396件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

精華町議会 2019-06-24 令和元年度 6月会議(第6日 6月24日)

土木技術保育士、給食調理員など、しかし財政上、一気に増やすことはできないので、精査して採用計画を立てるとのことでした。原案可決です。  議案第48号 精華町火災予防条例一部改正について。この議案は避雷設備に関する事項として、日本工業規格から日本産業規格への名称変更と、住宅防災警報器等の設置の免除に関する事項です。  

精華町議会 2019-06-13 令和元年度 6月会議(第5日 6月13日)

増減要素の中に、やはり今まで、先ほど松田議員のほうからもありました働き方改革による教職員の超勤なんか非常に高いレベルのあるんで、それを抑えていくため、教職員そのものについては府の教育委員会裁量権だと思うんですけど、それを周りから支援していくっていうことはやはり地方自治体、町の責任でやはりそこらも十分果たしていっていただきたいと考えるのと、もう1点は、やはり今の事業部関係とか、上下水道等のやはり技術

城陽市議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第6号 3月28日)

入札不調の中身という形でございますが、現状の建設市況はご存じのとおりかと思いますけれども、技術の不足ですとか、労働者の不足、そういった部分と設備を中心といたしましての見積金額等に乖離がございました。そういった中で、工事予定しておりました価格に対しまして大きな乖離があったということで、業者さんのほうからの聞き取りはさせていただいております。  

向日市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第5号 3月19日)

また、官公庁庁舎の工事実績のある技術を擁した体制での業務遂行が予定されており、市民の理解を十分に得ながら、利用しやすく、親しみやすい新庁舎の整備を着実に進めていただけるものと期待もしております。  次に、省エネルギー化を目指すZEB Readyについて、具体的な提案がなされており、ぜひとも効果的なZEB(50%の省エネ化)を実現していただきたいと期待しております。  

長岡京市議会 2019-03-18 平成31年予算審査常任委員会小委員会( 3月18日)

そこで2点目として、将来にわたる安定した水の供給に向けて、水道技術の継続的な養成・確保について、これまでの取り組みと今後の方策についてお聞かせください。 ○滝川上下水道部長  議員から御案内ありましたように、まず本市水道事業の従事する職員につきましても、50歳代の職員が約4割を占め、全国の状況と同じであります。ですので、技術の継承が課題であると認識いたしております。  

南山城村議会 2019-03-13 平成31年予算決算常任委員会( 3月13日)

ですから、その間に動く状態にするのかという問題は、これ技術が入って調査しないとできませんので、とりあえず今回は予算はちょっと膨れた予算になってます。二重になりますから。その分を御理解をいただきながら、この休んでいる分を1年分は見てるけども、これを何ぼまで落とすかというのは、これから業者と詰めて下げてこうとしてます。  

京丹後市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会(3月定例会)(第4日 3月12日)

建設業界の体力の強化と体制の強化をすることによって、工事の発注を受けることができるようにできないかということで、松本直己議員も言っておられましたが、オペレーターの育成、若い技術を獲得する支援策、また施工管理をする技術資格取得支援など、費用の助成なども踏まえてできないものでしょうか。 ○(松本聖司議長) 建設部長

南山城村議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会(第2日 3月11日)

なかなか応募もされませんので、今回課長補佐級の退職が1名建設水道から出ますので、そういったことをフォローしていくためにも、やはり産業のハードの技術と統合する必要がある、プラス今、コンサルのほうから現場技術員という形で1名産業課のほうへ来ていただいておるわけですが、この分も建設水道課へ移しながら、正職員数としては7名は変わりはございませんが、現場技術員を別に建設水道課へ移して、実質動くのは8名になるわけですが

宮津市議会 2019-03-05 平成31年第 1回定例会〔3月定例会〕(第3日 3月 5日)

例えば15年前、10年前、5年前、現在というような水道事業の職員数、技術職員数の人数をお尋ねをいたします。  また、あわせて委託に出している業務、例えば水道メーターの検針とか、そういった業務もたくさんあると思いますけれども、どのような業務があるのかあわせてお伺いをいたします。 ○議長(北仲 篤)   山根建設部長

南山城村議会 2018-12-19 平成30年第 4回定例会(第3日12月19日)

