248件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

舞鶴市議会 2020-03-10 03月10日-04号

報道によりますと、東京電力福島第一原発で増え続ける放射能汚染水をめぐって、処理装置でも除去できない高濃度のトリチウムを含む汚染水処分方法について、今回、海洋放出大気放出を現実的な選択肢として挙げていることは大きな社会問題となっています。高浜でも、トリチウム汚染水を黙って海水へ流していたとの新聞報道に驚きました。 

宮津市議会 2020-03-03 令和 2年第 2回定例会〔3月定例会〕(第2日 3月 3日)

こうした木くず以外にも原発事故放射能汚染した大量の牛や豚を殺処分して埋めていたわけですけども、これを掘り起こして焼却場で一緒に燃やしているとのことでした。視察したときに燃やしていたかどうかわかりませんが、少し異臭がしたような気がします。  原発事故は絶対に起こしてはいけない、福島を繰り返してはいけないということを、視察をする中で改めて強く思いました。

宇治市議会 2019-07-03 07月03日-07号

放射能汚染の問題は、ここ宇治市も含めて日本全国の問題と言えます。 皆様御存じのとおり、事故から8年以上たった今も、事故直後に発令された原子力緊急事態宣言は現在も解除されておりません。事故収束されていないどころか、今も汚染は広がりつつあるのです。だからこそ、正しい知識を学ぶことが、被曝被害を最小限にとどめ、特に影響を受けやすい子供たち健康被害から守ることにつながります。

京田辺市議会 2019-06-25 06月25日-04号

除染土の再利用による放射能汚染の拡大は、ここ京田辺も含め全国の問題と言えます。原発事故収束という重い課題、そして全国放射能汚染という問題、このような状況の中で子どもたち原発事故放射能汚染から身を守り、これらの重い課題を乗り越えていくための知識と力をつけることは我が国の教育の喫緊の課題と言っていいでしょう。 この事故を受けて、文科省放射線副読本を作成しています。

宮津市議会 2019-06-05 令和元年第 2回定例会〔6月定例会〕(第2日 6月 5日)

大津波だけでなくて放射能汚染という未曽有被害をもたらした3.11、東日本大震災ですけれども、あれから間もなく8年と3カ月がたとうとしていますが、いまだに多くの方々がふるさとに帰れない状況、続いております。  私は、5月の9日に福島第一原発視察をしてきました。現地では、汚染水対策核燃料ブリ対策も遅々として進んでおりません。事故収束廃炉に向けての大きな課題です。先延ばしもできません。

京都市議会 2019-05-27 05月27日-02号

原発事故による被害を風化させないとともに,放射能汚染による被災者救済を求めて全国で30の賠償訴訟が闘われています。私も京都訴訟を支援する活動に参加しています。2019年3月末までに六つの判決で東電及び国の責任が断罪され,不十分さを残しながらも,避難指示区域以外からの避難者に対する避難の権利と補償を認める判決も相次いで出されています。 

舞鶴市議会 2018-10-03 10月03日-05号

また、子供たち放射能汚染から守る安定ヨウ素剤事前配布ですが、希望者だけでも事前配布をという市民からの要望に、補正予算でも予算化されず、冷たく背を向けています。 よって、第79号議案平成29年度舞鶴一般会計決算については認定できません。 次に、第80号議案平成29年度舞鶴水道事業決算の認定についてです。 平成28年4月から上下水道が統合され、同年10月から水道料金が値上げされました。

宮津市議会 2018-09-10 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第2日 9月10日)

福島原発事故による放射能汚染は広範囲に及びました。こうしたことからすれば、宮津市から30キロメートル圏内にある高浜原発はもちろんのこと、45キロメートル圏内にある大飯原発事故が起これば、宮津市は放射能汚染される可能性は極めて高くなります。  また、初めに申し上げたとおり、原発はさまざまな危険をはらんでいます。

木津川市議会 2018-03-13 平成30年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2018年03月13日

震災発生当時は、国・県からの放射能汚染連絡がなく、内部被曝を防ぐための安定ヨウ素剤(約44時間以内有効)の配布連絡もなかった。ヨウ素剤は、2日後に投与しても、内部被曝は防止できないのが現状である。  本市原発事故に対する対応現状は。また、国・府の対策に対してということで。  (2)府は、原子力発電所事故に備え、宮津市民長距離避難先として、南方面で木津川市を避難先一つとして挙げている。

長岡京市議会 2018-03-12 平成30年予算審査常任委員会第2分科会( 3月12日)

上村上下水道部長  府営水が全く受水できない状況というのは、先ほども言いましたように、本市だけではなく、かなりの広範囲の災害、例えば、放射能汚染があって、表流水が全滅になるといった場合かと思いますけれども、そういった事態に対して、通常の水道使用水量本市だけが確保できるという方法はなかなか難しいのかな。

京丹後市議会 2018-03-08 平成30年第 2回定例会(3月定例会)(第2日 3月 8日)

さて、京丹後市におきましては高浜原発大井原発から30キロ圏外ではありますが、福島放射能汚染の実態を見ますと、50キロの飯館村等々に放射能汚染が現に起きています。風の向きによっては放射能京丹後にも飛んでまいります。放射能に関しての、原発に関しての避難計画というのはつくっていただいていますが、現在ではどこに逃げていくか、とりあえず家の中へというような計画になっています。

京田辺市議会 2017-12-25 12月25日-05号

一つは、学校保育所給食において、子どもたち内部被曝ゼロに向けて、食材地産地消を目指すと同時に、放射能汚染の少ないと見られる地域から食材を調達することが求められています。二つ目は、放射能物質検査方法についてです。子どもが食べてしまった後に1週間分のミックス検査ではなく、汚染度の高いと思われる食材使用の場合は、その食材を優先的に事前検査してほしいというものです。