30件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

八幡市議会 2019-12-06 令和 元年第 4回定例会−12月06日-02号

無料低額診療事業とは、生計困難な人が経済的理由によって必要な医療を受ける機会が制限されることがないように、無料または低額な料金で診療を受けられる制度であると、社会福祉法第2条第3項に規定する第2種社会福祉事業及び法人税法施行規則第6条第4号に規定されています。  無料低額診療事業は、重要な役割に比べて市民認知度は低く、利用者も少ないのが実態です。

与謝野町議会 2018-06-18 06月18日-05号

人格のない社団等法人ということでございますが、いわゆる法人でない社団や財団で収益事業を行う場合、法人住民税課税をさせていただいておりまして、その収益事業というふうなことでございますが、これは法人税法施行令の第5条に規定いたします、継続して事業場を設けまして、事業が行われている事業ということで、34事業が該当するということでございます。 ○議長家城功) 勢旗議員

木津川市議会 2016-08-31 平成28年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2016年08月31日

また、精査したところ、平成14年法律第79号の法人税法等の一部を改正する法律においても、租税特別措置法の一部改正が行われていたことから、その内容もあわせて一部改正を行うものでございます。  よろしく御審議賜りますよう、お願い申し上げます。 ◯議長(倉 克伊) 説明が終わりましたので、本案に対する質疑を行います。  質疑ございませんか。  

精華町議会 2015-12-04 平成27年度12月会議(第1日12月 4日)

次に、7点目といたしまして、法人税法改正による条ずれに伴う改正についてでございます。これも参照しております法人税法改正に伴いまして、参照先番号の整合を図るものでございます。  ページをめくっていただきまして、22ページに8点目としまして、町たばこ税特例税率段階的縮減・廃止についてでございます。

与謝野町議会 2015-12-01 12月01日-01号

次に、附則第4条は、納期限の延長に係る延滞金特例についての規定でございますが、法人税法改正に伴う所要改正を行うものでございます。 めくっていただきまして、次に26ページをお開き願います。一番下ですが、10条の2でございます。法附則第15条第2項第1号等条例で定める割合についての規定でございます。 

大山崎町議会 2015-08-25 平成27年第3回定例会(第1号 8月25日)

主な改正内容といたしましては、税の徴収猶予及び差し押え財産の換価の猶予の方法、手続等に関する規定整備所得税法及び法人税法改正に伴う字句修正、並びに旧3級品製造たばこに係るたばこ税税率改正であります。  次に、第55号議案 大山崎町手数料徴収条例の一部改正についてであります。  

木津川市議会 2015-05-14 平成27年第2回臨時会(第1号) 本文 開催日:2015年05月14日

次に、第48条第6項及び第50条第3項の改正につきましては、法人税法改正により準用する文言を修正いたしております。  次に、第51条第2項、第71条第2項、第89条第2項、第90条第2項及び第3項並びに第139条の3第2項の改正につきましては、納期限日当日を減免申請期限とするように文言修正を行いました。  

福知山市議会 2014-09-01 平成26年第3回定例会(第1号 9月 1日)

1行目の第30条の6の関係では、法人税法において、外国法人に係る外国税額控除制度が新設されることに伴い、規定整備を行うこととしたものでございます。  次の第30条の7の関係では、法人税法において、外国法人に係る申告納付制度規定されることに伴い、所要規定整備を行うものでございます。  

向日市議会 2014-08-25 平成26年第3回定例会(第1号 8月25日)

次に、法人市民税関係では、法人市民税法人税割を2.6%引き下げるほか、法人税法改正されたことに伴って規定整備をするものであります。  次に、固定資産税特例措置関係では、耐震改修工事が行われた既存大規模建築物等について、工事が完了した年の翌年度から2年分に限り税額が2分の1減額されることに伴って、申告にかかる規定整備するものであります。  

大山崎町議会 2012-09-05 平成24年第3回定例会(第2日 9月 5日)

次に、(2)大手企業の大看板に課税する研究を求めることについてでありますが、土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産で、その減価償却額または減価償却費が、法人税法または所得税法規定による所得計算損金または必要な経費に算入されるものを償却資産といい、固定資産税の対象となっております。

宮津市議会 2012-03-16 平成24年第 2回定例会(第5日 3月16日)

もう1点は、市たばこ税税率の引き上げであり、法人税法改正による府と市の増減収を調整するため、平成25年度から府たばこ税の一部を市たばこ税に移譲するものであるとの説明がありました。  審査の結果、委員会としては特に申し上げる意見はなく、採決の結果、全員賛成原案可決と決しました。  次に、議第29号 宮津市廃棄物減量化及び適正処理等に関する条例の一部改正についてであります。  

宮津市議会 2012-02-28 平成24年第 2回定例会(第1日 2月28日)

改正は、今回の法人税法改正により法人税税率が30%から25.5%に引き下げとなることにより、府及び市の法人住民税減収となる一方で、課税ベースの拡大により府の法人事業税は増収となることから、府と市の増減収を調整するため、平成25年度から府たばこ税の一部を市たばこ税に移譲するものでございまして、小売価格に影響するものではございません。  

城陽市議会 2010-09-21 平成22年第3回定例会(第3号 9月21日)

償却資産は、固定資産課税客体であります土地家屋以外の事業用に供することができる資産であり、国税である法人税法または所得税法規定による所得計算上は、損金または必要な経費に算入されるものでございます。また、償却資産土地家屋のように登記制度がないことから、所有者申告を義務づけられているところでございますが、納税者事業所等に限られていることから、広く市民に知られていない状況がございます。

長岡京市議会 2010-06-17 平成22年文教厚生常任委員会( 6月17日)

また、所得税法等改正により、租税条約実施に伴う所得税法法人税法及び地方税法特例等に関する法律の題名が改正されたことによる条例第14号、第1項及び第23条第1項、第1号の規定関係規定改正でございます。施行日につきましては、平成22年5月31日に専決し、平成22年6月1日に施行したものでございます。  

精華町議会 2010-06-10 平成22年第2回定例会(第1日 6月10日)

改正内容は、租税条約実施に伴う所得税法法人税法及び地方税法特例等に関する法律租税条約等実施に伴う所得税法法人税法及び地方税法特例等に関する法律に、これは名称変更改正されることになったため対応する条例附則においても同様に改正をしているもので、内容変更はございません。  以上で新旧対照表によります説明を終わらせていただきまして、本文附則についてご説明を申し上げます。

  • 1
  • 2