469件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

舞鶴市議会 2021-06-14 06月14日-03号

最近の報道等に目を向けてみますと、5月14日、アントニオ・グテーレス国連事務総長太平洋フォーラムの挨拶の中で、「毎年800万トンを超える有害なプラスチックごみが海に流れ込んでいます。ある最近の調査によると、劇的な変化がない限り、2050年までに海の中には魚の重さを超えるプラスチックが存在することになりかねません」とプラスチックごみへの警鐘を鳴らされました。 

舞鶴市議会 2020-12-10 12月10日-02号

舞鶴市においては、本年、2019年から2026年、第7次舞鶴総合計画が策定され、そこには「まちづくり戦略」として、京都舞鶴港におけるエネルギー基地形成として、太平洋側のリダンダンシー機能としての役割を生かし、環境負荷の少ない再生可能エネルギー施設、設備の導入や、LNG液化天然ガス備蓄基地等日本海側エネルギー拠点としての形成を促進しますというように書いてあります。

八幡市議会 2020-03-23 令和2年3月23日都市環境常任委員会−03月23日-01号

このような実証実験を一とおり行った中で、いよいよ環境省は全国への除染土利用を進めていくために、本年1月に、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所事故により放出された放射性物質による環境汚染への対処に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令案及び環境大臣が定めるものの告示案についてのパブリックコメントを出しました。これは2月初旬にもう締め切られています。

長岡京市議会 2020-03-18 令和 2年予算審査常任委員会小委員会( 3月18日)

その時代の方、考えていただいたらわかりますように、満州事変から日支事変、そして太平洋戦争に従軍された男性の方、あるいは銃後の守りとしてね、家庭や家族を支えられた女性の方が、ちょうど対象になられる世代でございます。ですから、当然、多大な経費を莫大な経費を投じて建設するにしてもですね、非常に納得あるいは国民的感情としても、納得だった歴史的背景がございます。

舞鶴市議会 2020-03-10 03月10日-04号

LNG基地の建設による新たな雇用創出関連企業立地LNGタンカーの定期的な寄港による港湾利用拡大冷凍倉庫工場立地優位性向上など、本市における多大な経済効果はもとより、太平洋側の地域災害が発生した場合には、リダンダンシー機能を大いに発揮し、国土強靭化への貢献、地域経済拡大、ひいては関西地域におけるエネルギー需要の安定に大きく寄与するとの見解を示していただきました。 

与謝野町議会 2020-03-04 03月04日-01号

こちらにつきましては、一般社団法人京都北部地域連携都市圏振興公社、いわゆる海の京都DMOでございましたり、また、今、考えておりますのは、一般社団法人でございますけれども、アジア太平洋観光交流センターというふうな施設がございまして、そちらも検討をしているところでございます。 ○議長(家城功) 永島議員

舞鶴市議会 2020-02-25 02月25日-01号

国防、海の安全、エネルギー拠点災害に強い京都舞鶴港など、高いリダンダンシー機能を備える本市の役割機能は、強固な日本海側国土軸形成太平洋側のバックアップ機能の確保を図る上で非常に重要なものとなっており、将来にわたって都市と共存できる地方拠点都市を維持していくためには、全国主要都市京都北部地域を結ぶ山陰新幹線の誘致が必要不可欠であると考えております。 

城陽市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第2号12月12日)

だから、木津川の上流域においては太平洋側に落ちる、今まで言っていたのは太平洋側に流れるというか、雨が降って流れていくだけではなくて、実際に山頂に降ったらこちら側ですね、要するに京都奈良方面に流れるほうにもたくさんの降水をもたらすということで、今回の台風19号というのは、まさにそのとおりやったと思います。

長岡京市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2号12月11日)

2011年、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震から8年以上が経過し、その当時、被災地小中学校は独自の防災教育が功を奏し、ほぼ全員が無事に避難することができた「釜石の奇跡」などを紹介し、防災教育の取り組みの重要性を訴えさせていただきました。当時、片田教授の言葉を通して、小中学校防災教育を行えば、10年たてば、最初に教えた子供は大人になる。さらに10年たてば親になるだろう。

舞鶴市議会 2019-09-13 09月13日-02号

選定に至るまでには、私みずから国のヒアリングに出向き、本市の地域資源や多様な連携を生かした「便利な田舎暮らし」の具体的な方向性、施策の展開方策等を説明する中で、「国防」、「海の安全」、「エネルギー」、「広域観光」、「ものづくり産業」の拠点であり、太平洋側のリダンダンシー機能など、重要な役割を担う本地域を将来にわたって残していくべきであるとの強い思いを伝えたところであります。 

福知山市議会 2019-09-11 令和元年第4回定例会(第2号 9月11日)

平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災でありますけれども、我が国観測史上最大のマグニチュード9.0を記録し、東京電力福島第一発電所では、放射能物質広域拡散を伴う重大な原子力事故が発生したものであります。今なお、周辺の多くの住民の皆様が避難生活を余儀なくされている現状が見えております。  

福知山市議会 2019-07-05 令和元年第3回定例会(第5号 7月 5日)

加えて、日米安全保障体制重要性は、今日のアジア太平洋地域において、ひいては国際社会全体での国際関係バランスに大きな影響を及ぼすことになります。また、とどまることのない近隣諸国軍備増強など、不安定で不確実な情勢にあります。  このような状況下民主主義という共通の価値観を有する日米両国は、これまでの間、本特別協定において、日米関係を維持してきたことは事実であります。

八幡市議会 2019-07-03 令和 元年第 2回定例会-07月03日-付録

条約調印国アジア、ヨーロッパ、中南米、アフリカ、太平洋諸国の70カ国、批准国は23カ国にひろがっています。  アメリカの「核の傘」に安全保障を委ねている日本政府は、核兵器禁止条約に背を向け続けています。こうした態度をただちに改め、被爆国として核兵器全面禁止のために真剣に努力する証として、核兵器禁止条約に参加、調印、批准することを強く求めます。  以上、意見書を提出します。    

長岡京市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第3号 6月17日)

関西地域は、日本海、瀬戸内海、太平洋に囲まれ、河川や湖沼の間に形成された山地、盆地、平地に2,200万人余りの人々が生活しており、この地域からも相当量プラスチックごみが海洋に流出していると思われます。  今月のG20サミットは大阪で開催され、海洋プラスチックごみ問題が議題の一つとなる予定との報道もありました。  

大山崎町議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3号 6月14日)

しかしながら、極東アジアにおける北朝鮮を主体とする緊張状態、そして、政権が変わるたびに恫喝し、謝罪を求める韓国、一昨日も沖縄・宮古島間の我が国の領海内を航行し、太平洋に抜けた中国海軍航空母艦主体とした艦隊、この動きは、非常に注意をしなければならない事態にあると思います。そして、この動きに対して、日米同盟がいかに重要かを改めて再認識しなければならないと思います。  

舞鶴市議会 2019-03-11 03月11日-04号

女性太平洋戦争の後に初めて選挙権を獲得し、3年前には18歳から選挙権を得ました。投票国民の権利です。今の政権のように、うそと隠蔽の政治には諦めもあり、投票に行く気になれない人もあるかもしれませんが、しかし、反対の票を投じることも大切です。この間にも、投票所投票の仕方などで疑問や改善の要求など出ていますので、お聞きします。 課題の認識についてです。 まず、投票所までの交通手段についてです。