2976件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

京丹後市議会 2020-01-29 令和 2年議会改革特別委員会( 1月29日)

私たちの会派はこの前からも言っていますように、やはり議会というのはいろいろな多様な議員で構成されなければならないし、しかし、今の現状を見るとそうなっていないということで、やはりそういう子育てを終えた人で、子どもが独立していたり、ということで、比較的そうなると高年齢層に偏ったり、年金があったり、資金があったり、ほかで何か自分で事業をしているなど、議員でなくなったときの生活のめどというのがあったりという

京丹後市議会 2020-01-08 令和 2年議会改革特別委員会( 1月 8日)

男女比にしてもそうですし、年齢構成にしてもそうですし、いろいろな意味でつくるというところにはなっていないということで、現状ではやはり傾向として私もそうですが、子育てが終わって、子どもが自立していたり、比較的高年齢層が多いということとか、もし議員ではなくなっても、何か仕事をされていたりとか、ほかの収入があるとか、そういう部分の裏づけがないと、なかなか出られないというか、そういうところに偏りというものの

八幡市議会 2019-12-25 令和 元年第 4回定例会−12月25日-付録

┌───────┬────────────────────┬────┬────┬─────┐ │  受理番号  │     件        名     │委員会の│結  果│ 摘  要 │ │       │                    │  意見│    │     │ ├───────┼────────────────────┼────┼────┼─────┤ │請願第 5 号 │子育て

八幡市議会 2019-12-25 令和 元年第 4回定例会−12月25日-05号

都市環境常任委員長報告)   日程第 8    令和元年度八幡市一般会計補正予算(第3号)案           (議案第40号 市長提出)   日程第 9    令和元年度八幡市水道事業会計補正予算(第1号)案           (議案第41号 市長提出)   日程第10   令和元年度八幡市下水道事業会計補正予算(第1号)案           (議案第42号 市長提出)   日程第11   子育て

福知山市議会 2019-12-24 令和元年第5回定例会(第5号12月24日)

・財源に限りがある中で簡単に増額とはいかないため、少額でできることの検討や知恵をしっかりと出すことが前提ではあるが、教育のまち福知山として、子どもの教育の充実と子育て世代の負担軽減が重要と考え、この請願総論において賛同する。  不採択とする討論  ・厳しい財政状況の中でも一定の予算は確保されている。教育予算だけではなく、子育て全般を通して施策の充実を図るための予算を考えるべきである。  

京丹後市議会 2019-12-20 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第5日12月20日)

第2期京丹後市子ども・子育て支援事業計画を別建てのとおり定めることについて、京丹後市議会基本条例第9条第2項の規定により議会議決を求めるものであります。  では、説明内容を紹介します。第2期京丹後市子ども・子育て支援事業計画については、子ども・子育て支援法の第61条に5年を1期とする計画を定めるということで規定をされている。

福知山市議会 2019-12-13 令和元年第5回定例会(第4号12月13日)

最初に、子育てするなら福知山の施策ということで、繰り返し私も質問をしてきましたが、子どもの医療費について、お聞きをいたします。  9月議会の一般質問決算審査の中で、子どもの医療費の自己負担は3歳から中学校卒業まで、福知山市の場合は1日500円ですが、他市並みに1医療機関、一月200円にできないか、お聞きをいたしました。

京丹後市議会 2019-12-12 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第4日12月12日)

保育料が無償化になることで、浮いてきた約987万円の経費を子育て支援を優先して財政部局とも協議するとのことであったが、財源の活用については検討をされたのか。答え、財源の活用については従来あった子育て支援に充てたお金全てではないが、一部が今回の取り組みに対して生かすことが判断の基準になっている。まずはニーズの高いものに充当していくという判断で実施をしたものである。  

福知山市議会 2019-12-12 令和元年第5回定例会(第3号12月12日)

あとは、介護家庭支援等もそうなんですけれども、高齢者支援と子育て支援をセットでできるということは、かなりあるかと思います。そうすることで、支援額を抑えたりすることもできると思いますが、私が前回の9月議会質問した子育て世代への支援や利用活性化も含めた敬老乗車券のような子育て乗車券のようなものができないか、問いましたが、こちらの動きとしてはどうなっているでしょうか。

福知山市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2号12月11日)

次に、(2)子育て世代の国保料、均等割の軽減をということで伺います。  市民の暮らしを守るためにも、国保料を引き下げることはどうしても必要ですが、とりわけ子育て支援の観点からも、子どもの均等割についての軽減が必要だと考えます。均等割は、社会保険にはない、加入者一人一人にかかるもので、収入のない子どもについても、生まれた瞬間から人数分が課せられます。

八幡市議会 2019-12-11 令和 元年第 4回定例会−12月11日-04号

この章での目指す姿は、初めに、「妊娠、出産から子育てまで地域で一貫したサポートが受けられることで、安心して前向きに子育てができる人がふえています」、また次に、「次代を担う子どもたちの生きる力が携わっています」です。  1つ目として、児童・生徒の安全に過ごせる放課後の居場所についてお伺いいたします。  

京丹後市議会 2019-12-10 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第2日12月10日)

こうした中、本市では、他市町に先んじて独自に子育て支援医療事業の対象年齢を18歳年度末まで拡大し、本年度も1億8,000万円余りの予算をもって医療費の自己負担を1カ月1医療機関につき200円とし、子育て世帯経済的負担を軽減して、安心して子供を産み育てられる環境づくりを進めているところでございます。  

向日市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第4号12月 9日)

今回の消費税率引き上げにより、幼児教育保育の無償化を進めつつ、お酒・外食を除く飲食料品等の購入にかかる税率につきましては8%とする軽減税率制度や、住民税非課税者や3歳未満の子育て世帯の負担緩和と消費下支えを目的としたプレミアム付商品券事業、恒久減税としての自動車税の税率引き下げや、環境性能割の臨時的軽減などの自動車購入の支援に加えまして、議員紹介のキャッシュレス決済に対するポイント還元制度などが

八幡市議会 2019-12-06 令和 元年第 4回定例会−12月06日-02号

北海道北部にある道の駅北オホーツクはまとんべつには、液体ミルクの自動販売機も設置されているなど普及が進んでいる中、これまで中身を消毒した哺乳瓶に移しかえる必要があった液体ミルクですが、ストロー口にノズルを差し込み、紙パックに固定するだけでパック自体が哺乳瓶となり、赤ちゃんが直接飲むことができるものが11月29日に発売され、災害時だけではなく、子育てに忙しい方々がますます利用されることでしょう。

大山崎町議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第3号12月 6日)

3番、子育て支援医療費助成制度の拡充について。  この9月から京都府医療費助成制度が拡充され、本町では中学生の通院の費用負担が月3,000円までであったのが1,500円までとなり、大変喜ばれております。また、先ごろ、ホームページに償還払いになる場合などの手続について、事例を示して書き加えられたことは、わかりやすく丁寧でとてもよいと思います。  

大山崎町議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第2号12月 5日)

最後になりますが、町も少子高齢化社会へと進む中、子育て高齢者支援などの社会保障問題や、頻繁に起こる災害への防災減災対策地域の安心・安全なまちづくり対策など、さまざまな問題を抱えております。魅力ある大山崎町の構築を図り、暮らしやすい、安全な大山崎町にするために、幾つかの提案をさせてもらいました。よろしくお願いいたします。  以上です。