32件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

精華町議会 2020-06-03 令和 2年度 6月会議(第1日 6月 3日)

次に、生産革命実現に向けた固定資産税特例措置につきまして、わがまち特例として特例割合をゼロと定めまして、内容の拡充と延長に対する改正でございます。  以上2点が固定資産税関連でございまして、次に軽自動車関連でございますが、軽自動車税環境性能割臨時的軽減を令和3年3月31日まで6か月延長するものでございます。  

京都市議会 2019-10-30 10月30日-05号

平成30年度,安倍政権は,持続的な経済成長のため,人づくり革命及び生産革命実現により成長率の引上げを進めるとともに,成長分配経済の好循環拡大を目指した経済政策を進めました。京都市もこうした政権動きに歩調を合わせ,高い水準を維持している雇用情勢,好調な観光消費を背景に,京都経済を更に活性化するため,市内中小企業の下支えと成長支援する取組を進められました。

城陽市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第1号 2月25日)

財政面を見ますと、閣議決定された経済財政運営改革基本方針2018において、政府は、少子高齢化という最大の壁に立ち向かい、持続的な経済成長実現していくため、人づくり革命及び生産革命実現拡大し、潜在成長率引き上げを進めるとともに、成長分配経済の好循環拡大を目指すとされており、本市においても、国の政策を踏まえた取り組みを推進してまいります。  

宇治市議会 2019-02-20 02月20日-01号

そのような中でも、「経済再生なくして財政健全化なし」を基本に、持続的な成長経路実現に向けて潜在成長率引き上げるため、経済財政運営改革基本方針2018に基づき、幼児教育無償化を初めとする人づくり革命の推進や第4次産業革命技術革新等を通じた生産革命実現に最優先で取り組まれるとともに、本年10月に予定される消費税率引き上げに伴う対応については、引き上げ前後の消費平準化に向け、あらゆる施策

京都市議会 2018-10-25 10月25日-07号

平成29年度,安倍政権は,経済成長軌道を確かなものとし,持続的な経済成長を成し遂げるため,生産革命人づくり革命を車の両輪とする新しい経済パッケージを策定し,一億総活躍社会実現に向けて,着実に取組を進めました。京都市もこうした政権動きと連携し,景気回復の実感を市民,市内中小企業にしっかりと行き渡らせるよう,京都経済の更なる活性化を進められました。

京丹後市議会 2018-06-29 平成30年第 3回定例会(6月定例会)(第5日 6月29日)

固定資産税のわがまち特例では、生産革命集中投資期間の中で、中小企業設備投資を後押しするものとして評価できる。また、再生可能エネルギー設備特例区分がこれまでより明確になった部分は評価ができる。今回の税改正については、現在の政治色を強く反映しており、フリーランスや高度プロフェッショナルなど恩恵が限定的であるのはいかがなものか。  意見。

城陽市議会 2018-06-28 平成30年第2回定例会(第6号 6月28日)

また生産革命、集中投資期間中の臨時異例措置として、地域中小企業設備投資促進のため、生産性向上特別措置法規定で、市町村が主体的に作成した計画に基づき行われた、中小企業一定設備投資固定資産税をゼロにする3年間の特例措置があり、市内中小業者2,500が対象とのことでした。固定資産税特例措置を設けることで各種補助金優先採択支援が受けられますので、賛成とします。

精華町議会 2018-06-22 平成30年度 6月会議(第6日 6月22日)

生産革命実現に向けた中小企業設備投資支援については、中小企業支援は当然必要なことではあるが、この議案の措置では要件を満たす一部優良企業に限定されてしまわないか。全ての中小企業支援が進められる対策こそ必要で、今回の税制改定では不十分である。  賛成討論です。町民税の見直しは、高額所得者へは増税となるが、普通の給与所得者や低所得者層への影響はない。

京丹後市議会 2018-06-19 平成30年総務常任委員会( 6月19日)

固定資産税のわがまち特例ということで、生産革命集中投資期間の中で、中小企業設備投資を後押しする形で、生産性向上特別措置法に基づき、固定資産税特例を設けるとしている。京丹後市では特に地域経済を支えるという中で、最大特例を設けることとしている点については、中小企業への投資の後押しとして評価できる。  

