運営者 Bitlet 姉妹サービス
1448件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 八幡市議会 平成30年12月19日文教厚生常任委員会−12月19日-01号 現状が一応ほとんどの人がもう幼稚園か保育園に入っていると思いますし、そういう希望については、本市の場合は待機児童がありませんので、受け入れ体制について問題ないと思うけれども、急激に入園希望者がふえたときに、ふえるかどうかというのは、どの程度推察されているのかというのが、まず1点。それに対して、受け入れ体制が問題ないと。 もっと読む
2018-12-18 木津川市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年12月18日 (1)城山台児童クラブは、ことし4月に新設されたばかりの施設、4年生に待機児童があり、利用できていないと聞きました。市は、現状をどのように把握しているのか。  (2)城山台地区は、平成24年のまちびらき以来、人口が急増している地区である。城山台児童クラブの面積と収容予定人数は。また、国の基準に適合しているのか。  (3)城山台小学校は、児童数が将来1,000人を超えると予想されている。 もっと読む
2018-12-17 長岡京市議会 平成30年議会運営委員会(12月17日) 今、待機児童がいる現状で、あんまりフルタイムとうのは、やっぱり市民的にはあんまり理解が得られないだろうなと思うので、例えば自営業並みとかそういうふうになってくるかもしれませんけど、一つテーマにしてはどうかというのが2点目です。   もっと読む
2018-12-14 木津川市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月14日 2点目につきまして、具体には、木津川市子ども・子育て支援事業計画に基づき、「育てよう未来にはばたく子どもたち~子育て支援No.1のまちを築こう~」を基本理念に、待機児童対策や第3子以降保育料無償化事業、また、子育て支援センターやつどいのひろばの開設、保育コンシェルジュの設置など、さまざまな子育て支援に取り組んでまいりました。   もっと読む
2018-12-14 長岡京市議会 平成30年予算審査常任委員会第3分科会(12月14日) ○住田初恵委員  そういう、年度途中からそういう希望者があった場合、今までもずっと月が経るごとに待機児童数はふえてきてるわけですので、その年度途中に申請された方を、定員、広さ的には、新田保育所は5月以降はあるわけですので、そこに受け入れる、そういうことはできないのでしょうか。 もっと読む
2018-12-13 木津川市議会 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月13日 定員の確保については、4月1日時点での待機児童はゼロですが、毎年10月1日では待機児童が発生している状況です。  2点目と3点目につきましては、民間・公立とも制度的に共通する内容ですので、あわせて御答弁させていただきます。   もっと読む
2018-12-13 木津川市議会 平成30年第4回定例会(第2号) 議事日程及び一般質問表 開催日:2018年12月13日 行政地域制度の役割│ │  │         │2) 放課後児童クラブの改善を             │ ├──┼─────────┼───────────────────────────┤ │2 │ 西 岡 政 治 │1) ブロック塀の指導と対策を             │ ├──┼─────────┼───────────────────────────┤ │3 │ 尾 崎 輝 雄 │1) 待機児童対策 もっと読む
2018-12-12 福知山市議会 平成30年第6回定例会(第2号12月12日) 費用負担のほかにも、無償化を先行して実施している自治体では、多数の待機児童が発生しているということもありまして、無償化によって、来年度以降の入所児童の増加に対応する保育士、幼稚園教諭等の確保などに大きな課題があると考えているところでございます。 ○(大谷洋介議長)  吉見茂久議員。 もっと読む
2018-12-11 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月11日) 現状に即した待機児童の把握に基づいて、この待機児童問題を解決することで、女性が輝き、さらに地域社会や経済の場で活躍できるよう応援する必要があるのではないでしょうか、御見解をお伺いいたします。  次の項目として、発達障がいなどの支援についてお伺いいたします。   もっと読む
2018-12-10 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月10日) 本当にその待機児童となっている子供さんの御家庭にとっては、拡充をされていることは、本当に前向きなことだと私たちも評価をしています。 もっと読む
