6208件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡京市議会 2021-03-18 令和 3年議会運営委員会( 3月18日)

次に、Ⅴ-6 通信機器持ち込みに関してなど時代に即した会議規則傍聴規則見直しについてを議題とします。  前回、お示しした検討課題について、会派届出順に御意見をお願いします。日本共産党さん。 ○小原明大委員  この、案1から案4というのが出されているやつですね。 ○上村真造委員長  はい。 ○小原明大委員  149条のほうですけど、案4の削除するがいいと思っています。

長岡京市議会 2021-03-10 令和 3年予算審査常任委員会第2分科会( 3月10日)

以前、小田市長時代やったか、あそこの東駐輪場及び東駐輪場の周りの田んぼとかを利用して、駅前広場みたいな形の構想と考えがあったんです。実際にその広さがあれば、いわゆるバスを回すようなところとか、大きなタクシー乗り場とかいうふうな形をつくれるというふうな形で、確か随分前やったかな、中心市街地整備特別委員会のときにも以前、昭和時代に計画された図面が出てきたことがあったかな。

長岡京市議会 2021-03-05 令和 3年議会運営委員会( 3月 5日)

次に、Ⅴ-6 通信機器持ち込みに関してなど時代に即した会議規則傍聴規則見直しについてを議題とします。2月12日の議会運営委員会での各会派の御意見をとりまとめたものを、お手元にお配りしております。御確認ください。  前回は、長岡京市議会会議規則第149条の携帯品と第153条の新聞紙等閲読禁止について、皆さんから御意見がありました。

長岡京市議会 2021-03-04 令和 3年文教厚生常任委員会( 3月 4日)

それから後、本当に時代の変遷とともに、いろんな事業を変えていかはるということも本当に感動しましたし、今後も、一つ一つ事業の、例えば今回の災害についてであるとか、子供さんととか、西山とか、いろんなことも福祉の視点でされているというところのポイントをこれからも進めていただいて、それをプロジェクト化しながらトータル的に社会福祉協議会として進めていかれたらいいのになというふうに思いますし、お金の動きについては

長岡京市議会 2021-03-02 令和 3年総務産業常任委員会( 3月 2日)

その意味では、大河ドラマのきっかけもあって、観光協会さんと連携をして、おもてなし店舗というような形で飲食店の受皿をつくるということもやってきましたし、今までであれば古墳であったりとか、戦国時代みたいな地域の資源を活用した形で商品開発をする事業者さんとか、そういった形の巻き込みをするためのマルシェイベントとか、そういうこともしてきましたので、そういった成果が一定見られているのかなというふうに考えているところです

長岡京市議会 2021-02-26 令和 3年第1回定例会(第2号 2月26日)

社会の在り方が劇的に変わるSociety5.0時代の到来、新型コロナウイルス感染拡大など、先行き不透明な予測困難な時代のように、急激に変化する時代の中で育むべき資質能力の育成を行うことが求められています。今後、新学習指導要領の着実な実施、ICTの活用、教員の働き方改革の推進などを進める中で、従来の日本型学校教育を発展させ、令和の日本型学校教育実現していくことを目指しています。  

京丹後市議会 2021-01-14 令和 3年第 1回臨時会( 1月臨時会)(第1日 1月14日)

3ページから4ページには、新たな時代潮流と現状認識としまして、(1)ウィズコロナ・アフターコロナ時代への対応、(2)Society5.0の実現に向けた先端技術活用、(3)人口減少少子高齢化の進行、(4)持続可能な開発目標「SDGs」の活用の4項目の内容を記載をしているところでございます。  

京都市議会 2021-01-13 01月13日-19号

先生の数をきちっと増やし,確保し,そして,学級を適正に分散化するという,こういう教育流れが今の新たな流れとしてあるということと併せますと,小中一貫校整備事業,あらゆる多用途なスペース確保もされながら,新しい建物ということで想定はされているとは思うんですけれども,やはり新時代の新課題,こういったこともしっかり加味して,とりわけCOVID-19を仮に克服できたとしても,新たな新種のウイルスへの対応ということが

舞鶴市議会 2020-12-25 12月25日-05号

昭和55年の文庫山学園開館当時と比べると時代が大きく変わり、税収の減少により財源も厳しくなっている。受益者負担適正化の観点から、高齢者現役世代を問わず、利用者公平性を保つことをお願いしたい。 高齢者の方々の培われた知見を次の世代に伝えていただけるよう、未来を見詰める活動の場として、多世代交流施設をうまく利用いただきたい。