68件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

城陽市議会 2018-06-12 平成30年総務常任委員会( 6月12日)

①平素からJ-ALERTによる情報の伝達と弾道ミサイル落下時の行動の周知に努めることを明記する。  ②都市部に限らず、地下施設等を避難施設に指定するよう配慮すること及び避難施設の収容人員を把握し、地域的な偏りがなく、より多くの避難施設を指定するよう配慮することを明記する。  ③地下への避難訓練や様々な情報伝達手段を用いた訓練等、弾道ミサイルを想定した避難訓練の内容を例示として追加する。  

京丹後市議会 2018-03-08 平成30年第 2回定例会(3月定例会)(第2日 3月 8日)

○(荻野危機管理監) J-ALERTの関係ですが、J-ALERTだけでよいのですかという質問に対しましては、弾道ミサイルが当地域に落下する可能性がある場合に、市としてまず行うべきことは、国から発信される情報をJ-ALERT(全国瞬時警報システム)によって迅速かつ的確に市民の皆様にお伝えすることが最も重要というふうに考えています。  

城陽市議会 2018-02-28 平成30年総務常任委員会( 2月28日)

6ページ以降につきましては、避難実施要領の例でございまして、6ページから8ページは弾道ミサイルによる攻撃に対する場合、9ページ以降はゲリラ特殊部隊による攻撃に対する場合、10ページから14ページは比較的時間的な余裕がある場合、15ページから16ページは昼間の市街地における突発的な攻撃の場合、17ページ以降は市街地における化学剤を用いた攻撃の場合の例でございます。  説明は以上でございます。

福知山市議会 2017-12-12 平成29年第7回定例会(第2号12月12日)

11月29日未明、北朝鮮弾道ミサイルを発射し、高度4,000キロメートル超、水平距離約1,000キロメートルを飛行して、日本海日本の排他的経済水域、EEZ県内に着水しました。通常の軌道より高い軌道で飛行しましたが、仮に通常軌道で発射された場合の射程は1万3,000キロメートル以上であり、米国本土を射程におさめることのできる弾道ミサイルであります。

精華町議会 2017-12-05 平成29年度12月会議(第1日12月 5日)

特に危惧する事案としては、北朝鮮がことしに入り15回、20発もの弾道ミサイルを発射し、そのうち数回は日本上空を通過していることであります。  北朝鮮のこの行為により、国内外での緊張が高まっておりますが、私たち日本国民としましては、国際社会平和と安定を望むものであります。また、ことしは10代の若い力が活躍した年でありました。

城陽市議会 2017-10-31 平成29年第3回定例会(第4号10月31日)

弾道ミサイルが発射されたと想定した場合の市民への情報伝達手段につきましては、国が直接携帯電話会社通信回線を利用して発信する緊急速報メールや本市の安心・安全メール等、主として携帯電話を活用した情報伝達手段に限定されていることに状況は変わりございません。 ○増田貴議長  土居議員。 ○土居一豊議員  安心・安全メールは、今、どのぐらいの方が登録されておられますか。 ○増田貴議長  田川危機管理監。

宇治市議会 2017-09-28 平成29年  9月 定例会-09月28日−05号

次に、弾道ミサイル落下の備えについてお尋ねします。日本を取り巻く環境は大変厳しく、特に北朝鮮ミサイルを発射することがたび重なり、国におかれましては、国民生命財産を守るために諸外国と連携をとりながら、万全の体制をとっていただくことを期待するところですが、市民の方々にもこれまでにない不安が募っています。市はどのような対策をとられるのか、お考えをお聞きしたいと思います。

向日市議会 2017-09-19 平成29年第3回定例会(第4号 9月19日)

朝鮮は、太平洋上に向けて、通告なしに日本列島の上空を飛び越える弾道ミサイルの発射を強行しました。これは世界と地域平和と安定にとっての重大な脅威であり、国連安保決議に違反した暴挙です。日本共産党は、厳しく批判し、抗議しております。国際社会及び日本政府に対して、米朝両国に直接対話を促し、危機打開と問題解決を図るために可能なあらゆる手だてを取ることを強く要請しております。

木津川市議会 2017-09-19 平成29年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2017年09月19日

また、8月29日には、何の前ぶれもなく、北朝鮮弾道ミサイル発射という暴挙に出ました。ミサイルが上空を通過した北海道のえりも町は、J-ALERTと連動し、住民に情報を伝える防災行政無線が作動しなかったため、約50カ所ある屋外スピーカーが鳴らなかったとのこと。総務省消防庁によると、少なくとも7道県の16市町村防災行政無線から音声が流れないといったトラブルが発生したとのことであります。  

木津川市議会 2017-09-12 平成29年第3回定例会(第2号) 議事日程及び一般質問表 開催日:2017年09月12日

────────────────┤ │  │       │1) 家庭系可燃ごみ有料指定袋制に係る市民説明会での疑問│ │4 │九社前 聿 朗│2) コミュニティバスの路線改善を           │ │  │       │3) 水道管破損による対応・復旧を聞く         │ ├──┼───────┼───────────────────────────┤ │  │       │1) 弾道

大山崎町議会 2017-08-31 平成29年第3回定例会(第3号 8月31日)

平成28年における北朝鮮ミサイル発射件数は20件、そして、本年平成29年はさきの8月29日早朝に発射された中距離弾道ミサイルを含め、13件となります。  この通告をつくった段階では、ミサイル発射がされるということは考えていなかったのですが、現実に、危機が迫ってきている状況にあります。  

長岡京市議会 2017-06-15 平成29年第2回定例会(第3号 6月15日)

質問の1点目は、弾道ミサイルに関する広報についてです。  日本共産党は、いかなる国や勢力であっても、武力行使や武力による威嚇で、人々の命や平和への願いを踏みにじることは許されないと考えます。  この間の北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射については、国連安保決議や日朝平壌宣言にも背く暴挙であり、その都度厳しい抗議の意を表明してきたところです。  

大山崎町議会 2017-06-13 平成29年第2回定例会(第2号 6月13日)

ちなみにこの京丹後市に設置されましたXバンドレーダーといいますのは、マイクロ波使用したレーダーであって、発信出力と解像度が大きく、探知能力と探知距離にすぐれており、ミサイル防衛において特に弾道ミサイルの飛来をいち早く察知、そして追尾する役割が期待されているものであり、平和の安定には欠かせない施設であると認識をしておりますがゆえに、この平和や安定に対して反感を持つ国家がこのあたりを狙うということは、

精華町議会 2017-03-06 平成29年度 3月会議(第3日 3月 6日)

特に2回の核実験を強行し、20発以上の弾道ミサイルを発射した昨年来、北朝鮮による核・弾道ミサイルの開発及び運用能力の向上は新たな段階の脅威となってきています。  本町においても北朝鮮弾道ミサイル発射に対する抗議声明が何回も精華町長及び精華町議会議長名で出されております。そうした中、あってはならない事態から国民保護する国民保護法と、それに基づく地方公共団体の責務とは何かについて伺います。