2621件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

木津川市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2019年06月26日

評価について、それぞれの分野で精査いたしますが、一足飛びに成果が出るものではなく、検証を重ねながら継続して取り組んでまいります。  2点目について、小学校英語学習は、中学年の3・4年生で年間35時間、高学年の5・6年生において年間70時間となっております。  

福知山市議会 2019-06-26 令和元年第3回定例会(第4号 6月26日)

今回、指定管理者制度のあり方検討につきましては、平成28年度から指定管理者制度第三者評価委員会を設置しまして、指定管理施設における市民ニーズや利用状況を検証し、公共施設として市が所有して、管理運営することの必要性や妥当性について評価し、今後の施設のあり方について、専門的、客観的な視点から検討を行っており、全ての指定管理施設を対象として、順次見直しを進めているものでございます。  

城陽市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第4号 6月25日)

市の再生土の対応方針は、平成28年に策定した東部丘陵地整備計画見直し版において定めたとおりであり、掘り起こす必要がない再生土については、京都府が設置した再生土問題に関する検証委員会の提言を踏まえ、現状のとおり覆土の措置とすることとしております。  以上です。 ○熊谷佐和美議長  語堂議員。 ○語堂辰文議員  今、ご答弁いただきましたけれども、汚染井戸の周辺についてはもう既に調査をした。

福知山市議会 2019-06-25 令和元年第3回定例会(第3号 6月25日)

再発防止策として内部検証を行うとともに、検証のためのモニタリングを実施することといたしております。  賦課すべき案件に対しまして適正な賦課を行い、確実に徴収することが、施設利用者間の公平性や公正性を確保するために、今後とるべき担当部署としての責任であるというふうに考えております。  以上でございます。 ○(芦田眞弘議長)  荒川浩司議員

長岡京市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第4号 6月24日)

長岡京市としては、いかにすればこのような事件を未然に防げたかを検証し、京都府家庭支援総合センターはもとより関係機関地域住民の方々との連携を一層深めながら、命や人権が大切にされるまちづくりに取り組んでいます。  しかしながら、全国的に児童虐待の根絶に至っていないことを考えれば、今回の法改正を機に、国を挙げて実効ある対策が緊急に求められています。  

福知山市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第2号 6月24日)

なお、これらの4点の取り組みが確実に進められているかを検証するため、法務政策監や経営戦略課のモニタリングを受ける予定といたしております。  以上でございます。 ○(芦田眞弘議長)  大谷洋介議員。 ○19番(大谷洋介議員)  それでは、全庁的な再発防止への取り組みについて、お聞かせください。 ○(芦田眞弘議長)  市長公室理事

久御山町議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第3号 6月24日)

そして、その中で、現状として、持続可能な本町のまちづくりを目指していく、そして、それを検証していくとも言われておりますので、私がSDGsのことについて勉強しましたところ、別にとりたてて新しいこと、新しいこともあるんですけれども、新しいことをするというのではなく、今やっていることを理念を中心に、SDGsを意識しながらやっていくことが大変重要ではないかなと思いますので、それが世界を、私たちも変えていく、

向日市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号 6月21日)

市民代表としての議会の果たすべき機能が、議員の数を2名減らしても問題ないかどうかというのは大変検証のしにくい問題です。提案者は、過去の定数削減でも、何ら問題なかったし、今回も問題はないと主張されますが、果たしてそうでしょうか。この間、自治体議会をめぐっては、全国で市民の方々からさまざまな厳しい批判の声を受け、議会の改革が叫ばれてきました。

城陽市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第3号 6月21日)

市といたしましては、地元組合からのこれら提案が地域の活性化等を目的とされていることから、その取り組みに賛同できます一方で、施設の現状から、これらの計画の実現が可能であるかどうかの検証も含めまして、地元組合に対してこれまでの暫定利用の枠組みの中で目的使用許可を行い、その範囲において現在、ご利用いただいておるところでございます。

長岡京市議会 2019-06-20 令和元年文教厚生常任委員会( 6月20日)

三つ目の感染の原因等につきましては、このほど乙訓保健所国立感染症研究所協力を得てまとめられました検証結果の報告書も後段のほうに添付をさせていただいておりますけれども、その中におきましては、感染源は保育所が提供した給食の可能性は低いというふうに判断をいただいておりまして、また同一園内で約2カ月弱の間で園児6名が感染していることの関連性の検証も行われたところでございますが、感染源、感染経路の特定には

長岡京市議会 2019-06-18 令和元年総務産業常任委員会( 6月18日)

本年度につきましては、機構側でつくってきた調査結果について検証を行うとともに、実際に共同化の場合に起こり得る不備、問題点といったことを検討していくというふうに伺っておるところです。 ○小原明大委員  わかりました。 ○冨岡浩史委員長  ほかにございませんか。               (「なし」と言う者あり) ○冨岡浩史委員長  なければ、第45号議案に対する質疑を閉じます。  

城陽市議会 2019-06-17 令和元年建設常任委員会( 6月17日)

交通量の再検証のお問いかけかと思います。  まず、当初の交通量推計ではございますが、当時まだ、要するに検証かけた段階ではアウトレットの進出というのが確定というのか、まだ決まっていない状況の中で面積に対して類似施設をもとに床面積を想定いたしました。それは市のほうで想定したわけなんですが、その想定した面積で発生する交通量というのを算出したわけでございます。

精華町議会 2019-06-13 令和元年度 6月会議(第5日 6月13日)

当然、不登校の解消もそうですし、また、今もおっしゃっていただきましたように、教職員の皆さんの負担軽減、そうすることで、ほかの子供たちへの気配り、目配りもできると、そういうこともあるのかなというふうに思っておりますが、これについてはあくまでも検証した上でないと、今の段階ではどういうふうにしていくかというところまでは申し上げるような内容がデータとしても持ち合わせておりませんので、今のところはまず、東光で

精華町議会 2019-06-11 令和元年度 6月会議(第4日 6月11日)

しかしながら、どのスピーカーをどんだけずらせばどのように聞こえるかというのは、これから調査しながら、あるいは検証しながらやっていきたいと思ってございますので、今後もこのようなお声を聞かさせていただきながら最適化のほうに努めてまいりたいと思ってございます。以上です。 ○議長  森元議員

精華町議会 2019-06-10 令和元年度 6月会議(第3日 6月10日)

例えば何か事務の不手際があったりとかいう部分であれば、そういう部分については調査をして検証して対応するという、そういうことの繰り返しということでございますので。これまでから何点かそういうような事案が発生した部分については、そういう事案に対して町長から総務部門のほうに調査の命令があって、それで総務部門が調査をしてという形で対応してきたということでございます。 ○議長  はい、山本議員

向日市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第4号 6月 7日)

大戸川ダム建設につきましては、平成20年9月、京都府において実施された「淀川水系河川整備計画案に対する京都府域への効果等に関する技術的評価」の中で、一定の治水効果があることは認めるが、天ヶ瀬ダムの再開発により、宇治川や淀川本線の治水安全性は確保されることから、中・上流の河川改修の進捗と影響を検証すべき順位は低いとされたものであります。