質疑、庁舎管理事業の職員住宅新築工事の抜本的見直しとは、10月に入札したが技術不足のため不調に終わり、年度末までの完成は無理となった。職員の3分の2は村外からであること、また、移住定住政策養豚の跡地利用も考えなくてはならないとあり、抜本的見直しを図りたい。協議不足であった。  入札が成立していればそのまま進んだのか。入札不調がきっかけで抜本的見直しとなったのは事実だ。

城陽市議会 2018-12-06 平成30年総務常任委員会(12月 6日)

その国が広域化やら民間企業への売却を推進するような動きで、もうこれは、私は許せないなというふうに思っているんですけども、思っていますし、私は広域化についてはね、やっぱり技術、特に城陽は地下水で上水、鉄バクテリアとかね、この城陽の地域の特性を生かしたやっぱり水道の事業をずっと長く継続してこられて、やっぱりそういう技術の継承はすごく大事だと思うんですけど、広域化でそれが解消はされないというふうに思いますし

城陽市議会 2018-10-29 平成30年決算特別委員会(10月29日)

また、施設維持管理についてなんですけれども、営繕課が行う年1回の点検のほかに、ビルメンテナンス業務委託により自家用電気工作物、空調、エレベーター、自動ドア昇降設備などにつきまして、技術による点検、調整を行っておりまして、毎月提出される報告書によりふぐあいを確認して、必要に応じて修繕を行っているところでございます。

宇治市議会 2018-09-28 平成30年  9月 定例会-09月28日−05号

農業土木技術です。それがわかって、だから資料1−(1)のほうにおかしなことがあるんだなということがわかってきたんですね。  けさちょっと車で宇治川右岸、左岸を回ってきましたが、大事なことを一つ忘れておられますね。やっぱりこのコンサルタンツは農業土木技術なんですよ。朝日焼を忘れてるじゃないですか。朝日焼といえばお茶人の間では有名です。

与謝野町議会 2018-09-26 平成30年  9月 定例会(第83回)-09月26日−09号

この同一労働同一賃金、ちょっと振り返りますとヨーロッパにおきまして、例えば自動車工場で働く労働技術が、ほかの職場、ほかの会社に移転しても同じ賃金、同じ待遇はいただけるという労働運動が起こりまして、連帯という言葉が生まれまして、日本では連合ということになっておると聞いております。  

城陽市議会 2018-09-25 平成30年第3回定例会(第4号 9月25日)

○木谷克己まちづくり活性部長  農福連携推進に向けた行政の施策についてでございますが、行政としての施策としましては、1つ目には、障がいのある人が可能な作業を特定し、作業を指導・監督できる技術指導者の登録や派遣制度、2つ目には、農福連携事業を希望する社会福祉法人等への耕作放棄地や賃貸農地に関する情報提供、3つ目には、農作業の委託希望する農業者と社会福祉法人等のマッチングなどが考えられるところでございます

与謝野町議会 2018-09-18 平成30年  9月 定例会(第83回)-09月18日−06号

そういったところを、ただ、料金改正して若い方々を指導していったり、技術指導をしたりということも大事なんですけれども、やはりそこを本当に真剣になって考えていただいて、そこで後継者を養成するようなことも、今後は必要ではないかなというふうに思ってまして、技術あたりは、もうほとんど僕らの年齢であります。  

精華町議会 2018-09-10 平成30年度 9月会議(第4日 9月10日)

そうすると、何でもともと人を育てて、技術を育ててやらないのか、あるいはこのときだけ臨時の人を雇うなりなんなりしないのか、あるいは派遣を本当にきちっとした派遣として来てもらって業務をやってもらわないのか、どうしてそっちのほうをやらないのかということです。これは指導で、やめてくださいねって言われてるのにどうしてこっちをやるのか。

城陽市議会 2018-09-10 平成30年総務常任委員会( 9月10日)

技術の配置といった関係で困難という。無効というのについて、前にも何遍もお聞きしてるんですけど、これどういう原因いいますか、理由いいますか、それについてお願いしたいと思います。 ○堀岡宣之管財契約課長  入札の無効につきましては、入札金額内訳書をご提出いただいてるんですけども、それの計算に誤りがあったことによるものとなっております。