426件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大山崎町議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第2号 9月 5日)

当町では、山本前町政でホストタウンに参加し、フェンシングの練習会場としての町体育館の天井を含む内装等々のグレードアップを計画推進し、エレベーターの設置とその延長線上の通路屋根の設置工事が完了。しかし、使う機会なしとして、現在も閉鎖状態の報告であります。しかし、メンテ費用を要する状況のようであります。  

精華町議会 2019-06-24 令和元年度 6月会議(第6日 6月24日)

答弁は、天井の高いところでは、熱を感じると自動的にスプリンクラーが作動するが、天井の低い施設などでは熱を感じにくいので、煙や熱で火災感知器が作動し、火災報知機を鳴らし、スプリンクラーを手動で作動させる種別があるとの説明がありました。原案可決です。  議案第51号 精華町投票管理者等の報酬及び費用弁償条例一部改正について。

宮津市議会 2019-06-05 令和元年第 2回定例会〔6月定例会〕(第2日 6月 5日)

しかし、猿については、イノシシのように2次元的な面的な部分ですが、このような対策ではなかなか無理がありまして、天井部分などに網などをかぶせたりというような三次元的、立方的な対応をしないと、なかなか追いつかないという困難さが強いられております。  そこで、今回は特に猿被害ということに絞ってお聞きしていきたいというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。  

城陽市議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第6号 3月28日)

その工事発注した後、4期工事工事が進むにつれまして、天井部分でありますとか、いろんな部分を解体していきます。その解体していった際に、今まで判明できなかった部分の天井の中での漏水が確認されたというような内容でございます。  以上でございます。 ○増田貴議長  薮内部長。 ○薮内孝次教育部長  学校プールについてご提案いただきました。

南山城村議会 2019-03-13 平成31年予算決算常任委員会( 3月13日)

森林組合委託するとかいうことになるのかということと、アンケートとっても実際の事業に賛同者がなかった場合ですね、これそやけど、村がその人が10人おりましたと、1町ずつ持ってて10人いましたと、8ヘクタールまでできて、2ヘクタールできひんと、これの分は村がみずから経営管理を行うというふうなことになって、10町歩10ヘクタールで事業を採択するという形になっていこうかと思うんですけども、今の段階でいうたら、天井

京丹後市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会(3月定例会)(第4日 3月12日)

○10番(橋本議員) 今、現状と課題をお伺いいたしましたが、現場の方のお話を伺いますと、病院の特にハード面として、天井裏の配管の老朽化がひどくて、手術室に近い部屋から水が天井から漏れたことであるとか、手術に影響がなかったということでよかったのですが、それから、特に冷房で結露して、その配管が結露して、天井にかびが生えると。

長岡京市議会 2019-03-11 平成31年予算審査常任委員会第1分科会( 3月11日)

次に、項1総務管理費の最後、目20多世代交流ふれあいセンター費では、160万円程度の減でありますが、次の103ページにおきまして、光熱水費が330万円程度減となった一方で、既存不適格であります交流室の天井改修のための実施設計料133万1,000円を計上いたしました。昨年の大阪府北部地震を思慮する中、施設安全性の向上に手だてするものでございます。  以上、項1総務管理費の説明といたします。

大山崎町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第2号 3月 5日)

あるいは、天井窓が開いたままになって、外からの空気が、実はもう私たちの肌に感じるぐらい流れ込んできている。つまり建物内部のちりであったり、浮遊物というのが、この給食に付着しかねないと、このような環境にございました。  このような環境、私はある基準を念頭に思い浮かべて、これは非常に重要かつ喫緊の課題と捉えたわけでございます。

木津川市議会 2018-12-17 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年12月17日

そしたら、2階の天井というか、つり天井のちょっと下まで来たんですわ。おじいちゃんでなかったらどうなるかと言ったら、カーテンとかを持って、こうできるんですわ、浮いた、浮いたで。そのおじいちゃん、そんなことできひん、足腰弱いもん。水は浮きますので、体を持っていたら浮いてられます、沈むまで。そういうのもあって、亡くなられたんですわ。  

大山崎町議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第3号12月12日)

建具が脱落したことにより、遮るものがなくなった強い風が教室内に吹き込んだため、廊下側の建具がゆがみ、その影響で廊下の天井の下地が変形し、天井の一部が脱落いたしました。  私もその被害状況を現地で確認し、改めて自然の恐ろしさを痛感いたしました。  被害発生時、教室には児童及び教職員は在室しておらず、幸いにして人的な被害は発生しておりません。  

