17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

福知山市議会 2020-02-25 令和 2年第1回定例会(第1号 2月25日)

平成30年度に開設いたしました「子育て総合相談窓口では、子育て支援サービスを集約、養育支援訪問は、前年度比約1.4倍に増加し、本年度は日本最大のコミュニケーションアプリであるLINEを活用して、オンラインで直接相談できる専用チャンネルも運用を開始するなど、子ども成長段階、また、ご家庭の事情に応じて切れ目なく寄り添う仕組みを整えてまいりました。

福知山市議会 2019-12-24 令和元年第5回定例会(第5号12月24日)

さらに9月には、子育て総合相談窓口でのLINEによる相談を開始、子ども医療費について、9月診療分から、非課税世帯のゼロ歳から中学3年生までを無料とし、10月には、オレンジのまちづくり運動をスタートさせるなど、地域包括ケア充実地域共生社会の実現、子育て支援に向けて取り組んでまいりました。  

福知山市議会 2019-10-23 令和元年第4回定例会(第7号10月23日)

次に、平成30年4月に開設された子育て総合相談窓口について、平成30年度の相談件数と、さらに相談をしやすくする取り組みを問う質疑があり、妊娠出産子どもの発育・発達などの一般的な子育ての悩みから、虐待のような緊急性の高い相談まで、子どもにかかわる合計1,072件のさまざまな相談を受け付けた。

福知山市議会 2019-09-12 令和元年第4回定例会(第3号 9月12日)

さらに、子育て総合相談窓口子育て世代包括支援センター設置し、若年層世代子育て環境のさらなる強化充実を図るということとともに、地域包括支援センターを6カ所から9カ所に拡充いたしまして、高齢者をめぐりますさまざまな課題に、より身近でよりきめ細やかな対応が図れるようにしたところでもあります。  また、「いがいと!

福知山市議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第5号 3月28日)

第二に、医療介護福祉のさらなる充実では、地域包括支援センターを9カ所に拡充されることで、よりニーズ対応が可能となりますこと、また、病院事業では、新型MRI装置の導入により、医療提供充実が図られること、それにより、収益増が見込まれること、そして、子育て総合相談窓口継続実施による相談体制子ども医療に関する負担軽減など、子育て支援内容がさらに充実した形となっております。  

福知山市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4号 3月 6日)

終盤とはいえ、予算を執行中の平成30年度の成果を集約することは、いまだ尚早ではございますが、あえて主な成果を拾うなら、国・府・市3者での総合治水対策を初め、防災減災対策災害復旧等災害関連事業はもとより、産業支援センター子育て総合相談窓口、プログラミング教育など、産業子育て教育を通じて、施策などを展開したところでございます。  

福知山市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第1号 2月25日)

Biz」、妊娠期から子育て期まで切れ目なく家庭全体をサポートする「子育て総合相談窓口開設することができました。ほかにも、誘致活動が実を結んだアネックス京都三和への企業進出必修化に先駆けてスタートさせた京都府内公立学校で初めての小学校でのプログラミング教育福知山公立大学の新学部設置に向けた準備など、産業子育て教育を通じて、新時代を見据えたさまざまな取り組みに挑戦してまいりました。  

福知山市議会 2018-12-26 平成30年第6回定例会(第5号12月26日)

あわせて、子育て総合相談窓口開設し、子ども貧困対策も含めた「切れ目のない支援」を進めるとともに、地域包括ケア強化に向け、在宅医療を支える多職種連携への支援介護者負担軽減に向けた取り組み府内公立学校で初のロボットを使ったプログラミング教育実施防災減災対策として、排水ポンプ車追加配備消防団車両計画的更新などにも取り組んでまいりました。

福知山市議会 2018-09-18 平成30年第5回定例会(第5号 9月18日)

特に、平成30年4月に開設しました子育て総合相談窓口では、子育て家庭情報共有対応一元化を担っておりまして、ここで得られた情報を活用して、実態把握に努めているところでございます。  しかしながら、全ての子育て家庭実態を、より具体的に把握するため、今後、実態調査等が必要であると考えております。 ○(大谷洋介議長)  教育部長。 ○(田中 悟教育部長)  失礼します。  

福知山市議会 2018-09-13 平成30年第5回定例会(第3号 9月13日)

○(林田恒宗子ども政策監)  4月1日の組織機構改編によりまして、子ども政策室子育て総合相談窓口開設し、情報共有対応一元化を図ったところでございます。また、看護師保健師助産師保育士、栄養士、社会福祉士家計相談員などの専門職を配置するとともに、相談対応を行うスタッフの数を充実させたところでございます。  

福知山市議会 2018-06-15 平成30年第3回定例会(第4号 6月15日)

その中で、重点的に進めてきた主なものを申し上げますと、医療福祉では、子ども貧困とその連鎖が大きな社会問題となる中、妊娠期から子育て期子ども家庭切れ目なくサポートする子育て世帯包括支援センターと、子どもの多様な相談窓口となる子育て総合相談窓口設置し、子どもの健やかな育ち、育みを支える体制整備してまいりました。

福知山市議会 2018-06-13 平成30年第3回定例会(第2号 6月13日)

子ども子育て施策を総合的に推進するため、ハピネスふくちやま1階に、子ども政策室を新設し、妊娠から出産、そしてゼロ歳から18歳までの子どもとその保護者への切れ目のない細やかな相談支援実施する子育て総合相談窓口開設をされました。子ども政策室新設に伴い、組織機構改編がなされました。

福知山市議会 2018-03-28 平成30年第1回定例会(第5号 3月28日)

次に、教育厚生関係では、議第108号の子育て世代包括支援センター事業及び子育て総合相談窓口事業について、子育て総合相談窓口内容を問う質疑があり、各部署に分散している窓口を集約し、一般的な子育て相談から緊急性の高い虐待通告まで、多様なニーズワンストップ対応するものであるとの答弁がありました。  

福知山市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第3号 3月 5日)

平成30年度におきましては、人口の自然増の大きな要因となります、子どもを安心して産み育てるための環境整備といたしまして、子育て世代包括支援センター設置でございますとか、子育て総合相談窓口開設などの取り組み、こういったものを強力に推し進めることというふうにしておるところでございます。 ○(大谷洋介議長)  桐村一彦議員

福知山市議会 2018-02-23 平成30年第1回定例会(第1号 2月23日)

そこで、全ての子どもの将来が家庭の経済的・社会的状況に左右されることなく、みずから将来を選択し自立していけるよう、妊娠出産就学前・就学後においても切れ目なく包括的に支援するため、「子育て世代包括支援センター」を設置するとともに、子どもの多様な相談の受け皿となる「子育て総合相談窓口整備し、手続きのワンストップ化を図りつつ、個別課題に応じた支援へとつないでいきます。  

  • 1