96件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大山崎町議会 2018-11-01 平成30年第1回臨時会(第1日11月 1日)

初めに、台風第21号による被害状況等について、次に、大阪フェニックス計画への焼却残灰搬入の一時停止について、次に、第20回リサイクルフェアの開催について、最後に、組合長黒埋立地用地の社会福祉法人乙訓福祉会への一部無償貸与について、以上4件の報告をいたしました。  次に、監査報告第4号 例月出納検査の結果報告について、辻 正春代表監査委員から報告がございました。  

宇治市議会 2018-10-05 平成30年 10月 市民環境常任委員会(第8回)-10月05日−08号

次ページ、16ページはごみの性状、順に18ページは収集運搬の実績、20ページからは、中間処理として城南衛生管理組合の実績等、24ページからは、最終処分として大阪広域臨海環境整備センターなど各施設紹介、27ページは収集運搬処分経費の推移を掲載しておりますので、ごらんおきください。  28ページでございます。第2次計画の目標の達成状況でございます。

京丹後市議会 2018-10-03 平成30年第 4回定例会(9月定例会)(第7日10月 3日)

第1は、大阪府の2025年度版の誘致基本構想では、万博会場は大阪人工島夢州であって、万博会場に隣接をしてカジノを含む統合型リゾート施設IRの事業が計画されていることです。カジノなどのギャンブルは刑法などで禁じられている賭博です。カジノは何の財も生み出さず、依存症対策治安対策、青少年対策などさまざまな社会的な問題もはらんでいます。

精華町議会 2018-09-28 平成30年度 9月会議(第6日 9月28日)

大阪の埋め立て途中の人工島、夢洲に誘致をしようとしていることであります。地震台風、大雨などの自然災害に、この夢洲が耐え得るという確証がありません。  第3は、先ほど来ありましたが、この間続いております自然災害、とりわけことしになってから発生いたしました大阪北部地震台風21号等の被害で、地元大阪府あるいは関西圏域の最優先課題は、何よりも災害復興であるというふうに思います。

久御山町議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第1号 9月 7日)

まず第1点目は、大阪府の2025日本万国博覧会基本構想では、万博会場が大阪人工島である夢洲であり、しかも万会場に隣接して、カジノを含む統合リゾート施設(IR事業)が計画されていることです。  カジノなどギャンブルは刑法で禁じられている賭博であり、成長戦略どころかギャンブルは、何ら財産を生み出すものでないことは明白です。

木津川市議会 2018-06-28 平成30年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2018年06月28日

質問、撤去時の焼却灰・飛灰処理は、問題はないのかということに対しましては、この処理は大阪フェニックスでおいて処理をするということで、問題はないということでございました。  また、質問、現施設の撤去費用の負担割合はということに対しまして、ごみ量の割合でやるということでございました。  討論はなく、全員賛成で可決いたしました。  以上でございます。

長岡京市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第2号 6月13日)

平成29年12月の乙訓環境衛生組合議会において、大阪フェニックス処分場に係る基本計画の見直しによる受け入れ枠の変更が行われ、平成44年度までの間、焼却灰の年間発生量の全量を大阪フェニックス処分場で処分することができる見込みとなったことが報告され、危惧されていた最終処分場である勝竜寺埋立地の延命は引き延びることとなりましたが、それで安心することなく、ごみの減量化を推進していく必要性は何も変わりません

城陽市議会 2018-06-12 平成30年総務常任委員会( 6月12日)

あんな狭い、和束町で112人、井手町で109人、そういう方々がもう家畜もろとも大阪まで流れたという話があったんですけど、そういうのが、たまたまそれ南部でしたけど、こちらのほうにもしあった場合には大変なことになってくると思うんです。お手上げ、山に逃げなさいいうて、山から水が出てくるって、そういう世界が出てくるんじゃないかと思うんですけどね。  

長岡京市議会 2018-03-01 平成30年第1回定例会(第3号 3月 1日)

ちょうどその後の乙訓環境衛生組合、この後は略して乙環と言わせていただきますが、その12月議会で、中心的には、一般廃棄物の搬入手数料平成31年4月1日より、単価で100キロ1,400円が1,500円に値上げされることになったことと、新たに最終処分場である大阪フェニックスへの搬入量が平成44年度までは、現在の3,000トンから6,000トンと2倍になり、勝竜寺の埋立地も満杯が平成53年度まで延命となるなど

大山崎町議会 2017-08-23 平成29年第3回定例会(第1号 8月23日)

まず、平成28年度廃棄物搬入量について、平成28年度の大阪フェニックス計画への焼却残灰搬出量及び京都府下水道処理施設でのし尿処理量について、乙訓環境衛生組合廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部改正方針について、災害廃棄物処理計画策定モデル事業について、以上4件の報告をいたしました。  次に、監査報告第3号 例月出納検査の結果報告について、辻 正春代表監査委員から報告がございました。  

木津川市議会 2017-06-23 平成29年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2017年06月23日

また、あわせましてごみの処理経費のほうにつきましても、クリーンセンターができた後の運転経費の中におきましても、一概にごみの量と全てが相関関係にあるわけではございませんが、水道でありますとか薬品費、そういった役務費でありますとか、大阪フェニックスへの最終処分費の削減といったところの効果が出てくるものということで思っております。  以上でございます。

城陽市議会 2017-03-24 平成29年予算特別委員会( 3月24日)

大阪広域臨海環境整備センターから持って帰った浄水汚泥につきましては、さきの委員会でもご報告させていただきましたけども、22日に搬出予定ということでご報告させていただきまして、予定どおり搬出させていただきました。現地の受け入れのほうで確認をとっております。あわせまして、改善報告書の提出も求められておりました。それにつきまして、協議をさせていただきまして、3月15日に提出させていただきました。

長岡京市議会 2017-03-02 平成29年第1回定例会(第3号 3月 2日)

そして、長年にわたり乙訓地域の焼却灰の全量である、年間約6,000トンを大阪フェニックス埋立地が受け入れていましたが、平成29年度からは、受け入れ容量が半分の約3,000トンに減り、平成40年度からは受け入れができなくなることが決定しており、フェニックスの受け入れ停止から3年後の平成43年度には、勝竜寺埋立地も満杯となり、このままでは14年後にごみ最終処分場がなくなる危機が迫っています。  

城陽市議会 2017-02-27 平成29年総務常任委員会( 2月27日)

陳情第28-1号、大阪広域臨海環境整備センターの「第3浄水場」の廃棄物搬入停止の措置に対し行政不服審査法に基づく再審査の申し立てを提起することの陳情を議題といたします。  前回の委員会の審査以降、市のほうで説明することがあればと思っております。陳情そのものに対する考え方、また、課題となりました事項、また、変更がありましたこと、進捗いたしましたことのご説明をよろしくお願いをいたします。

城陽市議会 2016-12-22 平成28年第4回定例会(資料等12月22日)

記  1 事  件    陳情28−1号 大阪広域臨海環境整備センターの「第3浄水場」           の廃棄物搬入停止の措置に対し行政不服審査法に基          づく再審査の申し立てを提起することの陳情  2 理  由    審査及び調査が結了しないため                              平成28年12月21日  城陽市議会議長   相 原 佳代子

城陽市議会 2016-12-01 平成28年第4回定例会(資料等12月 1日)

           │ │      │代表理事 半田 忠雄  ほか1団体                   │ │      │                                    │ ├──────┼────────────────────────────────────┤ │      │                                    │ │件  名  │大阪広域臨海環境整備