207件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡京市議会 2019-09-19 令和元年決算審査特別委員会小委員会( 9月19日)

○浜野利夫委員  また、元へ戻ったらあきませんけども、もともと地方自治体の本来の役割と国の制度改正を紹介しましたように、子どもの貧困対策推進法という改正をされてるのは、やっぱり全体で貧困格差が広がって、未来だけじゃなくて現在もいるという趣旨を市長は認識されてて、法の趣旨は変わってなくてと言ってはったんで、それはあるもんだという前提でお聞きをしてたんですけども、子ども子育て世代がいる世帯と、あるいは

長岡京市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会小委員会( 9月18日)

目指すべきはカムアウトできる社会ではなく、カムアウトする必要のない、互いに自然に受け入れられる社会の実現を図ることであり、性的指向・性自認の多様なあり方をお互いに受けとめ合う社会を目指す理念を定めた上で、現行の制度を尊重しつつ、網羅的に理解促進を目的とした諸施策を講ずることが必要であるというふうに考えております。

木津川市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月10日

ただいまのレジ袋の関係でございますが、レジ袋のことにつきましては、議員のほうも御存じかと思いますが、令和元年6月3日に環境省のほうから大臣のほうで記者会見をされておりまして、その中におきましても、国のほうにおきまして、レジ袋の日本型の有料化、レジ袋の無料廃止についての制度を整備していくというところで発表されているところでございます。  

城陽市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(資料等 6月28日)

    議案第 42号 市道路線の認走について  第5 議案第 47号 副市長選任の同意を求めることについて(市長提出)  第6 議案第 48号 公平委員会委員選任の同意を求めることについて(市長提出)  第7 議案第 46号 工事請負契約締結について(市長提出)  第8         城陽市選挙管理委員及び同補充員の選挙  第9 意見書案第2号 性的マイノリティ(LGBT)の差別解消を目的とした制度

城陽市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第6号 6月28日)

    議案第 42号 市道路線の認走について  第5 議案第 47号 副市長選任の同意を求めることについて(市長提出)  第6 議案第 48号 公平委員会委員選任の同意を求めることについて(市長提出)  第7 議案第 46号 工事請負契約締結について(市長提出)  第8         城陽市選挙管理委員及び同補充員の選挙  第9 意見書案第2号 性的マイノリティ(LGBT)の差別解消を目的とした制度

向日市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号 6月21日)

                (第1号)  日程第12(議案第36号) ・令和元年度向日市水道事業会計補正予算(第1号)  日程第13(議案第37号) ・京都地方税機構規約の変更について  日程第14(議案第39号) ・副市長の選任について(五十棲 敏浩 氏)  日程第15(請願第 1号) ・公的市民オンブズマン設置を求める請願  日程第16(意見書案第5号)・LGBTの理解増進と差別解消を目的とした制度

城陽市議会 2019-06-17 令和元年建設常任委員会( 6月17日)

○森島正泰都市整備部長  行政の本音はというような、答えにくいというか、ことですけども、あくまでもまずこれ、再度ちょっと繰り返しになりますけれども、このガイドラインというのは、そもそも調整区域というのは開発ができない区域なんですけれども、法の制度として土地利用を提案して、地区計画を張って活用していくという、これまた制度できた制度なので、まずは制限を市としてはかけたいという趣旨でこういう大きな整理をまずはかけさせていただくということでこういう

福知山市議会 2018-12-14 平成30年第6回定例会(第4号12月14日)

経常収支比率に大きく影響を与える経常一般財源の削減につきましては、第6次行政改革実施計画におけます108の実施項目により、計画的に歳出削減を図っているところではございますけれども、計画している108項目以外の部分で、各種施設の維持管理運営に要する物件費でありますとか、今後の制度改正によります上振れ要因などがございまして、経常的な事業の増加需要が見込まれるという状況になっているところでございます。

宇治市議会 2018-10-24 平成30年 10月 決算特別委員会(第2回)-10月24日−02号

一方、制度といたしましては、やはり年度更新という仕組みは、現状のいわゆる制度の中ではこういう形をとらざるを得ないというふうには思っているところでございますが、先ほど御案内のあった、5年を超えれば無期転換になるという法令につきましては、本市においては適用がございませんので、ちょっとそういった形にはならないんですけれども、一定、そういう制度の中の範囲ではありますけれども、労働者としての権利につきましては

