248件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

木津川市議会 2019-08-29 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年08月29日

土木費では、小川流域の内水対策として、排水能力を向上させるため、排水ポンプ施設整備の具体化に向けた整備内容の検討や施設整備の予備設計を行うため、設計委託料を新規計上しています。  消防費では、地域防災力の向上を図るため、消防庁から採択された自主防災組織等のリーダー育成・連携促進支援事業を実施するため、必要な経費を増額しています。  

木津川市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2019年06月26日

1)小川は、市の中心部を流れ、流域面積は361.1ヘクタールあり、近くには行政機関医療機関公共交通機関教育施設などの重要施設があります。排水ポンプ能力の強化、反田川から井関川への流域変更(毎分30トン)と、前向きな取り組みをしているが、近年頻発している豪雨や想定外の降雨などを考慮すると、より強化が必要と思う。

木津川市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年06月25日

水の大切さ、南加茂台地域の水源であるので、木や田があって、その一滴が小川になって、当尾の里から出ている。だから、私たちは当尾を守っているんやという話、田や畑は高齢化により草が生えて荒れていますと、耕作放棄地の解消を考えてほしいということ、それを行政に伝えてほしいということです。  猿やイノシシの害があります。学校を残すべきであったと、ここも思ってはる、やっぱり。

木津川市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2019年03月18日

次に、小川内水対策事業の減額内容は。また、国の他事業に含まれているとは何かとの問いに、昨年度は府の事業ではできなかった業務部分を市で計上したが、今年度になって国が検討している事業と内容が重なっている部分があることがわかったため、減額する。木津川が破堤したときに、3日以上滞水する場所があり、その木津川の外水を速やかに川に戻す方法を検討する業務が、内水対策の検討と内容が同じであったためである。

木津川市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年02月22日

また、3目河川新設改良費では、府施工による赤田川改修事業の進捗状況に伴い、関連する貝鍋川改修工事費2,000万円の全額を減額するなど、河川改修工事費3,126万円を減額、また小川内水対策事業費の設計委託料1,228万円の減につきましては、木津合同樋門の排水能力増強に向け、国・府・市が連携して取り組む中、国土交通省が行う他業務に同様の内容が含まれていることから、当該予算の全額を減額するものでございます

木津川市議会 2018-12-17 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年12月17日

また、住民が心配している小川都市下水路の洪水も心配されます。いや、既に濁水そのものは発生しています。部長、確認されているでしょうか。そして、その濁水について、市はどういう責任をとろうとしているのか、このことは裁判とは一切関係ありません。答弁を求めたいと思います。 ◯議長(高味 孝之) 副市長。

精華町議会 2018-12-07 平成30年度12月会議(第3日12月 7日)

精華大通り歩道につきましては、かなり幅が広くって、遊水路があったりとか、あるいは樹木帯があったりとかいろいろするわけなんですけれども、先ほど答弁の中で遊水路、小川も複雑な経路になっておるんで、なかなか善処しがたいいうふうなことがございましたけれども、そういう複雑なところだからこそ通行者にとっても、あるいは自転車の方にとってもどこを通ったらいいのか余計わからなくなるということで、例えばこれ一例なんですけれども

城陽市議会 2018-12-06 平成30年総務常任委員会(12月 6日)

小川智行経営管理課庶務係長  新市街地と白坂の水量についてお答えさせていただきます。  平成30年度から稼働をしてる事業者等、いらっしゃいますので、30年、4期分という形でお話しさせていただきますと、新市街地で3,178立米、白坂のほうで3,126立米となっております。ですので、この形で計算いたしますと、年間で申しますと、両方合わせまして約4万立米程度になるかと考えております。  

城陽市議会 2018-11-12 平成30年決算特別委員会(11月12日)

小川智行経営管理課庶務係長  木津川流域の不用額についてご説明をさせていただきます。木津川流域の維持管理負担金につきましては、当初予算につきましては木津川流域で定められております単価でございます51円、これに排水の予定量をかけた額、それに消費税を掛けた額として予算を計上しているところでございます。

宇治市議会 2018-09-07 平成30年  9月 建設水道常任委員会(第9回)-09月07日−09号

そういう水に触れるのでは、蛍のときはその場に入れないんですね、小川が中にありますけども。何のためにというか、植物公園、ただ見て回るだけという形になりがちなので、そこを根本的に変えていかないとだめだと私は個人的な意見として思っていますので、その辺も含めてまた、当局のほうでも検討委員会に意見を求めるのであれば、その考え方なりをお知らせしていくようなことも必要なのかなと思いますので。

