64件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

京丹後市議会 2020-12-18 令和 2年第 5回定例会(12月定例会)(第5日12月18日)

号補正対象者を想定した中で、コロナ禍の影響が今後どの程度継続し、拡大するのか、なかなか想定しづらい中で、基本給付対象者のうち、児童扶養手当支給所得オーバー、ここで全額支給停止となっている者、いわゆる③の方になっているのですが、この方のコロナ禍による家庭急変による収入所得児童扶養手当支給対象と同じ水準になる方を最大限、現況を頂いている中で、最大限見込んでいました。

八幡市議会 2020-12-09 令和 2年第 4回定例会−12月09日-02号

今後につきましては、児童手当に関する現況、受給資格や額についての認定請求などの一部の手続きや、介護保険に係る介護保険負担割合証や被保険者証の再交付申請の追加を予定しています。その他の事務につきましても、マイナンバーカード交付状況や他市の先進事例を踏まえ、検討してまいりたいと考えております。  次に、行政手続きにおける押印廃止書面主義見直しについてのご質問にお答え申し上げます。

精華町議会 2020-12-03 令和 2年度12月会議(第3日12月 3日)

環境整備といいますか、現在、例えば児童手当現況とかであれば、該当の方にこちらのほうから住所なり記入いただくようなところを全て印字しまして、印鑑をついていただくようなことで終わるような形でお送りをさせていただいて、郵送でお返しいただくように返信用の封筒もおつけしまして申請をいただいてるような状況になります。  

宇治市議会 2020-09-28 09月28日-04号

また、ワンストップサービス状況といたしましては、マイナポータルから児童手当現況、保育支給認定申請保育施設の利用申込み等に係る電子申請や各自治体が登録した子育てサービス情報の検索・閲覧が可能な状況にございまして、現在、介護ワンストップサービス導入に向けた調整も進めているところでございます。 

宮津市議会 2020-09-10 令和 2年第 6回定例会〔9月定例会〕(第4日 9月10日)

デジタル化の進展により、官民のオンライン化が多様化している中、国外転出者マイナンバーカードを利用し、海外からインターネット上で年金の現況等のオンライン手続、将来的には在外投票によるインターネット投票が可能となるような仕組みを構築する。マイナンバーカード住民票を基礎とした制度である。

木津川市議会 2020-06-23 令和2年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2020年06月23日

対象者数が、今申し上げました対象を全て足しますと、2,109名に対しまして、見込割合、特に収入減がどれぐらいおられるかということにつきましては、現況等を基に算出をさせていただきました。それと、6月分等につきましては、100%見込んでおるというところから、見込数につきましては、トータルで1,992名分の見込数をしております。  

木津川市議会 2020-03-12 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2020年03月12日

実証実験を踏まえて本格導入を決めた3業務でございますけれども、1つ児童手当現況を認定する業務のところが、1年間で6,700件程度あるものがございます。これが1つ。  それから、放課後児童クラブ延長料金入力業務、こちらが一月当たり200件程度ございます。この今の児童クラブの件については、この1月から本格導入を既にスタートしているというところです。  

宇治市議会 2019-09-26 09月26日-04号

また、母子父子自立支援員によるひとり親家庭への自立支援などの相談のほか、児童扶養手当現況提出時には、原則として面談を行うこととしており、また、平日の夜間や休日にも相談窓口を開設し、今後の生活費教育費に関する心配や子供の生活習慣学習習慣に関する心配など、個別の困り事などの聞き取りを行い、制度の紹介や他の機関との連携などを行っているところでございます。 

八幡市議会 2019-06-28 令和元年6月28日文教厚生常任委員会−06月28日-01号

周知につきましては、7月末に送付する児童扶養手当現況お知らせ給付金のご案内チラシを同封するとともに、広報やわた8月号及びホームページへの掲載、窓口での案内チラシ配架を行い、周知を図ってまいります。支給につきましては、令和2年1月10日、児童扶養手当令和2年1月の支給日と同日に指定の口座に振り込みをさせていただく予定です。 ○横山博 委員長  岡田委員。 ◆岡田秀子 委員  わかりました。

