315件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

南山城村議会 2019-03-13 平成31年予算決算常任委員会( 3月13日)

先の議員質問したんですけど、資料19ページで林業振興対策事業ですね、今の148万1,000円の環境譲与税の関係なんですけども、委託料として148万円計上されるんですけども、これアンケートとるとか、合意形成するとか、ここに、それは森林組合委託するとかいうことになるのかということと、アンケートとっても実際の事業に賛同者がなかった場合ですね、これそやけど、村がその人が10人おりましたと、1町ずつ持ってて

宮津市議会 2018-12-11 平成30年第 5回定例会〔12月定例会〕(第3日12月11日)

先ほどの地域林政アドバイザーですね、これ宮津地方森林組合さん、ここが餅は餅屋という感じで、京都府のこの法律に対して、伐採、運搬、保育を実施する事業者として手を挙げられているそうですね。この森林組合さん、地域林政アドバイザーとして、宮津市と一緒に台帳づくりから担っていきたいということをおっしゃっておられました。

京都市議会 2018-12-07 12月07日-04号

まず,都市生活基盤の復旧,被災者生活再建支援等につきましては,道路河川公園等の災害復旧に関して,災害復旧時に原状回復ではなく自然災害に耐え得るよう整備する必要性,倒木被害を踏まえ建設局産業観光局が森林組合等の関係者と連携して山の土地所有者へ働き掛けを行うなど防災減災対策に取り組む考え,災害時に一度に処分できない倒木の仮置場を設置する考えと設置場所を事前に把握する必要性,関西電力等の関係機関

福知山市議会 2018-09-28 平成30年第5回定例会(第5号 9月28日)

次に、林道・作業道維持管理等事業について、「委託料の内容」を問う質疑があり、被災した林道のうち、国の災害復旧事業の要件を満たさない箇所、及び国の災害復旧事業の対象外である作業道の復旧事業として、市所有のバックホーを使用した土砂や倒木の撤去、路面整地の業務を森林組合委託するものであるとの答弁がありました。  

福知山市議会 2018-09-12 平成30年第5回定例会(第2号 9月12日)

森林組合と1つの企業というか。その事業体も非常に不足で、どうしても外から入ってくる、そういう事業体を使わざるを得ないというふうなこともあると思います。そういう面での課題もあるし。こういうことについてはたくさんありますので、今回はやめておきますけれども、そういうことを反映して、この法律成立したときに、14項目の、この国会附帯決議がつけられております。

舞鶴市議会 2018-06-28 平成30年  6月 定例会-06月28日−資料

コンパクトシティについて   (1) 土地利用について   (2) 交通について   (3) 防災都市環境について   (4) 景観環境共生について   (5) 都市マネジメントについて  2 市有資産の有効活用について   (1) 使用されていない施設等について   (2) 今後の方向性について  3 新たな森林管理制度について   (1) 本市の私有人工林の現況について   (2) 舞鶴市森林組合

城陽市議会 2018-06-20 平成30年第2回定例会(第2号 6月20日)

それと森林組合。隣のまちとかにはそういうのがありますけど、本市にはどうなのか。4点目が台帳整備が来年4月までに義務づけられているということでございますけど、その理由。そして最後、台帳整備の内容とスケジュール。これについてお聞きをしたいと思います。よろしくお願いします。 ○増田貴議長  原産業政策監。 ○原俊之まちづくり活性部産業政策監  林地台帳の整備について幾つかご質問いただきました。  

与謝野町議会 2018-06-18 平成30年  6月 定例会(第82回)-06月18日−05号

それから、一時心配しましたのは、週刊誌等でも紹介をされたわけですけれども、このモノレーターというのは、ラック・アンド・ピニオン方式と言われる、いわゆる方式で、これが動いておるというもので、もともとは奈良県の天川村の森林組合が、その森林作業員を、非常に山が深いですから、奥まで送っていくのに、これが使われておった。

与謝野町議会 2018-06-11 平成30年  6月 定例会(第82回)-06月11日−02号

この与謝野町を含む1市2町を、宮津市森林組合が管理されていると思っております。  それでは、質問に入ります。  一つ目、当町の、森林管理の状況をお聞きします。  二つ目、森林所有者の不在、所有者不明などが多くあり、管理が難しくなっていると聞くが、その点についてお聞きします。  三つ目、各市町村には、森林管理に対応する人(担当者)がいないと聞きますが、その点についてお聞きします。  

南山城村議会 2018-03-16 平成30年予算決算常任委員会( 3月16日)

「奥森由治議員」 ○6番(奥森由治君)  予算資料の28ページの林業振興対策事業ということでカウンターやら保育園の遊具ですか、をやるということなんですけども、もっと村の林業自体、いうたら森林組合育成する、森林組合ありますけども、本体、森林を整備するほうのこの金にも、これは利用できないのかどうかっていうことが1つと。それにも使えるのかどうかということと。

舞鶴市議会 2018-03-15 平成30年  3月 予算決算委員会経済消防分科会-03月15日−01号

それ以外にも森林組合が管理しているもの、あるいは地域で作業道として開設されて林道と呼ばれているもの等もありますので、橋としてはもう少しあるかと思いますけれども、まずは市の管理の範囲をしっかりと整理して、その後残りの部分についてもいろいろ主体になるべき団体さんのほうとも検討していきたいと思っております。 ○副委員長(今西克己) ほかにありませんか。      

宮津市議会 2017-12-22 平成29年第 4回定例会〔12月定例会〕(第5日12月22日)

議第106号 宮津市林業振興センターの指定管理者の指定において、宮津地方森林組合の経営状況はとの質疑があり、現状では黒字の決算である。経営環境は少しずつ厳しくなっていると聞いているが、経営努力で仕事を受注しており、黒字で推移しているとの答弁がありました。  議第107号 宮津市海洋つり場の指定管理者の指定において、選定委員会の意見は売却や譲渡が目立つ。

福知山市議会 2017-12-14 平成29年第7回定例会(第4号12月14日)

○(大橋一夫市長)  本市の人工林については、その大部分が利用可能な林齢となっており、その資源有効に活用することが、森林整備の促進に不可欠であるとの考えのもと、適正な保全管理と森林所有者の負担軽減を目的に、森林組合が行う搬出間伐などに対して支援を行い、間伐を促進しているところでございます。

大山崎町議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第2号12月11日)

あわせて、森林組合にも現場を確認していただいたところであります。切り株の残された数カ所等につきましては、既に、業者と打ち合わせを進めており、今後対応をしてまいります。  次に、問5.倒木の除去作業に町の職員の大勢が従事されたが、結果はより危険な状況に処理した。万一この場所で人身事故が起これば、町の賠償責任が派生する。このことについての答弁はについてであります。