2018-11-08 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(11月 8日) 2点目に、受け入れの状況になるんですけど、今年度、30年度4月も、待機児童ですね、国基準に基づく待機児童というのはゼロというのは維持させていただいているところでございますが、やはりゼロ歳から5歳の人口に対する保育所入っていただいてる園児さんの入所率というものが年々上がってきていますので、来年度の4月というのも、まあ、今は、委員さんのご指摘のとおり、用紙の交付は始まってるんですけど、予断が許さない状況 もっと読む
2018-10-02 京都市議会 平成30年 10月 決算特別委員会第2分科会(第2回)-10月02日−02号 個別の施策概要につきましては,後ほど御説明いたしますが,保育所の新増設や私立幼稚園の預かり保育の拡充等により,国定義で5年連続待機児童ゼロを達成し,学童クラブにおいても7年連続待機児童ゼロを達成いたしました。  また,保育士等の処遇改善の更なる充実,各区役所・支所に子どもはぐくみ室を設置し,コンシェルジュ機能を担う職員を育成しました。   もっと読む
2018-09-28 長岡京市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月28日) 保育では、平成11年に、児童数の減少を理由に民営化を打ち出し、抜本的な待機児童対策をしてこないまま、今度は待機児童解消を目的に民営化する方針を打ち出しました。まさに民営化ありきです。  市民には、多様で柔軟なサービスと言いますが、その本音は経費の削減です。 もっと読む
2018-09-28 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月28日−05号 項目3、保育所の待機児童ゼロについて伺います。女性にとって住みやすい環境をつくることは、人口増加、さらに子育てには大変重要と考えますが、本市における待機児童増減の推移はどのようになっていますか。お聞かせください。 ○議長(坂下弘親君) 星川福祉こども部長。 もっと読む
2018-09-26 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月26日−03号 この間の本市の子育て支援に関する具体的な取り組みといたしましては、保育所の待機児童対策として、保育の質を保ちながら認可保育所等の定員増や、家庭的保育や小規模保育の実施箇所の拡大を図っておりますほか、子育て支援医療の対象年齢の拡大や、病児保育・育成学級の対象学年拡大に加え、先ほど御紹介いたしました子育て情報誌のフルカラー化やLINEによる情報発信、さらに本年4月からは宇治市子育て世代包括支援センターを もっと読む
2018-09-25 久御山町議会 平成30年第3回定例会(第4号 9月25日) 待機児童解消・親の就労などに応じた多様な受け皿の確保、少子化が進む地域の施設統合が求められる。  2つ目は、質の向上。幼稚園は文部科学省が管轄する学校教育を行う施設であり、保育所は厚生労働省の管轄下にある児童福祉施設です。この2つの機能を兼ね備えた施設で、全ての子供に質の高い幼児教育を実施されたのが、幼保連携型認定こども園の始まりです。   もっと読む
2018-09-25 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会小委員会( 9月25日) 平成30年度8月現在の待機児童数、平成31年度・32年度の保育量見込み、平成29年度の保育所整備率をお聞かせください。 ○池田健康福祉部長  まず、平成30年度8月現在の待機児童数ですが、市の基準ですけれども、ゼロ歳で34人、1歳で38人、2歳で12人、3歳で7人、4歳で1人、5歳で1人の、合計93人であります。   もっと読む
2018-09-25 城陽市議会 平成30年第3回定例会(第4号 9月25日) 保育ニーズの高まりでは、2号・3号認定の保育利用数は見込み量より、平成27年度ではプラス124人、平成28年度はプラス234人、平成29年度はプラス238人と、待機児童がふえています。量・質ともアンケート調査を踏まえた今後の子育て支援計画の中で方針を決めると答弁をされていました。待機児童を出さない方針がある本市の受け皿は、今後の課題です。  それでは、お伺いいたします。 もっと読む
2018-09-20 八幡市議会 平成30年9月20日文教厚生常任委員会-09月20日-01号 また有都こども園への統合は、保育需要が高まる中、待機児童が出ることが懸念されたため、これまで見送っておりましたが、欽明台地域での認定こども園化が進んだことにより、表2にありますとおり、平成30年度には両園の園児の合計が有都こども園の定員を下回り、みやこ保育園の園児を受け入れられる状態となりました。 もっと読む
2018-09-19 久御山町議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月19日) ○議長(戸川和子さん) 田井子育て支援課長          (子育て支援課長田井 稔さん自席答弁) ○子育て支援課長(田井 稔さん) 本町の療育教室の定員は60名としており、現時点で待機児童は出ておりません。 もっと読む