大山崎町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第2号12月11日)

また、天井からは雨漏りがして、壁のところがしみているような状態です。コンクリートの中性化も言われている状況でございまして、コンクリートの崩落や崩壊が危ぶまれます。  そう考えると、非常に危険なホールであるということになります。そのホールに大山崎町の重要な財産である埋蔵文化財が保存されているわけですけれど、今後どのように管理していく考えかお聞かせいただきたいと思います。  

城陽市議会 2018-11-13 平成30年決算特別委員会(11月13日)

空調の設備につきまして、現在、市民体育館につきましては、天井等の非構造部材の耐震対策等の設計を進めているところでございます。また、小・中学校の特別教室、それから体育館の空調設備につきましては、普通教室の空調整備が終了いたしまして、その効果は認められているものの、今後は学校トイレの洋式化、あるいは校舎の大規模改修等を進めていく計画で、大きな経費がかかる事業でございます。

城陽市議会 2018-11-12 平成30年決算特別委員会(11月12日)

○本城隆志委員  人生64年で初めて救急車の天井を見ましたけれども、その話をね、どうしたのって聞かれるから、やっぱりするんです。これは質問じゃないですけども、そうするとね、おばちゃん方、結構ね、私何回も入っている、呼んでいる。だから、病院入っていないで退院しているから、何かそれでふらふらっとしたらやっぱり救急車呼ばな仕方がないよと言われたら、ほんでタクシーがわりにねという話はできないですね。

城陽市議会 2018-10-30 平成30年決算特別委員会(10月30日)

その中でも、どの辺が詰まっていたりとか、あるいはそこから排出するところが詰まっていたりというようなことで、その辺は修繕はしたりもしてますけども、そういうようなことで対応はしてるというのは事実でありますし、また27年度だったと、26年度ですかね、いわゆる入ったところに天井をつけまして、上のガラス面をかなりコーキングで大きな工事をしたこともございます。

大山崎町議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第5号 9月21日)

教育費の審査では、ことし3月に完了した体育施設改修工事に関連し、6月の大阪北部地震体育館の天井材が落下した事態を受け、工事設計・施工段階における問題の検証を求める意見や、現場主義が欠落しているとする指摘、町内最大の避難所であるため、安全点検の徹底を求める要望のほか、今後の再発防止策について質疑があり、町として、施工上の不備を認めた施工業者及び工事監理業者に対して3カ月間の指名停止処分を行ったこと

向日市議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会(第5号 9月18日)

例えば、先日の台風21号で被災し、瓦が飛ばされ、火災保険にも入っていない家々、高齢者のお宅では雨漏りが今も続き、何個もたらいにタオルを敷いて、天井が落ちてこないかとはらはらされています。このままでは家が潰れる恐怖の中で、ひとりぼっちで生きている市民もいらっしゃるということを、心あらば考えてみてください。

京丹後市議会 2018-09-13 平成30年第 4回定例会(9月定例会)(第5日 9月13日)

その旧溝谷保育所で行われている院内保育所におきましては、あそこは西日が当たって、天井も高いということで、クーラーのききが悪くて、設定温度を下げてもなかなかきかない、下がらないというようなことで、何とかならないだろうかという悲鳴が上がっていました。私も現場を見させていただきましたが、クーラーは20度に設定してあったのですが、温度計は30度を超えているということで、本当に汗が噴き出してきます。

福知山市議会 2018-09-13 平成30年第5回定例会(第3号 9月13日)

この写真は、昭和小学校天井についております無線ルーターでございます。無線通信環境が非常に悪く、ほとんど使えない状態であると聞いておりますが、現在はどのようになっているのでしょうか。また、これからを見据えて整備していく必要はないのか、お伺いいたします。 ○(大谷洋介議長)  教育部長。

長岡京市議会 2018-09-12 平成30年予算審査常任委員会第2分科会( 9月12日)

これは、平成29年度からの繰り越しでありますが、平成30年3月から、JR西日本による長岡京駅舎内の天井改修工事が実施され、地震時における天井落下防止の耐震改修が行われております。  これにより、当初設計していた天井の構造が変更となり、施工方法を見直す必要が生じたため、工事費を594万円増額するものであります。