282件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

舞鶴市議会 2020-12-11 12月11日-03号

実際には、自校の教室や体育館の見取り図を模造紙に書き入れ、地震や風水害を想定してカードを配置し、教職員がリードしながら実際の避難所運営子供たち話し合い支援物資の取り扱いや使用禁止のトイレを使っている人の対応など、避難所で起こり得る出来事に対処し、有事の際の避難所で起こるさまざまな出来事にどのように対応していくのかをゲーム感覚で学ぶというものですが、現在では、学校教育の中で防災学習としての特別活動

八幡市議会 2020-03-12 令和 2年第 1回定例会-03月12日-06号

小・中学校で、特に認知症だけを取り上げての取り組みは行っておりませんが、各教科特別活動、総合的な学習の時間等で実施しております福祉教育人権教育の中で、高齢者への理解や対応について指導しております。また、現代的な課題の一つでもありますので、学校図書館に関連の図書を配架している学校もございます。 ○山田芳彦 議長  山口議員。 ◆山口克浩 議員  ご丁寧なご答弁をありがとうございます。

八幡市議会 2020-03-09 令和 2年第 1回定例会-03月09日-04号

情報モラル教育につきましては、各教科や総合的な学習の時間、特別活動や特別の教科道徳等で、各学年発達に応じて情報モラル教育計画的に進め、情報社会に参画する態度を養っております。より現実の社会に近い学習を深めるため、携帯電話やSNSの会社などから外部講師を招き、保護者への啓発も含めて取り組みを進めている学校もあります。

舞鶴市議会 2020-03-09 03月09日-03号

小・中学校におきましては、これまでから児童生徒地域の実態に応じてキャリア教育の全体計画年間ごと学年ごと年間指導計画を作成し、総合的な学習の時間、学校行事等における社会見学職場体験、ゆめ講演会、また特別活動における児童会生徒会活動など、発達段階に応じた取組を進めているところであります。 

八幡市議会 2019-12-09 令和 元年第 4回定例会−12月09日-03号

学習指導要領での展開でございますが、新学習指導要領総則児童生徒が学ぶことと自己の将来とのつながりを見通しながら、社会的・職業的自立に向けて必要な基盤となる資質能力を身につけていくことができるよう、特別活動かなめとしつつ、各教科特質に応じてキャリア教育充実を図ることと明示されております。  

長岡京市議会 2019-09-11 令和元年決算審査特別委員会第3分科会( 9月11日)

例えばですけれども、神足小学校が、特別活動を非常に重点的に、文科省の指定なんかも受けて、話し合い活動なんかを充実させています。その話し合い活動をもっと任意、中学校でも、それがほかの地域からきた小学生と一緒になって、授業の中での子供たち同士話し合いというのが、非常になされる授業が積極的にされていました。そういうふうな形での学力向上が見られている学校もあります。

八幡市議会 2019-06-27 令和元年6月27日総務常任委員会-06月27日-01号

また、先ほど平和大使のときに折り鶴を作成して持っていくということでございますが、その際に特別活動として平和についての学習を行われているようです。 ○長村善平 委員長  近藤市民部次長。 ◎近藤考賜 市民部次長  エネルギー政策、原発に関しましては、国が国策として責任を持って行われるものだと考えております。 ○長村善平 委員長  亀田委員。 ◆亀田優子 委員  ありがとうございました。

城陽市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2号 3月 6日)

道徳教育かなめである道徳科特別活動など、学校教育のあらゆる機会を捉えて取り組みますが、これには地域社会支援が必要です。ボランティア地域の方々との交流や活動を通して、ふるさと城陽への心の醸成が高まれば、子どもたち社会性人間性育成がより図れます。コンピューターが一層普及・発展する時代において、人としての感性はより重要な要素となると考えているところです。

長岡京市議会 2018-09-18 平成30年決算審査特別委員会第3分科会( 9月18日)

大木教育部次長学校教育課長  こちらについては、各学校教科であるとか、領域であるとか、当然その中には不登校の問題とかもあるんですけれども、学校において、例えばことしは本校では算数を強化していきましょうであるとか、国語力を強化していきましょう、特別活動の何々を強化していきましょう、それから当然教育課題である不登校に対してやっていきましょう、生徒の見立てをどうしていくかを勉強していきましょうといったような

八幡市議会 2018-09-13 平成30年第 3回定例会−09月13日-06号

また、実践的な態度育成のため、特別活動では避難訓練社会見学などを通して行っております。  学校教育における防災教育は、全ての児童生徒を対象として、特定の教科領域で行うものではなく、健康安全教育の一環として計画的にさまざまな教科領域で実施するものでございます。個々の子どもたちの自発的な防災意識の受け皿となる防災教育は、学校現場では困難であると考えております。

舞鶴市議会 2018-09-06 09月06日-02号

答弁では、教育の場である学校は、特別活動として地域行事への参加やボランティア活動地域課題解決にかかわる活動において社会参画があり、地域社会に対して要望や意見を主張したり協議したりすることでなく、常に自分たちには何ができるのかということを話し合い、実践をするといったことが狙いであるとのことでした。 

八幡市議会 2018-06-21 平成30年第 2回定例会−06月21日-05号

本市におきましては、シチズンシップ教育を通して豊かな市民力、しなやかな身体力育成を目指し、各学年10時間のやわた市民の時間を新設し、小中9年間の系統的なコア・プログラムと、各教科道徳特別活動、総合的な学習の時間を横断的に関連させたサブ・プログラムを通して市民意識育成に取り組んでおられます。

木津川市議会 2018-06-21 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年06月21日

その観点から、各校給食委員会等を活用した特別活動や、家庭科、総合的な学習の時間などに食育に取り組んでいるところです。  今後も、他市の取り組みも参考にしながら、市の食育を進めます。  以上でございます。 ◯議長高味 孝之) 森本隆さん。 ◯2番(森本 隆) 御答弁ありがとうございます。