城陽市議会 2018-06-15 平成30年建設常任委員会( 6月15日)

これは、中小企業生産革命実現のため、市区町村認定を受けた中小企業設備投資固定資産税減免等によって支援するもので、市区町村において導入促進基本計画を策定し、国の同意を受けるとともに、市税条例改正により特例を設ける必要がございます。  それでは、支援の概要についてご説明をいたします。  

八幡市議会 2018-06-14 平成30年第 2回定例会−06月14日-03号

1990年代、バブル崩壊による不良債権日本経済に深刻な悪影響を与えるといち早く警鐘を鳴らす一方、2017年の訪日外国人旅行者インバウンドが2,800万人を超えた政府観光戦略一定のビジョンを与えたイギリス人のデービット・アトキンソン氏は、「新・生産性立国論」で、本当に必要な生産革命とは、人口減少を真正面から解決する強固な意志だと言われています。

舞鶴市議会 2018-06-13 06月13日-02号

また、今年度からは、国が平成30年度から32年度までの3年間を中小企業生産革命集中投資期間と位置づけ、先般、生産性向上特別措置法が施行されたところでありますので、市といたしましては、この法律に基づき導入促進基本計画を策定し、舞鶴商工会議所金融機関等と連携しながら、中小企業の「稼ぐ力」を向上させる取り組みを今後とも推進してまいりたいと考えております。 

城陽市議会 2018-06-12 平成30年総務常任委員会( 6月12日)

要綱の4つ目でございますが、地方税法の一部改正に伴い、生産革命集中投資期間中における中小企業生産革命実現するための臨時異例措置として、生産性向上特別措置法規定により、市が主体的に作成し、国から認定を受けた導入促進基本計画に合致するとして、市より認定を受けた先端設備導入計画に基づき、中小企業が取得する一定設備投資につきましては、課税標準特例割合をゼロとする規定を設けるものでございます

精華町議会 2018-06-07 平成30年度 6月会議(第1日 6月 7日)

生産革命実現に向けた中小企業設備投資支援といたしまして、生産革命集中投資期間中におきます臨時異例措置としまして、地域中小企業による設備投資促進に向けて、生産性向上特別措置法規定により、市町村が作成した計画に基づいて行われた中小企業一定設備投資につきまして、固定資産税をゼロとする3年間の時限的な特例措置を創設するものでございます。  

大山崎町議会 2018-06-07 平成30年第2回定例会(第1号 6月 7日)

改正の主な内容は、平成30年度評価がえに際し、固定資産税負担調整措置について現行の仕組みを3年延長したこと、生産革命実現に向けた中小企業設備投資支援措置を創設したこと、バリアフリー改修が行われた劇場や音楽堂に係る税額減額措置を創設したこと、新築住宅に係る税額減額措置を2年延長したことなどであります。  

京丹後市議会 2018-06-04 平成30年第 3回定例会(6月定例会)(第1日 6月 4日)

次に、固定資産税の関係ですが、中小企業生産革命実現するため、平成30年度から32年度までを集中投資期間とし、この期間中における臨時異例措置として生産性向上特別措置法に基づき、市町村が作成した導入促進基本計画に即して、中小事業者等が取得した一定の機械、装置等について、固定資産税課税標準を2分の1からゼロまでの範囲で市町村条例で定める割合とする3年間の時限的な特例措置を新たに講ずることとされたものでございます

与謝野町議会 2018-06-01 06月01日-01号

一方、地方税法改正におきましても、中小事業者等生産革命を推進するため、固定資産税特例措置が創設をされ、特定の償却資産にかかる固定資産税税標準額に乗じる特例率条例で定めることとしており、本町におきましては、税制面からも町内事業者生産革命取り組み最大限支援をしていきたいと考えており、特例割合をゼロとしたいと考えております。 

向日市議会 2018-05-28 平成30年第2回定例会(第1号 5月28日)

次に、固定資産税では、課税標準特例措置割合市町村条例で定める「わがまち特例」に、生産革命実現に向けた償却資産特例が創設されたことから、課税標準額に乗ずる率を定めるものでありますが、生産性向上特別措置法規定により、市が作成した計画に基づき行われた中小企業一定設備投資について、3年間固定資産税をゼロとするものであります。

  • 1
  • 2