372件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福知山市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第1号 6月13日)

令和元年10月1日から消費税率が10%に引き上げられることに伴い、火葬場を除く使用料について消費税等の増加相当額を反映させるため、所要の規定の整備を行うものでございます。この条例は公布の日から施行することといたしております。ただし、改正後の条例の規定は令和元年10月1日以降に使用開始する使用料について適用し、同日前に使用開始する使用料につきましては、なお従前の例によることといたしております。  

宮津市議会 2019-03-27 平成31年第 1回定例会〔3月定例会〕(第6日 3月27日)

次に、市民課所管分について、火葬場のあり方検討において、火葬場移転の方向性はとの質疑があり、移転を約束しており、市内なのか、広域展開となるのか、さまざまな方向性を検討したい。例えば、広域展開となれば、関係先と協議を進めるために、まずは市の考えをまとめ、対外的に表明したいとの答弁があった。  

宮津市議会 2019-02-25 平成31年第 1回定例会〔3月定例会〕(第1日 2月25日)

老朽化が著しい火葬場及びし尿処理施設についてでございます。火葬場につきましては、有識者による検討会を設置して、今後のあり方の検討を開始いたします。し尿処理施設につきましては、下水道希釈投入方式による施設整備を進めることとし、建設候補地の測量及び地質調査を実施いたします。  

八幡市議会 2018-12-17 平成30年12月17日総務常任委員会−12月17日-01号

優先度別の業務数は、優先度Aは、災害救助法等の要請、庁舎管理業務を初めとする23業務、優先度Bは、各種証明書の発行、火葬、埋葬に関する業務などの19業務、優先度Cは、感染症対策などの12業務としております。  14ページ下部には、災害対応に必要な資源に関する分析と対策を、15ページには業務継続計画の継続的な改善について記載しております。  

宮津市議会 2018-12-11 平成30年第 5回定例会〔12月定例会〕(第3日12月11日)

2つ目に、火葬場の改修、改築あるいは新築移転など、市民の方からたびたび尋ねられます。市の今後の計画、お考え、市民に伝えるべきではないでしょうかと思うんですけれども、この点、お伺いをいたします。 ○副議長(星野和彦)   宮﨑市民部長。              〔宮﨑市民部長 自席から答弁〕 ○市民部長(宮﨑茂樹)   火葬場の今後についてということでお尋ねをいただきました。  

城陽市議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会(第1号12月 4日)

衛生費で、火葬料の補助に係る経費701万5,000円。農林水産業費で、農業者等の復興支援に係る経費1,612万5,000円、畜産業者の復興支援に係る経費1億6,154万円。予備費で4,000万円などを計上いたしております。  次に、歳入予算では、国庫支出金で、障がい者自立支援事業費負担金2,118万5,000円。

宇治市議会 2018-11-15 平成30年 11月 文教福祉常任委員会(第12回)-11月15日−12号

平成30年8月10日に紛失が判明いたしました墓地、埋葬等に関する法律第9条に基づき火葬した2名の方の遺留金につきましては、現在も警察による捜査が続いておりますが、紛失した現金94万円のうち遺族が判明している1名の方の遺留金80万円の取り扱いについて、この間顧問弁護士に相談を重ねてきたところでございます。

宇治市議会 2018-11-06 平成30年 11月 決算特別委員会(第8回)-11月06日−08号

御本人の火葬は市において行っていただきました。ただ、住んでおられた家がいまだに相続人が見つからず探している状況で、このままでは管理不全に陥ってしまう空き家になってしまうかどうかを心配しているところでもございます。  そこでお聞きいたしますが、このようなケースに陥る前にどのようなことができるんでしょうか。お考えをお聞かせください。 ○松峯茂委員長 本城部長。

宇治市議会 2018-10-29 平成30年 10月 決算特別委員会(第5回)-10月29日−05号

斎場における火葬場、葬祭場等の使用料といたしまして1億4,491万5,937円、犬の登録手数料151万2,000円、狂犬病予防注射済票交付等手数料329万4,970円、家庭用雨水タンク設置事業費補助金33万2,400円、自立型再生可能エネルギー導入事業費補助金758万4,000円などでございます。  次にごみ減量推進課でございますが、17ページ・45ページでございます。

城陽市議会 2018-10-29 平成30年決算特別委員会(10月29日)

火葬料の補助に係る経費でございますが、火葬料補助金として747件、2,260万6,900円の補助を行っております。  続きまして、項2、清掃費でございます。1目清掃総務費のごみの減量推進に係る経費でございますが、主なものといたしまして、資源再生利用奨励金として1,731万4,650円を支出しております。これは、古紙等の回収に係る団体への奨励金で、138団体、回収量は3,408トンとなっております。

