1462件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

木津川市議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第6号) 本文 開催日:2019年12月19日

防災情報メールに多言語対応とあるが、周知方法はとの問いに、外国語9カ国語を使う。日本語と合わせて10カ国語を活用。基本デジタル波で、来年1月から配信。転入時に案内したり、国際交流協会や支援団体協力も得て、周知・広報を広めていくとのことでした。  施設理事業費です。  受水槽高架水槽修繕費6校の要因と内容はとの問いに、経年劣化による表面剥離など定期点検で見つかり、その修繕にかかった。

大山崎町議会 2019-12-17 令和元年第4回定例会(第4号12月17日)

また、これによって、乙訓以外の小中学生でも、例えば、個人での入館者や、外国観光客を含めた全てが無料になっているのかという質問があり、現在のところ無料になっているとの答弁でございました。  委員からは、条例の整合性を疑う文言を精査した上で条例提案するべきではないかとの意見が出ました。  そしてまた、全ての料金改定に伴う条例の一部改正について、住民の意見聴取はしていないという答弁でございました。  

福知山市議会 2019-12-13 令和元年第5回定例会(第4号12月13日)

次には、部落問題外国人の人、そして、情報化社会などの人権問題ということで、2種類のアンケートが配られています。私、この桃色と書いてある、このアンケートなんですが、それでは、この2種類のアンケートは、なぜ2種類なのかということと、それぞれの対象者と回収状況はどうなっているのか、お聞きします。 ○(芦田眞弘議長)  人権推進室長。

城陽市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第2号12月12日)

それともうひと方、これは外国人で皆さんよくご存じだと思うんですけど、グレタ・トゥーンベリさん。夏の国連の涙ながらのスピーチ、そして今回COP25で、マドリードで開催されていますけども、こちらでも演説されたその姿に、世界中の人たちがやはり未来の地球のあり方というのを自分ごととして捉えて取り組んでいかないと大変なことになるんだなということに気づかされたと思います。

木津川市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年12月12日

2点目について、木津川市内においても、外国人の方々の在住も多いことから、災害時においての情報伝達手段の一つとして、今回、防災情報メールの多言語化配信に向けた補正予算案を計上させていただいております。  「やさしい日本語」についても、防災情報メールにおいて情報伝達をする際、どのような言葉、表現が好ましいかを踏まえ、外国人への支援を実施されている国際交流協会にも意見を伺いながら検討してまいります。  

京丹後市議会 2019-12-11 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第3日12月11日)

主要な諸外国ヨーロッパでは、農業補助金国防より多く支出されていると言われています。特に、スイス憲法では、政府に対して土地利用型農民経営の助成の義務づけがされ、農業条項を掲げ、1つは国民に対する食料の安定供給、2つ目として、生命基盤としての自然の維持、農村景観の手入れ、3つ目として地域定住である。

福知山市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2号12月11日)

そのような中、今、全国では、外国介護技能実習生の受け入れに、多くの社会福祉法人が取り組んでいます。本市における外国介護技能実習生の受け入れ状況と、今後の受け入れ予定人数がわかれば、お教えいただければうれしいです。よろしくお願いいたします。 ○(芦田眞弘議長)  福祉保健部長

八幡市議会 2019-12-11 令和 元年第 4回定例会−12月11日-04号

個々の価値感の違いや、近年の高齢化の進行とともに外国人の住民が増加していく中、地域での支え合い、地域でのおのおのの役割の認識が平素より重要であることは、多くの場において発信されていることです。  また、ハード面を初め、健常者であっても障害のある人であっても、老若男女全ての人が過ごせる環境が必要です。それは道路公園はもちろん、他の公共施設においてもその対応は必ず必要なものです。

京丹後市議会 2019-12-10 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第2日12月10日)

したがって、外国産の小麦粉は学校給食には使用していません。 ○(松本聖司議長) 平林議員。 ○20番(平林議員) その答えを聞いて、少し安心いたしました。引き続きその立場でいっていただきたいと思います。  もう一つの農薬ですが、ネオニコチノイド系殺虫剤ということで、これは野菜使用がされています。

南山城村議会 2019-12-05 令和元年第 4回定例会(第1日12月 5日)

中にも、あるいはまた中崎議員への答弁もあわあせもって判断すると、独立した企業で、道の駅の事業は道の駅の中で責任を持っていただくということで、もう村関知しないみたいな、先ほど答弁がありましたが、しかし、道の駅そもそも何のためにつくるかという議論をしたことを今、総務課長が答えていただきたかったんですが、地域農業の活性化を図るということを目的にして、ここをですね、プラットホームを開いて全国に、あるいは外国

京丹後市議会 2019-11-29 令和元年文教厚生常任委員会(11月29日)

○(櫻井委員) 少し細かいと思いますが、京丹後市に外国の子どももふえてきている傾向にあると聞いていますし、米軍属の方の家庭、もしくは、技能実習生等でこちらに来られている方がふえてきている傾向にあるということで、そういった外国籍のある世帯に対しての子育て支援という部分では、この5年間、この先5年間もふえていくと思いますが、その分も踏まえてこの計画というのは、そのあたりも網羅して対応ができるという考え方

城陽市議会 2019-10-28 令和元年決算特別委員会(10月28日)

3番目、外国籍の市内在住者、26カ国715人が市内に住んでおられますが、必ずしもこの人たちは日本語が十分に話せる方ばかりではないと思います。日本語が不十分な方が窓口に来た場合には、どのように対応しておられますか。  4番目、衛生センターについて、城南衛生管理組合の負担金と衛生センターの建物についてお尋ねします。

城陽市議会 2019-10-23 令和元年決算特別委員会(10月23日)

内容につきましては、新学習指導要領の実施に向けてということで、外国教育を扱っております。講師は文部科学省の調査官で、回数は1月に1回実施したのみとなっております。また、この研修会に伴いまして、授業力向上研修会もあわせて実施しております。こちらにつきましては、城陽市のモデル事業となる先生の授業の参観、また実践報告をいただいて、その後、意見交換をするというものでございます。

城陽市議会 2019-10-21 令和元年決算特別委員会(10月21日)

国は最近、外国人の受け入れ施策を推進しておりまして、外国人が増加傾向にある中でございます。本市におきまして外国人向けの多言語化のような施策をしてるかといいますと、まず市内に住んでおられる外国人を対象としまして、日常生活に必要な情報を提供することを目的とする外国人向け生活ガイドというものを、英語版と韓国語版、これを作成しております。

八幡市議会 2019-10-15 令和 元年第 3回定例会−10月15日-08号

次に、政策推進部所管の一般会計につきましては、委員より、Chazz in YAWATAの開催場所及び今後の展開について、ご意見たまて箱における過去5年間の提案と要望の特徴について、消費生活対策決算額が減額した要因について、外国人急増に係る問題の四者連携協議での議論について、自治連合会活動事業助成の各自治会への振り分けについて等19件の質疑があり、それぞれ理事者より答弁がありました。  

京丹後市議会 2019-10-04 令和元年第 4回定例会(9月定例会)(第5日10月 4日)

また、外国人研修制度のセミナーや、外国留学生の活用にも関心が高く、京都府国際センターと連携し、外国留学生雇用セミナーを通じ、参加された外国人の方がインターンシップに入ったとのケースもあったと聞きます。外国留学生雇用について、多くの企業がセミナーに参加されたとの報告であり、至急を要する現状においてさまざまな手段を講じ、U・Iターンを含め、幅広い人材確保を支援する必要があると考えます。