八幡市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-04号

福祉部においては、昨年度、児童扶養手当現況認定通知書フードバンク子ども支援プロジェクト案内を同封し、活動の周知協力を行ったところでございます。今年度につきましては、NPO法人から就学援助受給世帯に的を絞ってプロジェクトを実施する予定と伺っております。今後とも要請があれば、可能な範囲で協力を続けてまいりたいと考えております。 ○山田芳彦 議長  川中教育部次長。          

宇治市議会 2019-06-19 06月19日-04号

本市におきましても、マイナポータルから各自治体が登録した子育てサービスに関する情報フリーワード属性情報により検索し、閲覧することができる機能について導入しており、また、電子申請に関しましては、児童手当につきましては現況、認定請求及び各改定請求につきまして申請することが可能であり、保育につきましては、支給認定申請及び保育施設等利用申し込みについて申請することが可能となっているところでございます。

八幡市議会 2019-03-22 平成31年度予算特別委員会−03月22日-04号

受給者には、毎年7月に送付しております児童扶養手当現況提出お知らせ文書とともに、支給回数見直しの概要が書かれたパンフレットを同封させていただくとともに、広報やわたやホームページにて周知してまいりたいと考えております。  以上です。 ○横山博 委員長  日根保育幼稚園課主幹。 ◎日根青樹 保育幼稚園課主幹  エアコン設置に対する考え方についてお答えいたします。

八幡市議会 2018-12-05 平成30年第 4回定例会−12月05日-02号

夏休みに向けてのプロジェクトへの協力についてでございますが、福祉部では、児童手当現況提出時期にあわせて、窓口フードバンク子ども支援プロジェクト案内パンフレットを設置し、その結果、市内で24件の申し込みがあり、全てに宅配が実施されたとお聞きしております。  次に、冬休みに向けての協力内容ですが、児童扶養手当現況認定通知書案内を同封し、児童扶養手当受給世帯815世帯に送付いたしました。

木津川市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年09月12日

4)児童手当受給資格及び所得現況  5)軽自動車税申告等。  6)その他。  以上です。お願いいたします。 ◯議長高味 孝之) マチオモイ部長。    (マチオモイ部長 武田 浩文君登壇) ◯マチオモイ部長武田 浩文) 森本議員の御質問にお答えをいたします。  

八幡市議会 2018-09-06 平成30年第 3回定例会−09月06日-03号

手当等についての対応でございますが、児童手当については現在、現況確認作業を行っており、みなし適用により手当額が変更になる可能性のある方については、個別に案内を行う予定としております。児童扶養手当については、みなし適用により支給停止が解除となる可能性のある方については、個別に案内を行う予定としております。

八幡市議会 2018-06-14 平成30年第 2回定例会−06月14日-03号

また、児童扶養手当現況提出時には、同奨学金申請状況について確認を行っております。基本的には申請主義となっておりますことから、個別のお知らせを行うことは考えておりません。  児童手当の未申請者については、庁内での連携を行うことにより、お知らせを行ってまいります。  次に、母子家庭奨学金の証明についてのご質問にお答えいたします。

木津川市議会 2018-06-08 平成30年第2回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年06月08日

漏れている方につきまして、現況提出おくれ等で支払い時期が定時払いからずれて随時払いとなった方はおられますが、おくれますが、全部支給は終えております。  以上でございます。 ◯議長高味 孝之) 炭本さん。 ◯13番(炭本 範子) 児童手当については、わかりました。  

京丹後市議会 2018-03-08 平成30年第 2回定例会(3月定例会)(第2日 3月 8日)

これを受け、市としては従来の施策に加え、平成30年度は寄り添い支援総合サポートセンター自立支援相談事業において、例えば、児童扶養手当支給対象者に求められている現況提出が出されていない家庭へのアプローチを行い、提出のための支援から家庭内の支援につなげていくなど、対策を強化する取り組みを進めることとしています。 ○(松本経議長) 平林議員

城陽市議会 2018-03-07 平成30年第1回定例会(第2号 3月 7日)

子育て関連手続は、児童手当現況保育支給認定書類等、毎年申請するものが多く、情報連携とあわせて電子申請できることで利便性が図られ、自治体郵送コストの削減や書類作成事務効率化を進めることができます。城陽市ではいつから電子申請ができるようになるのか、お伺いいたします。 ○増田貴議長  河合部長