5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

福知山市議会 2018-10-23 平成30年第5回定例会(第6号10月23日)

同法は平成8年に障害者差別に該当する条文を削除して母体保護に改正された。  厚生労働省によると、旧法のもとで不妊手術を受けた障害者らは約2万5,000人。このうち、本人同意なしに不妊手術を施されたのは1万6,475人と報告されている。  本人意思に反して手術が施されたとすれば、人権上問題がある。

精華町議会 2018-06-22 平成30年度 6月会議(第6日 6月22日)

平成8年に母体保護に改められたものの……。 ○議長  ちょっと暫時休憩します。             (時に10時08分) ○議長  再開いたします。             (時に10時09分) ○議長  森元議員どうぞ。 ○森元  提案理由。昭和23年に制定された優生保護法は、本人同意を得ずに不妊手術を行うことを認めてきました。

長岡京市議会 2018-06-22 平成30年第2回定例会(第4号 6月22日)

同法は平成8年に障がい者差別に該当する条文を削除して母体保護に改正された。  厚生労働省によると、旧法のもとで不妊手術を受けた障がい者らは約2万5,000人。このうち、本人同意なしに不妊手術を施されたのは1万6,475人と報告されている。  本人意思に反して手術が施されたとすれば、人権上深刻な問題がある。

福知山市議会 2016-09-13 平成28年第4回定例会(第3号 9月13日)

96年、母体保護と改名されました。優生思想自体は排除されていますが、わずか20年前まで、私が35歳です。ついこの間です。そんなときまで、この法律では先天性障害者は不良とみなされていました。ただただ、驚くばかりでありました。  こういう法律が昔から何の気なしに、何の思いもなくあったということ自体差別意識の根源に近いところにあるんではないかなと私は考えました。思いました。

  • 1