12-26 平成30年第6回定例会(第5号12月26日)

4.費用削減を目的とした病床削減は行わず、地域医療に必要な病床機能を確保すること。  2 請願議決理由  本委員会は、当請願に関し12月17日に委員会を開催し、慎重に審査した結果、次の結論に達した。  採択とする討論  ・なし  不採択とする討論  ・意見書の提出を求める項目は、どれも人員の増員を求めることにつながるものである。

福知山市議会 2018-12-13 平成30年第6回定例会(第3号12月13日)

また、差し押さえなどの収納対策の強化、病院統廃合や病床削減による医療費削減なども推進するとしております。都道府県市町村のこれらの取り組みを政府が採点を行いまして、成績のよい自治体には予算の重点配分をする保険者の努力支援制度も導入されたところであります。  こうした政府のやり方を一緒になって推進するのか、住民を守る防波堤となるのかが、自治体の役割として問われているところでございます。

福知山市議会 2018-12-12 平成30年第6回定例会(第2号12月12日)

たんの吸引や胃ろうなどの医療的ケアが要る家族介護負担の軽減をするため、京都府では2018年度、空き病床を利用して短期入所を行う医療機関向けの補助制度を創設しており、家族を支える環境を整えていくということが、高齢者介護と同様、大事になってくると思われます。  在宅での生活の中で、医療的ケアが必要な子どもへの訪問看護や家族介護者のケアについての支援の概要をお聞かせください。

南山城村議会 2018-12-10 平成30年第 4回定例会(第2日12月10日)

先ほどの老健等とのどう違うんかということでございますけれども、これも要介護の中にもⅠ型とⅡ型ということがありまして、いずれも介護保険法が設置根拠でございますけれども、重篤な身体疾患を有するもの及び身体合併症を有する認知症高齢者等については1型ということで、これまでございます介護療養病床相当の者を指すということでございます。