2883件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

京丹後市議会 2019-12-20 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第5日12月20日)

その中で、ここはこの事業は東京2020オリンピック聖火リレー事業として350万円ですが、先日、私、新聞の記事を少し見ました。例えば、南丹市は警備費などで約1,000万円の負担を求められたとして断ったと。その分を災害復旧子育て支援に使いたかったという理由で断ったと。それから京丹波町も警備費や人件費に約1,500万円の負担を求められた。ここも断ったという記事があるわけです。私は確認です。

木津川市議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第6号) 本文 開催日:2019年12月19日

新聞記事が載った後の25日から本会議開会までの月曜日から木曜日の4日間で、加茂体育館の使用者であるスポーツサークルに対して電話をかけて、3月から使用禁止です。受け付けも行いませんので、他の学校体育館に行ってくださいと連絡されています。きっと、この電話に出た人は、びっくりされていることでしょう。  私のところにも電話がかかってきたので、確認をしました。

木津川市議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年12月16日

ある方が、新聞に書かれていました。そんな道に見えるんですね。  以前、多分、看板とかを見ると、京都府観光連盟というような看板が立っていますから、それ以降、何もされていないと私は思っているんです。コンクリートも割れていますし、本当に歩きにくいし、それからこけはるし、イノシシで掘れているし、やはりそこのところは見守りながらしていただきたい。

福知山市議会 2019-12-13 令和元年第5回定例会(第4号12月13日)

このような雑紙は、紙袋や紙箱に入れて出してもよいのか、また、新聞雑誌等を出すときに使われたビニールひもは、紙ではない不純物とならないのか、どう処理されているのか。古紙を束ねるひもは紙ひもにしたほうがよいのではないか、お尋ねをいたします。  (2)マイバッグ、マイボトル運動について、お尋ねします。  

木津川市議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年12月13日

今後は、そのふえたお客さんを京都府の北部・南部に回ってもらうような観光の展開が必要だというところは、先日、京都新聞でも見ましたし、京都府の総合戦略の中でも打っておられます。そこに木津川市としてもやはり乗っかかっていく、何かPRしていく、まちを挙げて取り組まなくてはならないんですね。これ、非常に難しいことだと思うんです。

城陽市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第2号12月12日)

それから、東京オリンピックの件でありますけれども、今、何兆円で抑えるとか何とかいうて出てましたけども、この前も新聞で、全部合わせたら3兆円になるんじゃないかなとか、それは東京オリンピックのときに新幹線をつくったり、高速道路をつくったりとか、あるいはまちの改造をしたというようなことで、後世に残ることの経費も入っていたからよかったという部分と、何でこれだけ使うんやという意見との両輪が交差していたような感

京丹後市議会 2019-12-11 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第3日12月11日)

市長の新聞社への修繕費の多寡を存続の目安としているような答弁を見ても、休止の後は閉鎖するぞと受けとめられても仕方がないと思われます。新聞報道のとおり、市長の本音としては、2年間の休止後にスイス村スキー場の完全な閉鎖を考えておられるのかどうか、所見をお聞きします。 ○(松本聖司議長) 市長。

福知山市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2号12月11日)

両丹新聞にも、どぶろく「鬼ババァー」が全国優勝に導いた記事が載っておりました。どぶろくの製造には、製造業者の皆さんの努力とともに、特区をとるために、事業者と観光協会大江支部が連携し、特区の認定を受けた経過もあります。3件のどぶろく製造を行う地域の力をアピールをする必要があると考えています。

八幡市議会 2019-12-11 令和 元年第 4回定例会−12月11日-04号

さて、1月19日付の地元新聞朝刊には、八幡市長選、堀口氏出馬へのくだりで、来年2月9日告示、16日投開票の本市市長選挙に向け、11月18日に複数の関係者に立候補の意思を伝えたと報道。また、昨日の朝刊では、3期目を目指し立候補することを正式に表明したとの報道がなされました。  さて、本年は第5次八幡市総合計画が策定され2年目の年であります。

京丹後市議会 2019-12-10 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第2日12月10日)

合併の評価・検証と、過去のすぐれた政策の実施ということで、平成の大合併人口減少加速という日弁連の調査結果が新聞に掲載されました。日弁連の調査によると、平成の大合併で、合併した自治体合併せず存続を選択した自治体と比較して、人口減少が加速傾向にあるとされています。京丹後市も同様で、人口減少は加速し続けていますが、その原因も含めて、市長は京丹後市の合併をどのように評価をされていますか。

南山城村議会 2019-12-05 令和元年第 4回定例会(第1日12月 5日)

議長(廣尾正男君)  「梅本章一議員」 ○7番(梅本章一君)  それからですね、MaaSのですね、ちょっと新聞報道で読んだのは、例えば月ヶ瀬ニュータウンから大河原駅まで走るような話と、私が聞いてる中では道の駅とか、月ヶ瀬口駅ということで、恐らく自動、電気自動車の場合は速度は出ないと思いますので、163走るのは厳しいやろうなというふうに思いますのでね、ですから月ヶ瀬口と道の駅、そして月ヶ瀬口駅というものが

京丹後市議会 2019-12-02 令和元年議会改革特別委員会(12月 2日)

○(奥野参考人) 新聞記事をめぐってみると、過去に、口きき、利益誘導、そういう質問が目立つ。これは、政治倫理条例に抵触すると私は考えて、見させていただいております。  先日、府議会だよりが新聞折り込みに入っていました。ある議員が、名前忘れました。しかし、舞鶴出身の議員が、舞鶴市のガスの基地かなんかという記事が載ってました。あれ見て、醜い。舞鶴の府会議員が、舞鶴ことだけ言いよった。