393件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡京市議会 2021-03-03 令和 3年予算審査常任委員会第2分科会( 3月 3日)

廣下水道施設課長  ただいま委員御質問の内容でございますが、以前にも御回答させていただきまして、京都府の環境対策課のほうから、今、洛西浄化センター流入水の採水のサンプルを週1回、金沢大学に提供していると。それは去年から変わってないということで、詳細についての分析結果というのはまだ上がってきてないというふうに京都府のほうには確認をしております。

舞鶴市議会 2021-02-24 02月24日-01号

上下水道事業は、市民生活産業経済活動を支える基幹ライフラインであり、水道ビジョンでは、将来にわたり安心、安全な水道水を安定的に提供すること、一方、下水道ビジョンでは、環境保全と住みやすい生活環境づくり基本理念として事業運営を行っているところでありますが、人口減少傾向にある中、管路施設老朽化が今後さらに進むなど、上下水道事業経営環境は厳しさを増しております。 

城陽市議会 2020-09-10 令和 2年総務常任委員会( 9月10日)

快適につきましては、最後に水色で示している、環境、住環境保全し、美しい川やまち次世代につなぎますと。そういう方向性だけですけども、そういう方向性。安全・安心については、様々な災害に備えてそういうトイレなどを使い続けられるようにしますということ。そういう大まかなことをぱっと出すようなことで、少しでも分かりやすい表現にしております。  

長岡京市議会 2020-09-09 令和 2年決算審査特別委員会第2分科会( 9月 9日)

本市におきましては、そういう調査は一切行っておりませんが、京都府のほうに一定、環境対策課のほうに確認をとりましたところ、本年5月の冒頭ですね、5日と一応聞き及んでおりますけれども、日本環境学会のそういう学会の中で、COVID−19タスクフォースという形で、新型コロナウイルスに関するそういう組織を設立されているというふうに伺っております。

京丹後市議会 2020-09-09 令和 2年第 4回定例会(9月定例会)(第2日 9月 9日)

本市は、多面的機能支払交付金事業の原点となります、農地環境保全向上対策事業のときから積極的に取組をしており、令和年度末時点で組織数98組織、取り組んでいます面積が2,789ヘクタールと京都府下におきましては、取組数は2番目ですが、取組面積は最も多いということになっています。今後も活動されていない地区に対し、推進を図っていきたいと考えております。  以上です。

八幡市議会 2020-09-04 令和 2年第 3回定例会−09月04日-03号

そのほか、社会資本整備総合交付金として、次世代に引き継ぐ環境保全布設事業としての下水道工事で約3,600万円や、橋りょう長寿命化改善計画では3,000万円、農村地域防災減災事業として複数年かけて2億6,000万円、本年度からは国道1号の歩道工事などがそれに該当いたします。これら予算化についても、今後、本地域計画の有無により取り組む大切な指針となるものです。

八幡市議会 2020-06-15 令和 2年第 2回定例会-06月15日-04号

ところで現在、公益社団法人環境学会は、新型コロナウイルス第2波の予測のために下水ウイルス量調査を行っておられます。この調査を行うことで、下水に含まれる新型コロナウイルスの量を把握することができ、将来予測に役立てることができると言われております。本市におきましても、第2波、第3波の予測のために、京都府や保健所と連携して、この下水ウイルス量調査の協力を行ってみてはどうでしょうか。

京都市議会 2020-03-25 03月25日-04号

既に水道メーター点検営業所水道開閉栓,水道メーター取替え,潜在漏水調査加圧施設運転管理未納集金汚泥処理施設運転管理,鳥羽と石田の環境保全センター運転管理下水道施設巡視点検などを委託しており,さらに業務委託化の今後の計画では,浄水場運転管理,松ヶ崎,環境保全センター運転管理伏見区,下水道管路管理センター管路維持管理,西部,の民間委託計画しています。

八幡市議会 2020-03-25 令和2年度予算特別委員会−03月25日-02号

伏見環境保全センター負担金につきましては飛地である八幡長町地区伏見処理区は京都市の処理場汚水処理していただいておりますので、これに係る処理費維持管理費をお支払いしております。淀川左岸流域下水道事業運営費負担金につきましては、大阪府の渚水らいセンター処理いただいております汚水に係る費用を、枚方市を通し大阪府にお支払いしているものでございます。 ○菱田明儀 委員長  奥村委員

木津川市議会 2020-03-17 令和2年第1回定例会(第6号) 本文 開催日:2020年03月17日

この減少した理由といいますのが、瓶原地域におきまして、農地環境保全会草刈り実施をしていただいております。それで、大きく減ったというところでございまして、草刈り実施をしていただいていますけれども、いわゆる荒廃農地ではなく、作物を生産されているのではなく、いわゆる生産できるような状況になったという状況でございます。  以上でございます。

城陽市議会 2020-02-27 令和 2年総務常任委員会( 2月27日)

雨天浸入水が多いと、処理場において処理能力を超える水量が流入することとなり、環境への影響などにつながるとともに、処理水量が増加し、処理に要する費用が大きくなります。今後管路老朽化により、雨天浸入水が増加することが考えられます。  次に、更新需要の把握についてのまとめであります。

京都市議会 2020-02-27 02月27日-02号

その中で,水道開閉栓業務をはじめ本庁舎お客様窓口サービスコーナー運営業務を既に民間委託し,さらに,松ケ崎浄水場運転管理業務環境保全センター運転管理業務委託拡大下水道管理センター管路維持管理業務下水汚泥固形燃料化炉運転管理業務水道水質検査業務の一部委託を進めるとともに,職員100人を減らそうとしています。

舞鶴市議会 2020-02-25 02月25日-01号

上下水道事業は、市民生活産業経済活動に欠くことのできないライフラインであり、安心・安全な水道水を安定的に供給することや、快適で住みよい生活環境づくり、また、舞鶴の海と河川などの環境保全及び浸水被害の軽減を図る事業であることから、今後も、引き続き安定したサービスが提供できるように、公営企業として健全な経営に努めてまいります。 

精華町議会 2019-12-20 令和元年度12月会議(第6日12月20日)

次に、去る11月30日、京都総合見本市会館で行われました京都農林水産フェスティバル2019表彰式典におきまして、北稲八間区むらづくり推進委員会様が令和年度京都農地環境保全向上対策協議会優良表彰における地域保全地域活性化部門優秀賞となる京都農業会議会長賞を受賞されました。