25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

宇治市議会 2018-12-12 12月12日-04号

危機管理監濱岡洋史君) (登壇)災害時の情報発信につきましては、技術革新により現在もさまざまな方法が開発されており、各市町村においても地域の実情に応じ、同無線を利用する方法FMラジオの電波を利用する方法などさまざまな手法により実施しているところでございまして、どのような方法を採用するのかについての検討が必要であると考えております。

久御山町議会 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第2号 9月19日)

1億3000万円をかけて防災無線設置総合訓練で試運転を行うとのことですが、設置が完了しても、住民皆さんが聞く耳を持たなければ意味がないので、先にも言ったが、どれだけ危険かを理解してもらい、余裕のある数日前から避難準備家周辺危険物撤去を行動に移していただけるか、広報伝達として、どのように考えておられるのかをお聞きします。

久御山町議会 2018-03-08 平成30年第1回定例会(第2号 3月 8日)

そして、来年度に、1億6000万円をかけての災害情報伝達手段の同無線スピーカー設置されると委員会代表者質問でも報告がありましたが、再度進捗状況をお聞きいたします。 ○議長戸川和子さん) 森山総務課長          (総務課長森山公雄さん自席答弁) ○総務課長森山公雄さん) 昨年9月に情報伝達手段整備検討委員会からいただきました提言に基づきまして、現在実施設計を行っております。

久御山町議会 2017-12-18 平成29年第4回定例会(第2号12月18日)

議長戸川和子さん) 森山総務課長          (総務課長森山公雄さん自席答弁) ○総務課長森山公雄さん) 御指摘の、例えば京都大学防災研究所にも先日の同無線検討会には入っていただきました。また、地域防災計画には、常に防災会議委員の中に国交省や自衛隊や京都府、また警察、それから、NTT、関西電力、大阪ガス、さらには町議会、商工会、改良区、いろいろ入っていただいております。

久御山町議会 2017-06-20 平成29年第2回定例会(第2号 6月20日)

例えば、同無線等の設備を早急に設置するなどの対応をしなければなりません。  そこでお伺いします。  地域に応じた、いち早い情報伝達が必要ですが、久御山町としてどのようにお考えですか。  それと、緊急避難場所を確保するためにも、久御山町が中心となって、各自治体と病院、会社、ホームセンターやスーパーなどと災害時の協定を結ぶことも必要であると思います。  

久御山町議会 2016-09-26 平成28年第3回定例会(第3号 9月26日)

無線整備につきましては、あらゆる機関や業者から意見を伺いながら、本町に最適なシステムを構築をしていきたいと考えております。以前、代表者質問でお答え申し上げたとおりであります。  議員指摘総合地理情報システム等につきましては、今後の検討課題とさせていただきたいと思います。  以上、答弁とさせていただきます。 ○議長(島 宏樹さん) 田口議員

久御山町議会 2016-09-23 平成28年第3回定例会(第2号 9月23日)

これまで災害時の情報伝達は、公用車による広報自治会長への連絡、携帯電話緊急速報メール町ホームページNHKテレビデータ放送FMうじラジオによる放送で行ってまいりましたが、迅速に全ての人に伝達するには、内田議員がかねてから御指摘のとおり、同無線が大変有利であると考えるところであります。住民と企業で働く皆さんの命を守るために、同無線整備に努めてまいる所存であります。  

城陽市議会 2013-11-06 平成25年第3回定例会(第5号11月 6日)

本城秋男総務部長  同無線検討でございますが、今、議員からもございましたように、この無線での情報伝達、これは非常に即時性にすぐれているということで、大変重要と考えているところでございます。  これまでにおきましても、平成22年なんですが、本市におきまして検討いたした経過もございます。市内屋外拡声器47カ所整備必要であるとか、概算で2.3億程度の多額が必要となるという結論も得ております。

城陽市議会 2013-06-19 平成25年第2回定例会(第2号 6月19日)

ソフト面におきましては、避難所開設班への運営説明会を開催しているところでございまして、今後におきましても河川改修の促進や同無線整備に係る支援拡充についての国・府への要望について継続して行ってまいりますとともに、職員研修や市民への情報提供自主防災組織との連携による防災力強化に向けた取り組みが何より重要であると考えておりますことから、こうした取り組みを充実することにより、確実に被害の最小化を目指

城陽市議会 2012-12-19 平成24年第4回定例会(第4号12月19日)

無線整備につきましては、これまでから議会でもご答弁申し上げてまいりましたように、本市としましては、住民への情報伝達、これは大変重要と考えているところでございますが、同無線整備には多額費用が必要となりますことから、国及び府に対しましては同無線整備及び維持管理に係ります財政支援拡充を強く要望しているところでございます。  

城陽市議会 2012-09-19 平成24年第3回定例会(第2号 9月19日)

住民への情報伝達は大変重要と考えておりますが、多額費用が必要となりますことから、今後、財政状況も勘案する中で、同無線整備については検討させていただきたいというふうに申し上げたところでございます。また、その一方で、国や府に対しましては、同無線整備及びその後の維持管理経費等につきまして財政支援の充実、拡充を強く要望しているところでございます。  

城陽市議会 2011-09-26 平成23年第3回定例会(第4号 9月26日)

そこで、以前から一般質問などでも要望されていたように、市内において、例えば市役所とか消防署、コミセン、アル・プラザ城陽やイズミヤ、10の小学校などにおいて、地域住民災害時の緊急情報放送するなどの同無線が必要ではないでしょうか。  また、ソフト面とあわせて、土砂災害防止法調査結果による認定箇所の急傾斜地などのハード整備対策も必要になると考えますが、いかがでしょうか。  

大山崎町議会 2011-06-14 平成23年第2回定例会(第3号 6月14日)

に合わなかったというのは、それ全然結構ですし、ただ、ちょっと報告、何で受けてなかったのかなと、1月、2月ぐらい、何か工事、それをやったというのをちょっと聞いたんで、その辺で何で3月に言ってくれなかったのかなという思いもあって、今回ちょっともう一度、再度、災害がありましたので聞かせてもらったのと、あとせっかくJアラート、小・中学校とかに設置したのであれば、やっぱりそれをもっと有効的に使えるように、同無線

  • 1
  • 2