宇治市議会 2018-10-25 平成30年 10月 決算特別委員会(第3回)-10月25日−03号

◆宮本繁夫委員 なら、3つ目ですけども、これは身寄りのない独居人、ひとり暮らしの方が死亡した場合のことですけども、行旅病人及び行旅死亡人の取扱法やとか、墓地埋葬等に関する法律というのがあって、そういう方が亡くなったときには埋火葬するわけですよね。そういう方が遺留金を持ってた場合についてはその埋火葬の費用に充当して、余った遺留金の処理については、これは法的根拠がないんですよね。

宮津市議会 2018-10-04 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第6日10月 4日)

また、生活関連では、し尿処理施設や火葬場等の整備も残されており、市民への将来負担はさらに大きくなると見込まれます。  さらに宮津市まち・ひと・しごと創生総合戦略では、定住人口や観光交流人口等の増を基本目標とし、宮津市行財政運営指針においては、宮津市まち・ひと・しごと創生総合戦略への投資を確保していくとしています。

宮津市議会 2018-09-27 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第5日 9月27日)

○議員(坂根栄六)   済みません、1点目は、この府内他市町の賃金水準に合わせたいうことなんですけど、この府内他市町というのがどのあたりのことを言っているのかというところと、あとちょっとどういうふうに解釈してええんかようわからないんですけど、大体、日額ベースでいうたら200円ぐらいアップをしてるという中で、この例えば火葬場作業員さんの時間額を見ると、7円、時間当たり、ただ1日に換算すると200円までは

宇治市議会 2018-09-20 平成30年  9月 全員協議会(第5回)-09月20日−05号

◆水谷修議員 まず、火葬業務の入札についてお伺いします。火葬業務の入札は、今、資料を配っていただきましたとおり、別紙2の公募型指名競争入札のお知らせを見ると、予定価格が表記されていません。別紙1の資料は、宇治市の公募型指名競争入札実施要領ですが、これによるとお知らせに金額を書くということになってます。

木津川市議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年09月18日

社会状況の変化により、火葬場使用料が改定となっている中、葬祭費の見直しが必要と考えます。  (1)市民が使用している各火葬場の使用料は。  (2)葬祭費5万円の算定根拠は。  (3)葬祭費は、火葬場使用料を考慮して見直しが必要と考えるが。  以上、よろしくお願いいたします。 ◯議長(高味 孝之) 市民部長。    

宮津市議会 2018-09-12 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第4日 9月12日)

そういうことで、非常にこれ、今後を考えますと、非常に危惧を感じておるわけですけども、といいますのは、昨年、28年度から29年度というのは、先ほども申し上げましたように、大型事業がもう重なりましたので、こういう数字ががあんと上がってきたということはよくわかるんですけども、されとて、これで終わったわけではありませんので、これからし尿処理の関係であるとか、また、あるいは火葬場の問題であるとか、大型事業がこれからもやっぱり

宇治市議会 2018-09-05 平成30年  9月 文教福祉常任委員会(第10回)-09月05日−10号

まず1、紛失した現金についてでございますが、墓地、埋葬等に関する法律第9条に基づき、独居等で亡くなられた方で引き取り者がいない場合市で火葬いたしますが、死亡者の遺留金品と御遺骨はその後の親族調査により引き取り者が見つかりお返しするまでの間、市で保管をいたしております。紛失いたしました現金は2名分の一部、94万円になります。  

木津川市議会 2018-06-21 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年06月21日

これは関係ないんですが、この表だけ読ませていただきますけれども、「2020年、女性の半数が50歳超え」「2024年、全国民の3人に1人が65歳以上」「2027年、輸血用血液が不足」、私、先ほど言いました「2033年、3戸に1戸が空き家に」、そして「2039年、火葬場が不足」「2040年、自治体の半数が消滅」「2042年、高齢者人口ピークを迎える」というようなことが、また増刷で出ているということで、うちの

宇治市議会 2018-06-20 平成30年  6月 市民環境常任委員会(第5回)-06月20日−05号

施設管理状況、1、利用拡大の取り組み結果でございますが、平成20年度に斎場の再整備事業が完了したことから、平成21年4月以降、火葬受け入れ件数を1日14件に拡大しております。平成29年度も利用者の葬送日程の選択肢がふえるよう引き続き継続して対応していただいております。火葬実績は記載のとおりでございます。次に2、広報実施結果、3、職員配置状況につきましては記載のとおりでございます。