7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

木津川市議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年12月13日

容器包装プラスチックごみ混入量につきましては、提示いただいている資料のとおりでございます。  容器包装プラスチックごみにつきましては、汚れたものでありますとか、チューブ類、そういったものにつきましては、容器包装プラスチックごみから可燃ごみとして取り扱っているというところでございますので、そういった影響が若干出ているのかなということで思っているところでございます。  

京田辺市議会 2019-09-12 09月12日-04号

特に1人当たりの容器包装プラスチックごみこれはどれぐらいかといいますと、大体アメリカに次いで2番目に日本はこういった包装容器を使っているということでありました。こういったことに鑑みたら、この問題というのは国際的にも日本がしっかりと責任をとらなければならない、そういった立場にあろうかというふうに思っております。

京田辺市議会 2019-03-27 03月27日-05号

容器包装プラスチックごみ、紙類などの分別も進められていますが、それ以外のプラスチックや紙、生ごみなどの可燃ごみ処理が大きな課題であることは言うまでもありません。家庭などで焼却できるものではありません。現在のところ、焼却施設焼却処理、エネルギーの回収が最も有効な方法となっていると思います。しかし、高温で焼却処理するため、施設耐用年数は20年から30年程度となっております。

木津川市議会 2018-02-22 平成30年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年02月22日

そこで、それを有料ごみ袋に入れるのではなくて、容器包装プラスチックごみのところへ入れる分別を曖昧にすることにはならないかという心配があります。  結局、新しくこの「環境の森センター・きづがわ」ができることによって、分別が曖昧になるのではないかという心配があるんですが、その点について、市長のお考えを聞かせていただきたいんです。

木津川市議会 2007-12-20 平成19年第3回定例会(第6号) 本文 開催日:2007年12月20日

また、昨年度、Dランク不適合物が多くまじっていたために、今年度、Aランク評価にもかかわらず、山城町分容器包装プラスチックごみ約58トンの処理容器包装リサイクル協会が受け入れられないことについてのことです。市長一般質問の中で「私の考えを参考にする」とおっしゃいました。市長はその後、何か動かれたのでしょうか。

木津川市議会 2007-06-12 平成19年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2007年06月12日

6月広報で紹介されておりました山城町エリアでの容器包装プラスチックごみの問題です。取引停止という問題です。2点ご質問します。  私たち加茂の者にとってみましたら、まざり物があった場合に、その袋ごと取り残されるという、つまり回収されないというのが私たちの日常の慣わしです。きのうのやりとりでは、袋ごとたん業者の方で回収作業そのものは行われているというふうな趣旨のご答弁だったと思います。

  • 1