木津川市議会 2018-06-25 平成30年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年06月25日

(3)台風集中豪雨により、木津合同樋門を閉じたとき、内水小川・反田川)の氾濫により、床下・床上浸水などの被害が起こってきました。この流域の今現在の排水能力は、(常設ポンプ毎分30トンが5台、パッケージポンプ毎分10トンが1台、排水ポンプ車毎分30トンが2台(山城支所に配備))合計毎分220トンの内水排水能力となりますが、内水氾濫までの雨量や安心できる時間的目安はどうなのか、お聞きします。  

木津川市議会 2018-06-21 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年06月21日

そのときに見たわけですけれども、そこのところの南後背川の、いわゆる樋門のあるところですけれども、1年たった今でも泥がたまったままなんですけれども、その辺、見られたかどうかちょっとわかりませんけれども、そういう点で、そういう場所、いわゆる小川都市下水であったり、いわゆる準用河川であったり、一級・二級河川であったり、いわゆるしゅんせつする場所の関係について、するところが機関がみんな違うと思うんですけれども

木津川市議会 2018-02-26 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年02月26日

過去に経験したことのないような災害が、いつどこで起こるか予想がつかないことから、被害を未然に防ぐ取り組みと災害を想定した備えが重要であると考えており、小川内水対策として、ポンプ施設の整備やポンプ車の購入などの対策を実施しております。  また、現在、国・府と連携いたしまして、内水対策の検討会を実施しておりまして、さらなる対策について、検討をしてまいりたいと考えております。  

木津川市議会 2017-12-15 平成29年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2017年12月15日

また、この場所では限界があるならば、小川系・反田川系・南後背川系の根本的な解決策と対処法策をどのように市長はお考えなのか、お伺いします。  そして、向日市や長岡京市で府が行っている、桂川右岸流域下水道雨水対策事業の「いろは呑龍トンネル」のような事業等の具体策を本市でも早期に打ち出し、府や国に事業認可を受けて進めていただきたい。

向日市議会 2017-09-19 平成29年第3回定例会(第4号 9月19日)

関連して、一委員より、地元農家組合からも要望されている前小川の一部改修をするようにし、農業用水の確保に努めてほしいとの意見が出されました。  一委員より、新聞報道がされた、日本電産が進めている森本区内の農地が工場に転用されたとした場合、水路のつけかえなど防水対策について質疑があり、これに対し、まちづくり条例都市計画条例に基づく雨水対策を行ってまいりたいとの答弁がありました。  

宇治市議会 2017-06-13 平成29年  6月 全員協議会(第3回)-06月13日−03号

ただ、思うんですが、小川みたいなところで何か小魚でも釣れたらなと思うんですね。NHKのテレビ見てたら、もう男の子が魚釣ったときの顔って、もう興奮してしまって、数千年前の縄文時代の男が狩りをしたときの興奮状態、あれですよ。だから、何かこの魚が釣れるようなあれがあればいいなと思うんですがどうでしょうか、あそこの川。 ○坂下弘親議長 岸本部長

精華町議会 2017-06-12 平成29年度 6月会議(第1日 6月12日)

まず、民生児童委員として長年ご尽力いただきました南地区にお住まいの小川万里子様、また、社会福祉ボランティアとして長年ご尽力いただきました中地区にお住まいの北尾ひろみ様、北稲八間地区にお住まいの田中元子様、桜が丘3丁目地区にお住まいの野田暢枝様、同じく桜が丘3丁目地区にお住まいの池見潮様、南稲八間地区にお住まいの岩本博子様の6名を、そしてプレゼントづくり、チャリティー販売、いちごサロンでお手伝いしていただいております

城陽市議会 2017-03-24 平成29年予算特別委員会( 3月24日)

小川智行経営管理課庶務係長  資金不足でございますが、39ページを見ていただいてよろしいでしょうか。資金不足は、基本的に国等で定められております地方財政法、こういったところで算出方法は決められているものでございます。その上で、まず、資金不足の算出方法でございますが、下段、下から2段目、流動資産の額、こちらが2億2,000万円ほどございます。