久御山町議会 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第2号 9月19日)

○2番(松本義裕さん) 今、答弁にもありましたが、地域未来投資促進制度を使ってということで、情報交換会でも農業に寄与する企業に来ていただければと言われていましたが、地域未来投資促進法とはどういった制度ですか。また、その制度を活用して、新市街地整備をするには、何か制約があるのですか。

京丹後市議会 2018-09-12 平成30年第 4回定例会(9月定例会)(第4日 9月12日)

この計画は、制度上からも商工会や取引の金融機関が支援することになっていますので、これらの支援を受けて作成されるものですから、事実上はほとんど労力も大きく軽減されますし、実際には計画内容につきましても、それほどたくさん書くようなことはなくて、2ページぐらいであります。

福知山市議会 2018-09-12 平成30年第5回定例会(第2号 9月12日)

しかし、来年度以降の消費税率の引き上げや、その他の地方財政をめぐる制度が今後改正される影響は、現時点では予測が困難であり、市独自の施策事業において、できる限りの合理化、スリム化が必要となっております。  財政調整基金・減債基金につきましても、平成29年度末時点では合計40億円となり、6次行革での平成32年度目標数値40.9億円をおおむね達成いたしております。

大山崎町議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第4号 9月 7日)

そうした事実には一切触れず、議会での説明も自分たちの思いどおりでなければ不十分だとし、民主的な町政運営からかけ離れたものと言い放ち、議会で決まったことまで平然と否定し、正常な町政運営とは言いがたいと言うさまは、議会制民主主義の否定にほかならず、我が国の現行の制度を根本から否定するものであります。  

城陽市議会 2018-06-12 平成30年総務常任委員会( 6月12日)

○吉岡喜彦危機管理監付次長  私どもがこの取り組みをしてるのは、先ほど来、申してますように、あくまでも日本の中での現行の制度の中で、市町村にこういう役割を担うことになっている中で、国民保護計画を策定してると、こういうことですね。当然全て、世の中がというか、世界が平和であることを皆、願っておるわけですし、そのための努力というのは皆していかなければいけないという認識を持ってる。

京丹後市議会 2018-03-06 平成30年文教厚生常任委員会( 3月 6日)

平成28年に制度が変わりまして、そのときに京都府からみなしでもらったものが3施設。追加で、新たにゴダイを指定させていただいて、今4施設となっております。これにつきましては、本当に機能訓練特化型ということになりますので、介護予防の面では、小さなマシンを少し利用したりして、機能改善のための指導を受けられるような施設になっております。

福知山市議会 2017-12-14 平成29年第7回定例会(第4号12月14日)

既存の市街化区域の中で、制度に適合しない住環境の悪化を是正して、一つ一つ住環境を改善していくことが、将来的には都市をコンパクトに形成していく方策ではないかと思います。こういった指導責任について、最後にもう一度、見解をお聞きしたいと思います。 ○(大谷洋介議長)  土木建設部長

福知山市議会 2017-12-13 平成29年第7回定例会(第3号12月13日)

しかし、各種施設の維持管理運営に要する物件費や今後の制度改正による上ぶれ要因など、経常的な事業の増加需要が、行革実施期間で約4.5億円増加すると見込んでおります。このため、一定の要件が達成できることを条件に、この増加需要分を加え、合わせて9.1億円の歳出削減を平成30年度から32年度の3カ年で達成することとしたところでございます。  

城陽市議会 2017-12-08 平成29年福祉常任委員会(12月 8日)

今、国のほうでは、地域共生社会の実現というのを目指して、いろんな制度の改革などが行われておりますが、この考え方は、支え手とか受け手とか、そういうことを超えて、ある意味支援が必要な方でも、その方もできることは社会参加をしていただくというような考え方でございまして、そのような考え方が広がることによって、障がいのある方でも別の障がいのある方を支えるとか、今も既に行われているような活動がございますが、そうしたことが