3789件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

京都市議会 2023-10-30 10月30日-05号

検討する必要性,今後ますます支援ニーズが高まる中での医療的ケア児保育支援の方向性及び支援の拡充に向けて積極的に取り組む必要性,他の政令市における保育園の紙おむつ処分費用に係る自治体負担の実施状況を踏まえた本市の処分方法に対する見解,待機児童対策について保護者にとって直接的な受益があり子育て環境をアピールするうえで看板となる京都ならではのサービスを行う必要性,ボランティアに支えられている放課後まなび教室

京田辺市議会 2023-06-20 06月20日-02号

さらに、昨年からは小中学生向けの科学実験教室や中学生向けのスポーツ教室海外留学する学生による海外交都市発掘調査、音楽学科の学生による小学校での歌や楽器の演奏など、京田辺キャンパスの特徴を生かしながら、子どもたちを中心に連携の成果を市民に還元できるような新規事業にも取り組んでいるところであります。

京都市議会 2022-10-01 10月01日-04号

しかしその一方で,民間ボランティア等が,自主的に夜間教室を開設,運営され,多様な教育ニーズに応えておられることも忘れてはなりません。 さて,京都市では,平成19年にいち早く,夜間中学不登校生徒を対象にした特別教育を昼間部・夜間部の併設型で,旧郁文中学校の校舎を継承活用し,洛友中学校として開校されています。

京都市議会 2022-09-30 09月30日-03号

中間,期末テストを受けに行ったのに,体制が採れないと別室でなく教室に入れられた。テストの成績評価も当日受けなければ,参考評価でしかない。夏休みの課題でも,きちんと対応してもらえなかったなどなど。 学校の役割は,一人残らず子供に学ぶ権利保障することです。

舞鶴市議会 2022-09-18 09月18日-04号

また、人材育成の取り組みとして、このまちの将来を担う子供たちにITに関心を持ってもらうため、さくらインターネットや舞鶴工業高等専門学校協力のもと、小学生高学年を対象としたプログラミン教室をコワーキングスペースで開催したところ、大変好評をいただいているところであり、保護者の方々から、IT業界への興味を持つ子供育成するよい機会であり、今後もこのような機会をふやしてほしいといった意見をいただいているところであります

舞鶴市議会 2021-09-17 09月17日-03号

さらに、J&J事業創造・ハッシャダイファクトリー・美京都(みやこ)とは、赤れんがコワーキングスペースを拠点として、多様な企業間の連携や若者同士の交流の創出、市内の小学生を対象としたプログラミン教室を通じた人材育成、さらには、全国から職を求めて地方で働きたい若者と人材不足で困っている市内事業所との就労マッチングを目指しております。 

舞鶴市議会 2021-06-14 06月14日-03号

市といたしましても、平成27年に実施いたしました舞鶴市在住の外国籍市民へのアンケート調査におきまして、日本語が話せないために災害時の対応や行政機関病院等の手続に不安を持つなどの外国籍市民存在が明らかとなったことから、NPO法人舞鶴国際交流協会の皆さんと協力をし、平成29年11月より「にほんご教室」を開設し、個々のレベルに合った学習支援を行っているところであります。 

京都市議会 2021-05-27 05月27日-02号

本市では,学校統合による閉鎖校をはじめ,教育施設の跡地や学校の空き教室等を活用し,不登校を経験した生徒のための中学校である洛風中学校平成16年度に,さらに,平成19年度には洛友中学校をそれぞれ開校するとともに,不登校子供たちが学校外で学習活動等を行う教育支援センターふれあいの杜を順次増設し,現在市内6箇所に開設しております。

京田辺市議会 2020-12-11 12月11日-04号

本市では、従来から児童・生徒の学習意欲を高めたり、情報モラルやプログラミング的思考を含む情報活用能力を高めたりするため、学校におけるICT環境の整備に努めてきており、コンピュータ教室の設置や、各クラスに電子黒板や大型モニターを設置し授業等で使用するとともに、情報教育セキュリティの確保にも努めてきたところです。 

舞鶴市議会 2020-12-11 12月11日-03号

こうした防災宿泊訓練は、平成30年6月18日午前8時ごろに最大震度6弱を観測した大阪北部地震で、実際に子供たちが通学途中で災害に遭い、そのとき対応に追われた学校関係者の中で、有事の際の判断の適切さが課題になったことから、保護者地域、教職員が連携して考案された防災宿泊訓練1泊2日を行ったことから始まり、災害時に難しいことの一つと言われている寝る場所の確保を、教室体育館を開放し、段ボールで自分たちの

京田辺市議会 2020-12-10 12月10日-03号

不登校の対応といたしましては、家庭訪問や別室登校、市内の適応指導教室への通室などにより、学習機会の保障社会的自立に向けた支援を行うなど、一人ひとりに応じた対応を行うとともに、スーパーバイザーとしての臨床心理士学校への派遣、小中学校不登校対応者による担当者会議の実施、さらに、スクールカウンセラーの全校配置等により、学校不登校の未然防止及び適切な対応を図っております。 

舞鶴市議会 2020-12-10 12月10日-02号

まず、「赤れんがコワーケーション推進事業」につきましては、赤れんが倉庫3号棟2階で株式会社J&J事業創造と展開しております「コワーキングスペース」において、教育機関企業等との連携による新たな交流と産業創出に係る事業に取り組んでいるところであり、舞鶴工業高等専門学校や日新電機株式会社と連携し、小学生を対象とした「エコ発電体験教室」を実施したほか、コワーキングスペースを企業合宿の場として活用された株式会社

京田辺市議会 2020-12-09 12月09日-02号

読み書きが苦手などの理由で教室での画一的な一斉授業にはなじめなくても、ここでは自分のペースで勉強することができます。それをサポートする専属の担任もいます。学校を休みがちだった男子生徒は、この居場所ができてから、ほぼ毎日登校するようになったといいます。不登校、その先を考え、そして当事者や学校だけの課題では決してない、子どもたちの未来、私たちの社会の未来そのものです。

舞鶴市議会 2020-11-28 11月28日-01号

現在、赤れんが倉庫3号棟2階で株式会社J&J事業創造と展開しておりますコワーキングスペースにおきましては、企業教育機関等との連携による新たな交流と産業創出に関する事業に取り組んでいるところであり、先月には、舞鶴工業高等専門学校、日新電機株式会社と連携し、小学生を対象とした「エコ発電体験教室」を実施したほか、コワーキングスペースを研修事業で利用されたソフトウエア開発を手がける株式会社フォーラムエイト

京田辺市議会 2020-06-25 06月25日-04号

また、学校に通おうとしても、校門をくぐれない、教室には入れない不登校生は含まれていますか。きょうあすにも夜間中学学びたいという人があらわれた場合、とりあえず全ての人たちの学び保障するという観点から、京都市奈良市大阪府下の夜間中学への入学を要請していただけるのかどうか、新市長のお考えをお聞かせください。